2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 栗お~こわっ | トップページ | 台風の去った久しぶりの庭 »

2013年10月25日 (金)

別府から船に乗って旅の終わり 九州車旅⑦ 

早朝の阿蘇 朝風呂 朝飯 

阿蘇から高千穂へのドライブ 再び阿蘇へと走って←九州車旅⑥

九州最後の一日も もう午後

Img_0705

涅槃像も見ることができた 阿蘇大観峰の駐車場で 

ナビに別府港への道をセットした

阿蘇から別府への道は今になって調べると数多くあるが

この日は街道を巡っての帰路もいいだろうとR212で阿蘇西麓を下り

P1080887

R367で幾つかの温泉場を抜ける

目立つのは「家族風呂」の看板 九州では普通なのか?

そういえば今回の旅で泊まった2軒の普通の宿も家族風呂が自慢のようだった

R210へ分岐 東へ向う 港が近づいてくる まだ帰りたくない

Img_0708

県道11やまなみハイウェイの標識につられ阿蘇方面に

このまま阿蘇まで走りたいが帰らなければ

仕方なく曲がった県道537は思いもよらずこれまた素晴らしい道 阿蘇の道は深い

湯平という小さな温泉場に出る 棚田と山と川だけの静かな地

有名温泉地の近くの黒川も湯布院も別府もいいのだろうが 

こんな温泉場でゆるりと過ごすのががホントは贅沢なんだろうなと思いながら通り過ぎる

Img_0712

ナビの指示をまったく無視していたら方向を失った

R210から県道11に行くつもりが港は東だろうと大分方面に走っていた

再びナビを無視して選んだのは すれ違いもままならない険道51だったが

突如開けた道の先に別府の町が見えてきた

P1080897

出港まで2時間足らず

別府の地獄の一つでも見ようとしたがすでに終了している時間

港の近くで土産を買ったり

P1080899

駅弁を買いに別府駅に行ったりして過ごす

ちなみにキオスクの駅弁は売り切れまだ19時まえ

Scan0018

港に戻り乗船手続き

Img_0035

帰路は一人部屋でも窓の無いクラス

往路よりも4時間少ない12時間の船旅なので節約した

プロムナードに出て遠ざかる別府の夜景を見ながら

ビールを飲んでから揚げを食ったらもう眠くなってきた

296.8㎞  45.8㎞/h  8.7㎞/ℓ

10月5日(土)

Img_0725

窓の無い個室とはいえ朝の気配に目が覚める

デッキに出てみるとフェリーは瀬戸内海に架かる橋のどれかを通過したところだった

Img_0757

朝食をとり再びデッキに出ると 曇り空の中大阪の港が見えた

P1080900

大阪ATC 往路とは違う港のようだ

P1080903

あと526㎞で旅も終わる

土曜日とはいえ空いている道たち

快適なハイウェイクルージングが続く

P1080911

またまたナビの指示を無視して

せっかくなので往路とは違う道を辿るも

P1080916

新名神ではなく名神を行くと

P1080925

ナビもやっと同意して

東名道ではなく中央道を指示するようになった

Img_0038

中央道諏訪湖SA

ここまで来ればもう帰ってきたようなもの

朝方デッキで潮風に濡れたのと

家に着いたらすぐに寝てしまおうと思いこの旅最後の温泉に

Img_0042

湯船から見る信州諏訪は稲刈りは終盤をむかえ木の葉の色付きも始まっていた 

ちょっとしたタイムスリップに

        明日からの社会復帰が思いやられた

570.1㎞  102.8㎞/h  12.8㎞/ℓ

帰ってきて3週間でやっと終わった6泊7日(宿4泊船中2泊)の備忘録

昨年の秋 北海道と迷って行かなかった九州

今年の春 野暮用で行けなかった九州

今年の梅雨明けの頃 ケツが痛くなって行けなかった九州

やっと念願かなったが 半分もまわれなかった九州

曲線美がとても素敵な九州 

              またいつの日か

走行距離 2499.6㎞

ガソリン消費量 246.5ℓ 10.1㎞/ℓ

船代 ¥42,300と¥4,800

高速代 ¥15,000位?

