2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

日光例幣使街道

江戸の頃

Scan0038

八州廻り 桑山十兵衛がよく歩いた道 日光例幣使街道

ちなみに私 この作家好きでほとんど読んでいる

足利の八木宿(桐生と八木節発祥の地を競っているw)もそうだ

P1130133

P1130134

足利といえば 大根そば

昨日久しぶりに食った 茂由の大根そばはオーソドックス

P1130131_2

かき揚げが かりっかりで旨い

Img_8512

足利といえば×2 この時期は藤もいい

が・・・日光例幣使街道に沿った田んぼの先の有名なパークはこの時期

入園料MAX&超・爆・激混みwww だから行かないことにしてwwww

今年は

Img_8506

そこのパークの藤を育てている(たぶんw) 藤畑?で花見

入園料(入ってないけどw)無料 見物人ゼロの秘密の場所w

Img_8515

さて 野暮用を切り上げて日光例幣使街道をボッチドライブ

夕刻 素通りばかりで寄った事なかった 栃木宿の最安値宿に荷をといて

Img_8528

プチ探索

蔵の街とよんでいるらしい古い街・・・ん?家の近くにもそんな街があったようなw

Img_8537

Img_8541

映画のセットのような蔵造りの街並みもいいが

Img_8531

Img_8533

Img_8535

裏路地のレトロな雰囲気にやられてしまった昭和の日の前日w

Img_8540

JKの制服までレトロに見えるのはおっさんだからかw

Img_8550

裏路地に日光例幣使街道を見つける

Img_8551

Img_8553

クランク状に近いS字コーナーは枡形の名残か

Img_8555

代官に聞こうとしたら すでに閉門時間を過ぎていた

日を改めて もっと詳しく歩いてみよう・・・

Img_8559

通り過ぎてきた西の宿場の山に まん丸の夕日が沈んでいった

2015年4月26日 (日)

植えた

近所のつつじが みるみると大きくなり

Img_8435

Img_8466

フェンスからはみだした

Img_8467

七日目の月の日は 植える日

Img_8476

ここのところプチ忙しくて 庭を見ていなかったら

食い損なったペットボトル大根はトウが立って花咲いて

まづは こいつらを片付けたり草を取り除いたりで汗を流す

プランタにコーンポストの土や購入してきた培養土を入れたり

スコップで直植え用の畝を作ったりで汗を流す×2

いい運動だw

ビールが楽しみだww

P113012

Img_8486

Img_8489

遅霜さえなければ 順調に育つはず・・・

あっ・・・トマトの花摘むの忘れた

P1130129

ま 明日の朝でいいか・・・

ビールの次は天女のオリをいただく予定で冷蔵中だしw

2015年4月21日 (火)

更新

3年ぶりに

中仙道の宿場町 鴻巣までプチドライブ

日曜日の運転免許センターは激混み

P1130118

申請書を貰うのに40分

記入して印紙を買うまで20分・・・ここまで1時間

おまけに印紙を販売している交通安全協会だかなんだかのばばぁが係りの人が

「協力金をいただいてよろしいですか」と聞くもんだから よけいに混む

協力金に協力すると 

安っぽいビニールの免許証入れを貰えてそれが何色かあって選べるらしい

私の前に並んでいた気の弱そうな青年は どうやら協力金を払ったらしい

そこまでは別にいいのだが・・・青年たらビニールの色を選ぶのに迷い始めた

・・・よけいに混む

私?

よろしいですかと聞かれたので「よろしくない!」と言ったらばばぁムッとしてたw

目の検査は何人もいる検査官から紅一点の婦警さんを選択w

「下」って言ったら下じゃないですよ~と言ってくれたので「右」って言い直したら合格

美人だったなぁw

P1130123

2時間の講習を終えて新しい免許証が交付されるともう昼過ぎ

鴻巣の隣町は加須

加須は うどん屋の多い埼玉でも有数のうどんの町

なにしろ田んぼの中にも プレハブ小屋の?うどん屋がある 店内満員

P1130119

加須うどん 松の木

P1130120

天もりうどん(並)

この店には 武蔵野には必ずある肉汁うどんがなかった

うどんは店構え同様 飾り気がなくて旨い

ただ 猪口でうどんを食うのは武蔵野在の私には食いにくかった

やっぱうどんはつけ汁でもお碗か丼がいいw

P1130124

Img_8416

帰り道 

田んぼの中の小さな寺に桃色に染まった木があるのを見つけ

寄ってみたら八重桜だった

                さて また3年後w

2015年4月15日 (水)

