2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 飛び石 | トップページ | 定食屋を2軒 »

2013年2月 2日 (土)

滝沢温泉とか

赤城道路の凍った急坂をどうにかダウンヒル

せっかく赤城まで来たので 温泉浸かってそば食って

でも14時30分までに予定通り帰ることにする←だから?

空っ風街道を東に向かい県道16で再度赤城山を登る(回り道だけど県道16は中腹から小沼まで冬期閉鎖)

冬期閉鎖のゲートの途中までの赤城山麓には いくつかの小さな温泉がある

P1060515

県道から分かれ 小沼辺りから流れてきた渓谷に架かるアイスバーンの橋を渡ると

その渓流沿いに

Img_0120

滝沢温泉の一軒宿 滝沢館がある 提灯の宿のひとつだ

10年ぶりかな?紅葉の時期に何度か来た事がある とにかく久しぶりの訪問

Img_0113_2

この日は男湯が都合で使えないとかで 到着したとき露天風呂は女性タイム

内湯ならすぐ入れると言われたが ここに来たら露天に浸かりたい(内湯は井戸水)

Img_0109

程なく女性が湯から上がってきて 

宿の方がどうぞと言ってくれたので階段を下りて渓流沿いの露天風呂へ

ここで女湯へのドアを開けるのだが 開ける手がためらいがちになるのはなんでだろ(^-^;

Img_0105

うっすらと雪の積もった渓流の瀬音と湯の流れ落ちる音しか聞こえない

誰もいない露天には 二つの浴槽がある

Img_0086_4

うすく濁った色の大きな浴槽には

源泉を加熱循環させた湯が勢いよく注がれている推定体感湯温は40℃

次なる目的のためにしばし温まる よ~く温まる必要がある

Img_0093_2

なぜならば ここに来た目的のこの源泉浴槽に浸かるため

お一人様用の小さな浴槽には

湧出温度24.3℃のカルシウム・ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩冷鉱泉が

そのまんま掛け流されている 

浴槽から溢れた分は右の溝から川へ捨てられている

竹筒からの源泉は無色透明だが 

浴槽の中は鉄錆色 

味は炭酸水の塩鉄錆味

浸かってみた 冷たっ 溢れる源泉 外気温0度 推定体感水温・・・不明 

炭酸の効能か軽くジンジンプチプチするような気がする 腕を見ると炭酸の泡 

浴槽から出ると茶色の湯の花が体中に付着 気に入った 

小さな浴槽にけっこうな量の源泉が注がれているので 3分も経てばまた満杯になる 

加熱の方と交互に浸かる・溢れさす×3

Img_0110

加熱しないと浸かれない源泉でも こうした源泉浴槽があると良い!

ほとんどの温泉施設は源泉に加水・加温・循環・消毒などが施されている

湧出量・泉温・施設によっては衛生・安全面などでしかたない部分はあるのだが 

源泉の正体は知りたいものだ

ここに以前来た時には源泉浴槽は無かった 実は今回これが出来たと知っての再訪

これからもこういう工夫をする所が増えればいいと願う

P1060524

湯上りに囲炉裏端でゆっくりしたいのだが 所用がある

山を下り 取り急ぎ御神水をペットボトルに分けていただき

P1060558_2

いつもの古久家まで行く時間も惜しかったので

空っ風街道から一番近いそば街道の自家製粉石挽き手打ちそば「ささや」

P1060536_2

きのこ汁そば大盛りを手繰る

具沢山の汁は関東の田舎の味

地元産ではないが挽きたての北海道産「霜下どころ」のそばは味も喉越しもやさしい

       この街道のそばもいままではずれたことがない

300㎞  63㎞/h  13.9㎞/ℓ 

« 飛び石 | トップページ | 定食屋を2軒 »

蕎麦」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

うげっスクープ抜かれた気分
先日の南面紀行の続きをパクリで抜いて行こうかと
忠治か滝沢か?はたまた古久家かささやかと?
のバッテリー充電して、ちょいと覗いてみたら
やっぱし、単なるドライブだけでは終わってなかった...
甘かった...←って焼きまんじゅうじゃない。
んで、どうですか?女湯貸切の御気分は?
蕎麦のつけ汁も具だくさんで、楽しそうですね。
それでも?この休み、どうすべ、またネタ切れだし...。

潤三郎さん こんばんは

あの日は榛名か赤城か迷ったンですけど
午後所用があったのと朝飯に上里うどん食ったので赤城でした
朝飯そばだったら もちろん榛名だったんですけどね←意味不明

とにかく雪氷の湖を歩いてみたい気分でした←長靴忘れたけど

上州は家から半日で楽しんで来れるのに
最近じゃ冬は敬遠していたのですが冬もいいですね
女湯体験なんて上州じゃなきゃ出来ないですよ←そうなのか

では 潤三郎さんの上州レポート楽しみにしてます

開ける手がためらいがちになるのはなんでだろ~
なんでだろ~
あはははは ひとり残っていたら どっひゃ~だよね
ちと 期待したりして、、、

さぁ、、も用意したし、、何処行こうかしら、、、←そこからかっ

こんばんは~
お一人様用の源泉浴槽って、丸い鉢型のですよね?
すごく、小さく見えるんですけど・・・
waniさん、はいれたんですか?
オシリいれたら 一杯に見えます( ´艸`)プププ

女湯に入れるなんて、想像しただけでも、
なんか、わくわくそわそわ、してしまいますね、なんでだろう?
誰も入っていないのはわかっているのに。

所用があるので、急いで山を下りたのは、
いつもの、麺を食べるためだったんですか。
それにしても、冬でも ”ざる” にこだわりますね。

滝沢温泉 行ったことはあるのですが温泉に入ったことはまだありません
娘が昔良く会社の人たちと行っていました
こんな時でないと女湯に入る事なんてないのでは・・・
一人用源泉浴槽一度入っただけで半分くらいにお湯が減ってしまいそう
忙しくてもしっかりお蕎麦が食べられて良かったですね

昼休み会社のPCで覗いたら、女湯を独占羨ましすぎて
コメント出来ませんでした。
炭酸水素塩冷鉱泉、サウナの後の水風呂と思えば入れそうだけど
この時期、勇気がいりそうですね。

ここって小沼から下ってくる途中にある温泉ですよね?@@
何回か通ったとこがあり存在自体は知っていたのですが、
こんなにすてきな温泉だったのですね^^
すてきな情報ありがとうございます。
今度行ってみたいと思います♪

あさひさん こんにちは

そう 期待しながら・・・
禁断の扉を開けてしまったんだよ
そしたら・・・
そうなんだよ!期待したとおり誰もいない貸切状態

おっ
さっそくお出かけですか
新しい靴は滑るから 気を付けていてらさい(*゚▽゚)ノ

mikさん こんにちは

この頃 はやりの女の子~
って口ずさんでしまった←なんでだろ

そう あれ鉢とか瓶のような材質で小さいのですが
この頃はやりのサイズだと充分浸かれます(・∀・)ニヤニヤ

で 炭酸の刺激がダイエットにも効きそうでした
でも 入れない人は・・・ダイエットしてからじゃないと入れないのか

たかchanさん こんばんは

なんでだろ???ですよね(^-^;
オトコってのは幾つになっても・・・と言われてしまいそうです

午後には帰らなければならなかったのですが・・・
あの辺りまで出かけてしまうと どうしても浸かりたくなります

そういえば「かけ」を食おうと意識したことないです
あっ!駅で立って食うのは意識しなくても「かけ」なんです←なんでだろ(゚▽゚*)

ゆめちゃんさん こんばんは

ご存知でしたかさすが地元ですヽ(´▽`)/
お嬢さんもよく行かれてたんですね(*^-^)

まだ未体験でしたら
一人用の瓶?にぜひ浸かってみてください(ちょっと冷たいけど)
私だと半分以上溢れ出して・・・それがまたいい気分

ゆめちゃんさんなら それほど溢れないはず( ^ω^)おっおっおっ

しゅうちゃんさん こんばんは

看板に「女湯」ってあるだけなのに・・・
まったくいったいなんなのでしょうね`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

気温25℃時の計測で24.3℃の源泉 
最初は冷たかったです(゚m゚*)

何度か繰り返すうちにポカポカしてきて
温泉は不思議です

ななにんさん こんばんは

そうです
あの狭い県道沿いに上から赤城・忠治・滝沢
すっごくマイナーな温泉が並んでますねψ(`∇´)ψ

赤城は匂いが強烈(好き嫌いありそう)
滝沢は源泉浴槽が出来て「炭酸」を感じられるようになりました`;:゙;`;
飲んでも感じられます(マズッ)

熱々の「名湯」ではなく個性的な湯ですが
ものはためしで行ってみてください(v^ー゜)

こんばんは

空っ風街道と言いますと
私の場合、ツーリングなどで走るだけでしたので
このエリアの、お蕎麦屋さんには入った事がありません。

とても美味しそうな、お蕎麦ですね~

雪が融けた頃に(?)行ってみようと思います

行ってみたい、お蕎麦屋さん増えました

まったんさん こんばんは

空っ風街道と交わる赤城道路は
そば屋が並んでいて様々なそばを味わえます

空っ風街道はほぼドライでしたが
日陰は凍った残雪の上に砂が撒かれていて
水平対向エンジンの大型バイクのライダーが
かなり苦労して走行していました

そういえば空っ風街道
冬場は あの匂いは気になりませんでした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝沢温泉とか:

« 飛び石 | トップページ | 定食屋を2軒 »