2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

« 渡航×2天草へ 九州車旅④ | トップページ | 阿蘇内牧温泉へ 九州車旅⑤-2 »

2013年10月15日 (火)

天草~阿蘇 九州車旅⑤

10月3日(木)

朝風呂を浴び 朝飯

P1080773

目玉焼きは自分で焼く よ~く焼く

新米の天草産コシヒカリはとても旨いが3杯で我慢して

P1080774_2

温泉でいれたコーヒーを飲んだら 身支度

P1080776

宿の主人に見送られ 天草下田温泉 泉屋旅館を後にする

ん?奥さんは笑いながら私はいいです・・なんて写真に入らなかったけど 

ガラスに写っちゃってるな

Img_0514

この日は 天草を離れ阿蘇までの行程

宿の主人のすすめにしたがい海岸沿いのR389~R324と天草下島を進む

Img_0513

国道沿いに おっぱい岩の看板 おっぱいって・・・まさかな? 

天草の方言かなにかで 乳のおっぱいじゃないんだろうな・・・

看板を見ると 関東でもおっぱいと言う あのおっぱいだ

期待におっぱい胸を膨らませ潮の引きはじめた海岸に下りる

Img_0516

おっぱい岩

おっぱいが全貌を現すには 歩いて触りに行くのには 

潮の引くのが少し足りない時刻だったようだ

一般的には残念なのだろうが 半乳フェチの私にとっては・・・以下自粛

Img_0520

さらに海岸線を進むと 

国道端に物干し竿が大量にあって何か干してある

Img_0522

蛸だ・・・が 食い損ねた買い損ねた

P1080783

そんな海岸風景を楽しみながら 下島から上島へ 

上島の先端 天草松島へ

Img_0550

Img_0526

天草松島が展望出来るという 千厳山

駐車場に車を止めると みかん売りのおばちゃんの軽トラの下で猫は昼寝

Img_0527

ガイドさんと女性2人組が今出たばかりだけん行ってみなさい

とすすめる みかん売りのおばちゃんから 

「家にいっぱいなってるから買わないよ」と

言ったのに 食べながら行きなさいとみかんをひとつ貰い

日頃の運動不足に息を切らせながら 山頂を目指す

Img_0531

と言っても たったの10分

例の大気汚染のせいか? ちょっと霞んだ空だったが

天草は島だと実感できた眺めだった

合流した女性ガイドさんから これから向う天草五橋の説明を聞いたり

Img_0545

草や木の話を聞いたり(ガイドはここでもボランティアだった)

一緒になった2人組の一人は天草の隣町で焼き鳥屋をやっているので

これから帰って店開けて飲もうかなどと世間話しながら4人でゆっくりと下山

Img_0549

駐車場の猫は 場所をかえてもまだ寝ていた

P1080786

別れ際 

一緒になった焼き鳥屋のねえさんが運転頑張ってとみかんを3つ

みかん売りのおばちゃんが遠くまでありがとう気を付けてと またひとつ

旅に出て5日 夏の景色と思っていた九州で みかんの香りに秋の気配を感じた

さて わらしべ長者は 礼を言って天草を後にする・・・には

P1080789

こんな感じで

橋を5つ越えて行くとフェリーを使わずに本土に到達できる

ちなみに私 ナビはノースアップ派

Img_0557

天草五橋で本土入り

宇土半島のドライブは 地元焼き鳥屋のねえさんのすすめるR57を選択

R57は島原湾を望みながら三角線と平行して走る

海を眺めていたら気動車が来た ここも一両だけの気動車だ

Img_0554

眺めていた海は いままでの海とは違い干潟

桟橋のように突き出た 漁民専用の道が作られていて

海産物らしきものを積んだ2tトラック・軽トラックが行き来している

Img_0555_2

干潟では なにかを獲っているような人が数人

地図では島原湾となっていたが

ここは有明海の続きというか一部なのだと 帰宅後というか・・・今知る

行ってみなきゃ分からない事がまだまだある これも旅の醍醐味

P1080805

そんな事に感心してたら 阿蘇まで記事が書けなかった

で 宇土半島からは九州自動車道で熊本市内をエスケープ

熊本ICからR57を阿蘇方面に向う途中給油ついでに

    桜島の灰やなんかで汚れていた335クーペを洗った

« 渡航×2天草へ 九州車旅④ | トップページ | 阿蘇内牧温泉へ 九州車旅⑤-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

