2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 入港~都井岬とか 九州車旅② | トップページ | 桜島~内之浦~宙 九州車旅③ »

2013年10月 9日 (水)

霧島神宮~霧島温泉 九州車旅②-2

メロンパンで一休みした後

P1080486

えびのスカイライン選択も良かったなぁ・・・

などと贅沢な悩みをかかえつつ また来年来るからいいやと

宮崎道を西へ 高原(たかはる)ICからR223は霧島バードラインで

文字通り霧の霧島山の東麓の森を抜け

P1080490

しばらく行くと 大きな鳥居が見えてきた

Img_0165

霧島神宮

参道の下の駐車場に車を置いて

Img_0153

長い参道の階段を登りきり お参り いつもの銅貨ではなく銀貨をはずむ

Img_0156

その分 道中の無事やなんだかんだ多くの願い事をしてきた

P1080500

さて このまま宿に入り寛いでもいいのだが

ツーリングマップルを開くと この辺りはワインディングロードの宝庫

県道1号線で えびの高原まで駆け上がり

県道30号線に乗り換えてダウンヒル 鹿児島~宮崎の県境を走る楽しい道 

みやまきりしまロードまで下り県道1号線を折り返しとも思ったが

Img_0173

やんでいた雨がポツポツ あたりも暗くなってきた

県道30号線をえびの高原まで戻り県道1号線 韓国岳登山道入り口へ

50mだけ登山して 

走ってきた素晴らしい道を振り返る いいぞすごいぞ!霧島の道たち

十分感動してから 本日の宿へ向う

Img_0179

霧島温泉 旅行人山荘

一人旅の難しさの一つに宿の選択肢の不自由さがある

いまだに一人では泊まれない宿が数多くあるためだ

ま そんな宿には今後も二人でも百人でも泊まってやらないからいいとして

ここもHPに一人での予約ボタンがなかったのだが電話すると

空いている日は泊まれますと こころよく了解してくれた 良い宿だ

P1080520

洋室なので お菓子もバスケットだ

冷蔵庫は空 客に余計な負担をかけさせない気遣い

が ビールが飲みたい

フロントで両替をすると自販機までレジ袋を持って

仲居さんが付いて来てくれて ちょっと待っててくださいと言って

どこからかピーナッツやなんかの小袋を持ってきてよかったらどうぞと

・・・良い宿だ

Img_0190_2

ビール片手に 部屋付きのバルコニーに出ると

夕闇迫る錦江湾の向こうで桜島が煙を噴いていた

良い眺めだ・・・ん?煙ってΣ( ゜Д゜)ハッ!

って考え始めたとき「お風呂のご用意ができました」と館内電話

本当の?貸切風呂がこの宿の自慢 もちろん無料

P1080525

フロントで鍵を受け取り

敷地数万坪の鹿も出るという宿の庭の 暗くなった散歩道をすすむ

暗いのと 午前中馬を見たのと 身に覚えがあるので

馬鹿は入浴禁止と読めてしまった

P1080526

もみじの湯

P1080531

単純泉と硫黄泉を持つ宿 

数ヶ所ある貸切風呂も泉質が違い 好みで選択できる

選択は単純泉

そう!私は単純泉が好き

少しの湯の花とともに60℃で自噴している湯は そそがれた湯船では

推定体感湯温39度の ど真ん中ストライクまで自然調節される

Img_0017_1

あ~良い湯だ

が・・・馬鹿は入浴禁止だ 

クリックして拡大も禁止だ

被写体ブレだな足の静止時間が甘かったな←・・・・

P1080542

部屋に戻って桜島の煙を確かめようとしたが 闇に包まれた後だった

P1080547

P1080548

夕飯は料理と焼酎に夢中で写真撮ってる場合じゃないほど旨かった

ので最初のみ

P1080550_2

焼酎を注文すると 銚子で出てきた

おねえさんに聞くと九州では酒といえば焼酎 鹿児島では焼酎といえば芋

銚子で出てくるのは当然で あとはリクエストで水・氷・湯等々

本日の焼酎は 黒伊佐錦と大森林を水と氷で

               ごちそうさま

P1080563

やっぱ煙なんだと思いながら いつのまにか眠りについた

備忘録

271.4㎞  52.5㎞/h  8.6㎞/ℓ

旅行人山荘(一泊二食) ¥12,800

« 入港~都井岬とか 九州車旅② | トップページ | 桜島~内之浦~宙 九州車旅③ »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

きゃあははははははっ
いいど~waちゃ、サイコー
やっぱり、こっそり、シンクロの練習してたのね
おみごとだわさ~禁止されたにもかかわらず、拡大しちゃった
お風呂も素敵お料理も、景色も素敵
でも、waちゃが、一番すてきだ~ヽ(*≧ε≦*)φ

きゃぁきゃぁき゛ゃぁ~ははははは
ちと mikちゃのまねするのに 無理があったようだ、、ゲホッ
良かっただ 拡大禁止オラ に続いてW師匠の
ぶらぶらまで 見られるのか← なにを、、( ´艸`)プププ
じぇじぇっ~ 種なし梅 オラも北海道でお茶請けにこれ ついていただよ
なんだ 東西南北共通梅なのか

観光しながらも九州の道を十分楽しんでお宿ではもちろん貸切の湯
風呂上りにはやっぱりビール
そして鹿児島と言えばイモ焼酎
ナイスサービスの素敵な宿で十分寛げたのでは・・・

いや、いやさすが師匠のレポはすんばらしいっす。
TVの旅番組のカットをコマ送りして見てるみたいだすなぁ。
ほんでも大変だぁ~、一枚一枚のカットを自分で撮る事を
想像しながら見てみると、かなりの体力が必要なことがわかるっすよ。
なんつー、うがった見方してねぇで、素直に見るととにかく楽しめます。
夕暮れ時の桜島、綺麗ですね。んで、湯上りの桜島には飛行機飛んでましたか?
ほんで、料理も酒も旨そうだけど、おら、やっぱ姉ちゃんがええなぁ
鹿児島のお天気お姉さん、できれば左がいい。

mikちゃ こんにちは

ふふふふふ
拡大しちっまってmikちゃは悪い子だ

鹿とは入浴できなかったけど
いい風呂だったよ
前の日は東名ずっと走って
船の小さいベットだったしこれで疲れがふっとんだ

でもよ
足先が静止できなかったんでまだまだだな・・・・
もっと修行が必要だ←するのか修行

あさひさん こんにちは

ねえちゃも←「も」だかんな
ぜってい拡大するだろうと思ってよ
右手でよ ブラブラしねぇように押さえてただよ←意味不明

そうなんだ
あの梅干は全国共通だ
が好きでな いつも持って帰るんだ←せこい

ダディのブラブラからも早いとこ出るといいな
・・・ってココで言うかゲホゲホッ

ゆめちゃんさん こんにちは

旅の時間の約半分は
宿で過ごしますからね(*^-^)

ここの宿のような気遣いを感じると
とてもうれしく疲れもよく取れます
本当の?貸切露天も最高でした

九州の焼酎文化にはびっくり
おかげで 
この旅では毎晩ビールと焼酎でした

潤三郎さん こんにちは

そうそう!
足静止するのにはもっと腹筋つけて・・・

じゃない体力だいね?
趣味と遊びの一環ですからね そん時はなんともないけど
参道の階段や50m登山?でもけっこう疲れてるかも
旅先では夜眠くなるの早いし←焼酎のせいか?

でも
助手連れてくとこんな自由な旅は出来ませんよ

あのねえさんは
あさひねえさんだど21時からの全国放送だんべよ(NHK)

潤三郎さん 追記 飛行機です

です
鹿児島空港が近くですね

部屋のベランダの手すりに置いてシャッター押したら
で使ったタイマーのままで10秒後偶然のショットでした

いや、さすがwaniさん。
的確なレポート、真似出来ないんですよね。
やはり足が長くないと出来ないポーズ。
某マスターいわく、waniさん背が高かったって!!
夜景の桜島とかは加工無しなのに、シンクロは何を加工したの?( ^ω^ )

お邪魔します。
waniさんは何処へ???でしたが九州でしたか。
やっぱり馬はそこら辺に普通にいるのですねぇ・・・凄い!
こちらは熊か鹿・キツネの世界ですw

船旅いいですよね。
私も一度苫小牧ー名古屋片道だけ利用しました。

露天風呂の入浴シーン思わずクリックしてしまいましたあはは。

しゅうちゃん こんにちは

あっそうか
だれかな?って思ったら
しゅうちゃん森のカフェでお茶したんですよね

たった1週間前の旅ですが
備忘録しておかないと忘れてしまいますね
硫黄泉の濁り湯の方はすでに忘れて

そんなこんなで
思い出すがままにまだ続いていきます 
お付き合いの程

はるさん こんにちは

ご訪問ありがとうございますヽ(´▽`)/

昨年の今頃は
はるさんのおられる北海道に行ってたんですよ
北海道では
国道に鹿が飛び出してきたり
野生の丹頂が飛んでいるのを見たり思い出いっぱいで
はるさんのブログ拝見しながら懐かしくなったりしています(゚▽゚*)

今年も迷ったのですが九州へ
時間がありましたら またクリックしにお立ち寄りください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧島神宮~霧島温泉 九州車旅②-2:

« 入港~都井岬とか 九州車旅② | トップページ | 桜島~内之浦~宙 九州車旅③ »