宿代 ¥37,750

酒代 ¥不明

土産代 ¥忘却

« 栗お~こわっ | トップページ | 台風の去った久しぶりの庭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

やはり W師匠だな~∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
結構掛るわこれにの土産代加えたら
家一軒建つねあはは どんだけ凄い土産

自由、、って こういう事よね念願叶った九州は 優しかったね~
流石に 諏訪湖では シンクロ出来なかったのね( ´艸`)プププ

おつかれさま ガイドブックより楽しめました ありがとう~

どの写真もすごいけど、阿蘇の涅槃像がすごい!
初めてこんな自然の創造物があることを知りました。
フェリー乗ったことないけど、一度は乗って旅に出たくなりました。

一週間の船旅&車旅、お疲れさんでした。
結構なロングドライブだったけど、優雅さを感じました。
ほんと、何にも拘束されない?←って事もないだろうけど
自分たちのそれに比べたら、まさしく自由な?旅。
ゆったりした気分にもなれました。
だけど、別府は入らなかったみたいですね。
ツアーで九州5県廻った中では、別府はいい感じの温泉でしたが、
waniさんの好みの単純泉じゃなかったですね。
大阪のナビ画面は、見てすぐにピンときました。
おら、北西の淀川、福島、十三あたりはナビ無でも走れるっすよ。
ふんなこたぁともかくお疲れさんでした。
んで、次はどの辺狙うんですか?

旅ってやはりいいものですねぇ。自分も行ったような気分になります。
以外と金額いっていないような気もしますが・・・・船旅最高
琵琶湖って大きいんですねぇしみじみ・・・

今度は真冬極寒の北海道流氷を見る旅。
なんていかがでしょうか?冬の海峡は揺れますねぇ・・・
冬タイヤありますかぁ?w

お疲れサマンサ♥ダーリン ←ふるっ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ププッ!!
これで、九州の旅も終わりね~楽しかったわ~
一週間の旅の割には、安く済んでるのね~
とmikと姉ちゃの分買っても
100万でお釣りが、あるくらいかしら?
お土産が楽しみだわ~( ´艸`)プププ


あさひさん こんばんは

ねえちゃ
な~に言ってるだよ
ねえちゃの家の土産代の半分以下で6泊7日の
九州自由旅だど オラまた行くだきっと行くだ

諏訪湖もよ
だ~れもいなかったんだけどよ熱いだよ
温泉のおばちゃんに好きなだけうめてって言われてうめても
熱い源泉がどんどん出てきて ちっともうまんねぇでよ
90℃の源泉を15℃の水で39℃までうめるには何分かかるか
(源泉と水の比率は1:1とし元の湯船の湯温と気温は無視する)
なんて意味不明な計算してたらな
シンクロどこんじゃなかっただよ

しゅうちゃんさん こんばんは

涅槃像は
前日も当日の早朝も見られませんでしたが
帰り道に再度寄ってみたらうっすらとですが

次の機会があれば
クリアな空の下で再会したい風景の一つでした

九州なら陸路でも行けるのですが
途中で宿泊するくらいならフェリーがお得かもしれません

潤三郎さん こんばんは

最終日は
阿蘇~高千穂ドライブか
黒川・湯布院・別府あたりの温泉巡りか
どちらも選択できる状態にしておきましたが
結局選んだのは阿蘇の道を走ることでした

雨でも降れば温泉巡りに変更したかも?
このいいかげんさも自由な旅の魅力です
ま 九州での宿はすべて温泉でしたしね

旅の行き先は行きたいところがいっぱいで
いつも迷いますが北海道も九州の再訪もプランに入ってます

はるさん こんばんは

昨秋の北海道への旅と
ほぼ同じような支出でした(*^-^)

宿にも恵まれて 
そしてこの辺りのクラスが
いろいろな面で私に合っているようです

厳冬の北海道の流氷あこがれです
別海の四角い太陽の日の出も寒い時期ですよね
あ~また行きたくなってしまいました

こちらは一年中夏タイヤ
まずは冬仕様にしなければ

mikちゃ こんばんは

でた!mik様は魔女

予算内で済ませたにー
宿もおごっそ宿と飯無し宿とかの組み合わせも楽しかったし
だってよ・・・今月は後々の出費がお~こわっだじょ

でさ おつりはなくて土産はさ・・・さ・・・
だから魔女気付かれんように
帰り道は東名じゃなくて中央道で帰ってきたんだに

あっそうだ
そろそろみかんが色付いてきたから土産のかわりに取りに来る?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別府から船に乗って旅の終わり 九州車旅⑦ :

« 栗お~こわっ | トップページ | 台風の去った久しぶりの庭 »