あら~これは何だす?ガイドさんはこう説明したのでしょう
ジスイズアン~ハンチチ
大股で挟みこんでるのはwさん好みの半乳みたいではあ~りませんか

愛車も温泉入りたかんべな~
この おっぱい岩 ともだちの ばんころくんも行って
ばっちし撮ってたよ だから見た時
懐かしい、、、っと思っちゃった
いやぁ~これだけ 蛸が干してあると、、怖い
おら 手前一番右のカップで珈琲飲みたい、、、右ね
いいのぉ~こんな自由な旅してみたいわ

こんばんは
んん?半乳って、どんな乳?
先っちょの方だけのことかや?ふ~んまあ、いいや
おっぱい岩より私のおっぱいの方が、大きいし~( ̄ー+ ̄)・・・・・(見栄っ張りmik)

温泉で淹れたコーヒーは、美味しそうだね~
私は手前の右から2番目のカップで飲みたいなぁ

そうそう、目玉焼きはよく焼かなくちゃね
で、三人と焼き鳥屋さんには、行かなかったのね
残念だったね~

泉屋のご主人、人が好さそうですねぇ。
硝子に写った奥さんも、同じ?ポーズで温かさが伝わってきます。
そうそう、あの手紙、このご主人からだったんですよね。
さて、ほんじゃ、おいらも右から3番目のカップでコーヒーを
いただいて、そうそう、ミルクはおっぱい岩より大きいmikしゃのを
入れて下さい←ってもう、出ねえな ヤバ
天日干しのタコは、味が濃そうで、うんまそうですねぇ。
あさひ姉のおっぱいの替りにしゃぶっていても?← ヤバ×2
旅の最中に車洗うなんてさすがwaniさん、やっぱ好きなんですねぇ
なんて言ってみても、今回は逃げ切れねぇか?

色んな岩を見てきましたが、『おっぱい岩』は初めて聞きました。
学生時代、島原から船で三角港に渡り三角線で熊本に出たんです。
当時は、どんな列車に乗ったのか?記憶の外です。
給油はセルフ、でも洗車は手洗い?

こんばんは

温泉で煎れた珈琲
なんだか、とても美味しそうですね~

タコの干物も美味しそうですね
これを、つまみに
一杯やりたい感じです

森カフェさん こんにちは

名もない椎の木ですがガイドさんは
ここに来る観光客には密かに自慢しているようでした


「半乳抱き椎の木」と命名してきました←ホントか?

秋が来るのは
信州よりは何日も遅ている九州ですが
この日はいたる所で秋の気配を感じた一日でした

あさひさん こんにちは

桜島の灰で真っ黒・・・いや・・・まっ灰色だったかんな

おっぱい岩はな
きちんと時間みて行くと触れるんだってよ
オラ自由人だから どうもその辺りができねぇ

蛸は 
旨そうだけんどオラしゃぶらねぇ←意味不明

右だな
オッケーだそのカップなら空いている

mikちゃ こんにちは

その逆だよ~
先っぽが見えそうで見えないで・・・
あの焦らされる状態がたまんない←意味不明

でもよ
mikちゃの方がでっかいとは驚きだ

さっすが温泉水まろやかで旨いよ
えっ・・・mikちゃも右から2番目か・・・
それはwaが使っちゃったよ どうすんべ 
だってよ 一番冷まし易そうだったからよ←猫舌

今朝も 目玉焼きよ~く焼いてあげたかな?

潤三郎さん こんにちは

小さな宿だけど
とても居心地の良い宿は 
主人は写真の通りの人柄の賜物なんでしょうね

あああぁJBよ←だれ
オラ知らねぇど酔っ払ってたか?でも言い分けんなんねぇな

mikちゃは
おっぱい岩よりでっかいしよ
まだまだ・・・かもしんねぇ?なんしろあんだけ食ってるかんな

ねえちゃだってよ
蛸の干物なんかよりはよ
まだまだ・・・かもしんねぇ?なんしろあんだけ土産買ってるかんな

って
フォロー(になってるか)しとくけんど早く逃げろ・・・そのほがいい

しゅうちゃんさん こんにちは

あの気動車も
熊本方面に向っていました

それにしても
干潟には驚きました!まだまだ知らない事いっぱい(*^-^)

北海道の大雪周辺ではではホース貸してくれたんですけどね
熊本周辺の方がずっと都会だし しかたないですね

まったんさん こんにちは

生で飲んでもいけてる温泉でした

コーヒーにすると・・・
まろやかさにびっくり
また飲んでみたいですがちょっと遠いですね

そうなんですよ!あの蛸
土産にするつもりがすっかり忘れて・・・
でもちょっと遠いんですよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天草~阿蘇 九州車旅⑤:

« 渡航×2天草へ 九州車旅④ | トップページ | 阿蘇内牧温泉へ 九州車旅⑤-2 »