2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月26日 (日)

アオジかな?

メジロを呼ぼうと仕掛けをしたら

Img_2181

 予想通りヒヨが来た

 ・・・にくたらしいやつだ

Img_2234

 ウグイス色した小鳥が遠くにいた

 メジロか!来たかメジロ!と思ったが

 よく観ると違う目が白くない スズメに似てるが色が違う

 アオジかな?

Img_2183

 そんな様子を ツグミが眺めていた

Img_2195

 降りてきた

 が・・・りんごの仕掛けには来ない

Img_2237

 気付いたヒヨが威嚇する

 さして驚かないツグミ

 この二人?の関係は鳥類相関図的にはどうなってるんだろう

 素人の私の見た目には ヒヨのがっついた性格のように見えた

Img_2251

 ツグミはアオジが近くにいても気にしない

Img_2154

 マイペースなやつなのかもしれない

P1090514

 1年前に交換したタイヤが約13,000㎞でほぼ終了

 後輪は2,000㎞ほど前から 

 アクセル開度によってはお尻が程よくムズムズしていた あくまで程よく

P1090477

 前輪は ここまでグリップの低下は感じなかった なかなかのタイヤだったので

 今回も同じイタリアのタイヤ 

  マランゴーニ M-パワーを車検のついでに同時交換

 配送先を車検を受けるデーラーに指定してネット通販ポチ便利な世の中 

 円安のせいなのか少しだけ値上がりしていたと備忘録

P1090517

 ということで 335クーペは車検中

 デーラーへ行ったついでに お約束の?試乗

 この日乗ったのは 320d dはディーゼルのd

 ディーゼルエンジンはツインパワーターボで2リッターなのに38.7kgmのトルク

 今時のディーゼル思ったよりずっといい!320だったらガソリンよりもディーゼル

 ・・・320じゃなくてもこれからはディーゼルも選択肢になりそうだ

Sn3s0732

 335だと駐車場に入れないうどん屋に代車で行く 久しぶり

 味は変わっていない ここも旨い

P1090520

 最近 武蔵野うどんに目覚めた人がいるので

 土産に生うどん40玉分(約10人前)を買ってきた

         車検から車が戻って来たら渡しに行く

 

2014年1月22日 (水)

梅は咲いた

 昨夜から今朝にかけて雪の予報の埼玉だったが 

 県南部は程よいおしめり程度だった 

 久しぶりに近所を散歩

Img_2107

 小さな稲荷の境内には

Img_2096

 梅が一輪

Img_2077

 どころか

 ずいぶんと咲いていた

 もうこんなに季節がすすんだのかと 少々驚く

Img_2109

 すぐ近くの雑木林には

 シジュウカラと

Img_2113

 メジロが一緒に遊んでいた

 メジロは誰とでも仲良くなる鳥のようだ

 300mmでもカラの類はちっちゃくて寄れない すぐ逃げるし

 500mmも欲しいがめったに使わないだろうし 財布はしじゅうからだし

 大昔に買った けんこーのてれぷらす でもかましてみようか

 などど 例によってどうでもいい・・・以下略

Img_2117

 年明けから花の咲き始めたブロッコリーは 満開間近

 おもしろいのでまだ食わずに観賞している

 花野菜系は好きなのだが こいつでは量が足りないと思うのも食わない原因

 で 食いたくなると近所のコインロッカーで買うのだが・・・

 そこのカリフラワーはサザエさんの頭のような形状で うでにくいし食いにくい

P1090499

 純米生酒 奈良萬おりがらみ

 喜多方の酒

 去年は中取りを飲んだのだが 今年は数少ないこいつを偶然ゲッツ

P1090501

 下のほうに程よくおりがらみが沈殿しているが

 混ぜてから開けてはいけない混ぜると危険

            今夜はこいつで梅見酒

 

2014年1月14日 (火)

足利七福神

バチ当たりの私は初詣もまだ

どうせ詣でるのならまとめてドカンとと思って足利七福神詣で

P1090437

 まずは腹ごしらえは久しぶりの 

 少な目って言わないとこんな盛で出てくる

 初めて食った肉汁の肉の量が多いのなんのって

 これならもっと濃い汁がいいな

P1090461

 と 文句たれながら太平記館に行って車を置いてパンフをもらって

P1090454

 その地図を見ながら出発しようとしたが

 ・・・念のため 歩くとどの程度の時間か駐車場のおじさんに聞く

 4時間・・・ヤダ無理と言うと

 自転車もあるよと ¥500だよとおじさん 迷わず借りる出発

Img_1968

 本日の愛車

 手動式前進三段変速機が内蔵されたパナソニックで

 まずはしょっちゅう行っている鑁阿寺

 地元の方には大日様と呼ばれているこの寺は七福神の大黒様もいらっしゃる

 寺社の由来はこれから巡るどの寺社も興味深く

 それぞれ語り始めれば それぞれが一話でも語り尽くせないのだが

 今日は一気に行く七つ行く 実は八つになってしまったが行く←行けるのか

Img_1971

 次は長尾弁天

 普段だったら気付かず通り過ぎてしまうような小さな無人の社 

 事実通り過ぎて近くの店で場所を聞く 今日は何度も聞かれたと店の人

 たどりついたが弁天様のお姿は拝めなかったので銅貨←意味不明

Img_1976

 気を取り直して福厳寺

 Img_1984

 本堂の中に入ることが出来て 

 布袋様のお姿も拝む事ができたので銀貨←ここまでw

Img_1993

 次の寺に行く前に近くの 八雲神社に寄る まだ仮の社だった

 今夜はどんと焼

Img_1996

 常念寺は毘沙門天

 水分補給 ここから先は登りに入る

Img_2001

 長林寺

 押して歩こうかと思ったが1stにギアチェンジして行けた

 Img_2008

 この辺りから何の神様かこんがらがってくる

 Img_2009

 取りあえず触ってみたが バチ当たりは手袋をしたまま

Img_2016

 お許しをお釈迦様 福禄寿様

Img_2023

 さらに1stギアで登ると西宮神社 さらに階段を行くと

Img_2027

 恵比寿様

 二礼二拍手一礼でお願いしますと書てある

 ここまで寺と神社を巡ってきて神社の神様にはそうしてきた

 寺の神様には手を合わせてきたが 寺の神様はそれでいいのかな?

 社務所の方がご苦労様と甘酒を振舞ってくれた

Img_2030

 次の目的地までは下ったり登ったり少し距離がある 寒い

 今日は七福神なので織姫様は下から二礼パンパンして失礼する

Img_2032

 さらに途中の寺で 繭玉のなんとか?の最中だったがパス

 それにしても寺社の多い町不思議な町

Img_2036

 明石弁天

 七番目の目的地だが 再度弁天様

 これも不思議だが

 足利には弁天様が多い 美人の国足利 と勝手に言っている町だからだろうか?

 ↑神社に看板があるくらいだし

 この町あちこちで美人コンテストをやっている

 私の知っているこの町の人も車のトランクに米30kgラーメン1箱じゃがいも1箱

 ・醤油も1箱・サラダ油1箱・・・以下略

 積んでいたことがあったのでどうしたの?そんなに食うの?と聞いたところ

 美人コンテストで3位になった賞品だよと言っていた

 ちなみに足利市で3位ではなく 町内のさくら祭りでの出来事

Img_2042

 それほど誰でも美人になれる町のようだ

 きっと女性蔑視だ差別だ言ううるさい何でも反対の団体なんか・・・以下自粛

 ということで ここでも美人の社務所の方に甘酒を振舞っていただき

 「美人証明」までいただいてしまった

Img_2052

 本日最後は心通院

Img_2058

 鹿と一緒の寿老人が

 何故か閻魔様と同じお堂におられた

 これで七福神全員?にお会いできた

 後は戻るだけ こんなに自転車漕いだのは久しぶり

 石畳も多いこの町の道 おかげでけついたい寒さも影響してるし

Img_0017

 不思議な町の郊外のスーパーの隣に

 この町で唯一の温泉宿がある さすがに自転車から車に乗り換えて向う

Img_0014_2

 冷えて疲れた体に 地蔵之湯が浸みて生き返った今年最初の小旅行

P1090447

      <ゲットした七福神のお守りと美人証明 >

    せめてひどいバチの当たらない一年になりますようにw

2014年1月10日 (金)

ブロッコリーが咲いた

暮れに伊豆の温泉なんかに浸かっていた反動か

正月からなにかと忙しい日を送る羽目になってまだ大掃除をしていない

そんなこんなで今朝

久しぶりに庭のブロッコリーを見てみると

Img_1855

なかなか旨そうに成長している

葉っぱはこの時期お約束の野鳥に食われている

対策が必要だ

Img_1830

などと思いながら反対側にまわってみると

花が咲いている・・・・・成長しすぎた

ま 春から縁起がいいという事にする

Img_1858

 遅い午後 空を見上げると八日目の月が出ていた

 凄く寒いが天気は上々 あそこに行けばあれが見えそうな天気

 久しぶりに×2散歩に出かける

Img_1867

 近くとい言うほど近くはない近くに

 狭山湖を水源とする最近綺麗になって水鳥が遊ぶ川がある

 ここの河原からこの時期だと日の沈む方向に富士山が見えることを最近知った

 車で通りかかって偶然知った 近所にも知らないことがまだまだあるようだ

Img_1880

 到着してしばらくして日没を迎えた

Img_1908

この冬一番の冷え込みの空の向こうに夕陽は沈み

富士山のシルエットが浮かんで見えた

寒い日や風の日にしか見えない富士山だがいい場所見つけた

P1090264

 そんなこんなの正月だっが夜には飲んだ

 暮れ限定の佐久の花

 純吟手詰め直汲み自家水田栽培米使用スペックd無ろ過生酒

P1090269

 名前が長いのでスペックdと呼んでいる

 酒蔵の高橋さんが自分ちの田んぼの米で造ったある意味究極の酒

 旨い

P1090408

 もう一本はこれまたこの時期限定正月の楽しみ

 活性にごり佐久の花

P1090416

   開けるのも危ないが 飲んでも危ない旨すぎて

 

 

2014年1月 1日 (水)

一富士二・・・

新しい年

今夜 夢で富士山を見ると縁起がいいらしいので 富士山をいくつか

Img_1735

伊豆の松崎といえば セカチュウ・・・は見ていなかったが

温泉・魚・桜の葉(食うやつ)と入江長八の鏝絵

今回世話になった宿にも 

移築した蔵の中に鏝絵↑「白虎のランプ掛け」が残っていて宿泊すると見学できる

Scan0020

ちなみに私の好きなこの作者が

「長八の宿」という作品にした宿はここではないがすぐ近く

ちなみに×2

この雑誌は特集に惹かれて買っただけだが正月に読むのけっこう楽しみ

P1090365

飾られたばかりの門松に送られ宿を後にする いい宿だった

Img_1740

宿を出てR136を南下すると間もなく到着は 雲見の海岸

前日と違って雲ひとつ無い青空は 一糸まとわぬ姿の富士山を見せてくれた

Img_1746

夫婦岩越しにみる富士山が好きで よく来る海岸

富士山を真南から眺められるのも西伊豆ならでは しばし佇むも

真北からの冷たいフォローウィンドに乗って波飛沫がかかる 寒い

Img_1755

波飛沫のかからないところへ移動

狭い道をホイルこすらないように来たのは すぐ近くの石部の棚田

ここからの富士山も楽しみ

Img_1758

その前に

もう一つの楽しみは 棚田の上にあるみかん畑の無人販売小屋

西伊豆最安値?なのでこの時期通ると寄ることにしている

小粒のみかんは好きだけど 随分と小粒でこりゃ剥くのがめんどくせ

なんて思いながらみかんを選んでいると

Img_1759

無人販売小屋の向かいの小屋から おじさんが出てきた ラッキー

w もうちょっとだけでかいの欲しいなぁ

o あるら 箱から自分で好きなの選んで袋に入れや計ってやるに6~7個で1kgら

真剣に選び袋に入れる私 なぜか?1kgずつ計るおじさんに袋を渡すと

o だいたい1kgら・・・もう1個入れんさいおまけだに

これを5回繰り返して5kgプラスおまけ5個のみかんをゲット

おじさんありがとうヽ(´▽`)/味の濃い旨いみかん ちなみにkg=¥100 

Img_1768_2

みかん畑の先の展望台からは

棚田と駿河湾越しの富士山の眺め

P1090373_2

富士山を背に ときたま正面に見たくてUターンしたりR136の南下を楽しみ

下田の町の いつものひもの屋へ

P1090372_2

きびなこ・かます・甘鯛・金目鯛と海苔の瓶詰めを送る

金目鯛は¥2000の方が体重比?で得な気がするのだが 

でかすぎてそのままじゃ焼けない

切って焼くのもなんだかなぁと 以前行きつけの居酒屋で焼いてもらった事がある

そんなこんなで¥1500のに

Img_1789_2

伊豆スカイラインも箱根周辺もこの日もチェーン規制

普段あまり通らない東海岸を北上

小さな漁港に下りると アロエの花盛り

Img_1805_2

伊豆大島も間近に眺められる浜には かもめが遊び

Img_1793_2

鷹も舞う・・・鳶か

天気は良いが 一富士の次に二鷹を見るほど都合はよくないようだ

P1090377_2

時分どき 幻のそば屋を探したが休業だった 幻だった

もう一つの候補 金目の煮つけで飯にする

海岸線のR135は景色の良い道なのだが 混雑気味の道

さて・・・とナビの規制をチェックすると箱根新道はチェーン規制解除のようだ

P1090396_2

ちょっと遠回りだが空いている方がいい

椿ラインで箱根に向う 新道へのアプローチの氷点下の日陰はツルッツルだったけれど

Img_1814_2

芦ノ湖越しの富士山は 

西伊豆で見たそれとは違う色に変わりながら 大きな姿を見せてくれた

明日のまだ日がある午後のこの湖畔には

箱根の山を競って駆け登った若人たちが集う

ということで

今夜の初夢は 一富士 二鳶 三金目(みかんか?)になりそうだ

中くらいなり おらが春・・・かな?

          今年も健康で楽しく過ごしたい

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »