2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« こうみつとか | トップページ | 観覧車 »

2013年12月 2日 (月)

師走からは新酒

世間がなにかと忙しくなる師走

私も野暮用と財布が忙しくなりそうだが

忙しさと財布の中身が比例しないのは いつものことなので気にしない(ようにする)

と どうでもいいことはさておき

師走の楽しみは 新酒

今年採れた米で造られた酒がそろそろ出回ってきた

P1090189

今シーズン最初に楽しんだのは

陸奥八仙 青ラベル 槽酒 特別純米 生原酒

P1090191

冷蔵庫で保管して一週間ほど前から味わっている

造りたて槽から汲みたての新酒はさすがにフレッシュで

口に含むとわずかなプチプチ感も楽しめる

この手の酒は まともに造るとアルコール分は19度前後になるらしい

酒屋の棚に常温で並んでるのは 火入れして殺菌して割り水したやつ

P1090194

今日 信州は佐久から 武州の清瀬の酒屋に届いたのは

佐久の花 辛口本醸造 直汲み

P1090196

この酒蔵で 最初に出るのが この本醸造

もうしばらくすると純米吟醸も登場するのだが

シーズン始めに飲むせいか 何事にも安上がりな体質のせいか

こいつのフルーティーな若い味わいは かなりのコスパ

普段はビールが多いのだが

これから花見の頃までは週一本程のペースで 数種類を楽しむ

« こうみつとか | トップページ | 観覧車 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

師走からは新酒いいですねえ
ああそそられるう~ラベルまで新酒直汲み生原酒あらばしり
♪京都から博多まで⇒師走から花見まで新酒呑むうあら何本?アンビリヌーボー

できたてほやほやの、うんまそうな新酒っすねぇ。
改めてラベルを見ると、まっしぐらだの、ひとごこちだのって
普段は耳にしないような、地元産の米の銘柄も
つーには一発で違いが解るんでしょうね。
最近は、身体があまり強い酒を受け付けなくなってきて
滅多に日本酒は口にしなくなっていますが、
こういう酒を見ると、利き酒くらいはしたくなります。
口の中でプチプチする感覚ってのも、味わってみたいです。
あぁ~、昨日は無理して、もう一個の車、手洗いして
ワックスかけて、今日はなんだか、酒も飲んでいないのに
頭が、二日酔いみたいに、以下省略。
こういう時は、卵酒でも飲んで、とっとと、
ふとんに潜り込んだほうがよさそうですね。

早く、旨い酒の呑める日が来れば良いな~なんて、
思いながら、舌舐めずりしてます

ごくっと飲み込みました(笑)
味はたいしてわからないのですけど昔飲んで潰れた苦い経験があり避けております。
酒蔵で説明を受けながら試飲ってのがいいですね~その程度しか飲めませんです・・・はい。

あ!すず音は好きです~

森カフェさん こんにちは

新酒は
なにかと慌しくなるこの時期の天からのプレゼント
大げさかもしれませんが
この時期にしか楽しめないものですものね

京都から博多まででも
長崎から船に乗ってでも花見までの楽しみの旅は続きます
そういえば伏見はまだ味わった事が・・・

潤三郎さん こんにちは

長野の酒造米ひとごごち
今年もフルーティな新酒を醸してくれています
同じひとごこちで精米歩合も麹も同じで違う蔵元の新酒を
比べた事があったのですが 違う酒でした
日本酒は人と蔵が造りだす不思議な産物だと感じました

こいつらをたまご酒にすると凄いのが味わえそう!
火入れしてないのでプチプチ炭酸が 
燗にするだけでもアワアワが出てきますからね
が 開けたてはプチプチを楽しむので冷がおすすめ

師走の風邪は睡眠と
早めの○○○○お大事に

山の風さん こんにちは

旅の土産に
各地の地酒を味わう山の風さんには
いくつも旨そうな酒を舌舐めずりさせていただいてます

どうぞお体大切になさって下さい
そして
旨い酒が飲める日が早く訪れますように

はるさん こんにちは

ゴクッといきましたかヽ(´▽`)/

佐久の花の酒蔵は
何度か訪れているのですが・・・
車で出かける私は いつも仕込みの水で淹れたコーヒーの試飲のみ
でも このコーヒーが意外といけてるんですよ

北海道の国士無双
たまにですが こちらでの居酒屋で燗でいただいてますよ

すず音ほどではないですが
汲みたての新酒たちもプチプチとした感触がたまらないです

こんばんは

師走に入って、何かとせわしくなってきましたね

そうそう
この時期は、新酒の季節ですね
美味しそうです

そろそろ私も、いつもの所で
新酒を調達しに行きたいと思っております

まったんさん こんばんは

もう師走
月日の経過が早いです

忙しいのはうれしいのですが
せわしさも比例してきますからね

そんな日々のせめてもの楽しみが新酒たちです

まったんさんは
いつもの所の新酒ですか
あそこの新酒は私も気になっています

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走からは新酒:

« こうみつとか | トップページ | 観覧車 »