小雨の朝

小雨の朝

Img_8336

Img_8322

酉年のご本尊様にお参り

Img_8349

ソメイヨシノは葉桜

空がとってもひくい

Img_8407

天使は降りて来なかったが

ハトが水溜りに降りて来て 水浴びをしている

Img_8356

Img_8359

Img_8393

ここ数日の寒さのお陰で しだれざくらがまだ咲いている

Img_8371

花びらの舞う鐘楼に遊ぶ白猫が

Img_8368

その脇の小径を行く私の足元に降りて来てじゃれつく

小雨の朝

Img_8338

空がとってもひくい 

傘が写ってしまうほどw

樹齢550年の大いちょうが芽吹き出し

Img_8387

椛の若葉は形になり花を纏う

いちばん好きな季節が自分の生まれた日だという幸運

いつもと違う日曜日・・・今年は火曜日だったw

年に一度かならず この歌を聴きながら 出かける朝

2015年4月11日 (土)

雪が降ったり

雨も降ったりで寒かった今週の武蔵野

おかげで例年より長く楽しめた庭の桜も

Img_8283

さすがに終了

花びらも

蜘蛛の巣にかかるのは世話のない花びら 

ここ数日の雨で濡れた車に引っ付くのはやっかいな花びら

と・・・さんざ花見酒で世話になったのにやっかい扱いする私w

だって 人間だもの←意味不明

ひと月もすると実が熟し それを食いに来る野鳥が車の上に土産を置いていく

これまたやっかい

Img_8309

Img_8304

ようやく雨の上がった遅い午後

家から二番目に近いコンビニに行く途中 白い花を見つけた

Img_8295

桜が終わると梨が咲く と またひとつ学習

1img_8318

家に帰るとプランタの かき菜の急成長に驚く

3日見ぬ間のかき菜かなw

このプランタのだけ 植え替え後の間引きを忘れて混んでしまったせいか

肝心の葉よりも茎が成長してしまったようだ

Img_8315

こうなると固くなってしまって食う気にはなれないが

               花はしばらく楽しめそう

2015年4月 5日 (日)

女子大の桜のつづき

前回の女子大の桜のつづき

Img_8204

雨の降るなか車から降りて歩き出す

ここであることに気付く

Img_8178

どこにも はいからさんはおろか 

JDの姿を見かけない雨が降ってる日曜日・・・涙w

だが

Img_8162

キャンパスには

Img_8171

Img_8215

見たことのない桜や

Img_8188

雑木林で見かける桜や

Img_8222

Img_8220

寺でよく見かける桜たちが 今を盛りと咲き競っている

Img_8237

傍らで

Img_8269

ソメイヨシノや

Img_8259

早咲きの桜は雨の中 空を舞ったり枝や葉に落ちたり

Img_8266

ベンチに落ちた花は明日 

JDのお尻の下で花びらとしての生涯を終えるのだろうか 

落ちる場所によっても桜の花の一生は・・・以下略w

P1130091

で マイサクラの正体だが残念ながらこの日は不明

ただキャンパスの桜には「交雑個体」という木が数本あった

守衛所でもらったパンフレット「跡見学園女子大学の桜」に似た桜があった

面白いものだ

ここには これから咲く桜もたくさんある しばらく開放は続くらしいし

4月にしては冷たい雨に濡れて寒くなってきたし 撤収

P1130100

帰りに久しぶりに 女子大のすぐ近くのそば屋に寄る

なす肉汁そば大盛 野菜天付けて

武蔵野じゃぁそばも肉汁だいねw 

                ごちそうさま

女子大の桜

私の住む小さな町には

大学が3校あり(たぶん)その内2校が女子大だ(゚▽゚*)

雨が降ってる日曜日 坊やどろんこなぜ泣くの♪←古っwではなく

その内のひとつの女子大に潜入してきたw

跡見学園女子大学は

「ごきげんよう」と挨拶の出来る良家のお嬢様の多い女子大で

私の知っている東京の田舎に住む人のお嬢様も・・・以下略w

桜がシンボルマークの跡見学園女子大学は

桜の時期になるとキャンパスを開放してくれる素晴らしい女子大

P1130089

守衛所に寄って住所・氏名を記すると

立派なパンフレットと

「この人不審者じゃなくてGUEST No12の人だよ!」を渡してくれて

キャンパスに入ることが出来る

P1130094

女子大のキャンパスに入ってなぜかうれしそうなE92と

Img_8271_2

不審者w

Scan0044

これを貰えるだけで満足してしまうような立派なパンフレットなので 

以下スキャン

Scan0038

Scan0039

Scan0040

Scan0041

Scan0042

Scan0043

Scan0045

まさに

ソメイヨシノだけが桜じゃないよの世界

もしかするとマイサクラの仲間を見つけることが出来るかもしれない

雨の降り続いているなか車から降りてみた

                                    つづく

2015年4月 3日 (金)

マイサクラ つづき

 マイサクラ その1 のつづき

この時期は毎朝・毎晩 時間がゆるせばマイサクラと戯れる

Img_7973

オオシマザクラと並んで咲いている罠を吊るすw桜は 名も無い桜

どちらの桜も植えた覚えは無いと 今年も備忘録w

真ん中のピンクがかった花を見ると 雄しべが花びら状になっている

Img_8044_2

こういう雄しべや

Img_8031_2

こんな雄しべが 花の5%ぐらい?存在する

旗桜の仲間なのかもしれない

ちなみにソメイヨシノの花でも こんな変異を見つけたことがある

もしかすると そんなに珍しくはないのかもしれない

Img_8027_2

と思ったら 緑の雄しべ発見!

寄ってみたら蜘蛛の子だったw

P1130088

マイサクラだから むしろうが千切ろうが食おうが勝手

花びらをむしり取って「マイフィルタ」を自作るw

といっても プロテクタに花びら貼り付けるだけ

水に濡らして貼り付けてもよし 私のように舐めて貼り付けてもよしw

Img_8006

けっこう好みの背景に撮れたりする

Img_8085

花びらを多めにしてみると 前ぼけも強めになる

花びらの数によってはAF効かないけど こんなショットはどうせMFだしw

花びらだけではなく 他にも色々な貼り付け素材はある

例えば 白いシルクのストッキングとかはFOGGYよりも美しい霧になることもある

が・・・公園などでは取り扱い注意w

Img_8090_2

桜の花の時期の夕焼けは 夏のそれとは違う色

振り向くと東には13番目かな?の月が低い空に・・・見えるはずw

日が沈むと 夜の戯れだ

Img_7865

懐中電灯wでライトアップして 花見酒

選んだ酒は

Img_8013

花にちなんで 佐久の花 純米吟醸無濾過生酒

花のような乙女の香りがするのにキリット辛口 好きな酒

もう一本は

Img_8015

奈良萬 純米生酒おりがらみ

佐久の花は佐久の酒だが 奈良萬と言っても奈良ではなく喜多方の酒

こちら乙女というよりも 森の奥の未だ見ぬ妖精のような香り←表現不足(汗)

花と関係ないし・・・「あをによし」繋がりって事で←意味不明

いずれにしても 出来立ての生の原酒を味わえるのも花の時期まで

Img_8124

今日の春の嵐に多くの花びらが舞っていた

梅は咲き始めがいいが 桜は散り際もいい 

        さて今夜はマイサクラ今期最後の花見酒

2015年4月 2日 (木)

マイサクラ その1

ソメイヨシノが満開を迎え

Img_7948

武蔵野名物の雑木林からの空の見通しが 芽吹き始めた雑木や

Img_7934

若葉と一緒に花を咲かす 山桜や

Img_7946_2

名も無い桜たちによって遮られはじめる頃

Img_7900

庭の オオシマザクラ(たぶん)も花を咲かせる

Img_7815

オオシマザクラの葉は

さくら餅の葉の材料だという 今年こそ挑戦してみ・・・以下願望w

Img_67791

そして ほぼ同じ時期に

冬の間シジュウカラの罠を仕掛けたw桜の木も

Img_7876

花を咲かせる

罠の南京豆はとっくに食われて殻だけになっている

・・・そのうち片付けなければw

Img_7799

マイヒヨwも 

りんごの芯よりも桜の蜜の方が旨いらしく嘴に花粉をつけて貪っている

この時期になると朝のおねだりをしなくなる

                                   つづく

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »