2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

飛び石

南房総から帰ってきて汚れた335クーペを洗っていたら

Img_6633

フロントガラスに数ヶ所

Img_6610_2

フロントバンパーやボンネットにも数ヶ所飛び石発見

平日の館山道はじめ房総の道は砂利や廃材を運搬するダンプが多い そういえば覚えはある゚゚(´O`)°゚ 

私の加入している保険会社はまだなのだが

保険会社によっては飛び石でも等級下がるとか制度の変更があるようなので

今のうちに車両保険で直す事にした 

補修完了まで車が無いと困る私は 保険に最低金額のレンタカー特約も付けてある 

で どんな車にしますかと修理を依頼したデーラーに聞かれたので 

最近は埼玉にも雪がよく降るので

Sn3s0614

スタッドレスが付いていて 

ナビとETCも付いているFR車と言っておいた

一日¥5000のレンタカーでそんなの無いはずだが 一応言っておいた

P1060488_2

そんなレンタカーはあった

2005年製造 走行80000㎞のメルセデスベンツC180

最近のレンタカーって新しい車だけじゃないとは知ってはいたが・・・ やられた 

新しいデミオとかフィットとか持って来て 

「FFですがサービスでスタッドレス付けました」

「最近のはどの車もナビとETCは付いてますから」で最近のコンパクトカーにも乗ってみたかったんだけど

P1060492_3

ま リクエスト通りといえばその通りだ 仲良しになるためにちょっとドライブ

早朝の上里SAで「釜揚げ風肉汁上里うどん」を食いながら考える

せっかくなので?この近くで氷雪あるところがいい 榛名か赤城・・・

もう うどんは食ったから赤城にするか←意味不明

P1060507

赤城IC~空っ風街道~県道4赤城道路の中腹まではドライ

赤城道路をヒルクライム 中腹からはアイスバーン 交通量ほぼ無し

195/65/15のタイヤ 335クーペの半分にも満たないC180のパワーだが

こんな路面には必要にして充分だ 

この急勾配の道の登りは必然的にケツ出して修正舵で曲がる事になる

P1060509_2

ノンストップでここまで到着

(ホントは一度道の真ん中で停まって写真撮ってて再スタート出来なくて平らなとこまで100mほどバックした

Img_6647_2

大沼の湖畔に行ってみると

どこまでが岸でどこからが沼なのか分からないほど

Img_6643_2

雪と氷の世界になっていた

ここにはよく来るが冬は初めて 沼を歩くのも初めて

Img_6648_2

ワカサギ釣りを見るのも初めて 

マイドリルで氷に穴空けたんだって!写真撮らせてくれた親切なこの人が教えてくれた 

ん?レーダーか?聞くの忘れた・・・

あと 今年もワカサギは持って帰ってはいけないんだと

Img_6654_2

ワカサギ釣りのところから この神社の橋まで大沼を歩いてみようと思ったのだが

長靴じゃないのでやめた 仲良しになるために×2記念撮影

Img_6656_2

スタッドレスも雪や登りはいいけど

アイスバーンの急坂の下りは過信できない 何度か横向きで曲がったΣ( ゜Д゜)ハッ! 

           でも楽しかったやっぱFR

 

2013年1月29日 (火)

焼きまんじゅう焼きそば

所用で上州の太田に行ってきた

P1060483

時分どき

せっかくなので太田の旨いもんは何かと思いをめぐらしていたら・・・

県道沿に焼きそばのノボリを出した店を発見

あっ!太田といえば焼きそばだ←大田焼きそばは未体験

P1060472

駐車スペースもあったのでそのまま「田舎屋」に入店

シンプルなメニュー

写真の他にはナスの一本漬けとかこんにゃくとか・・・夜はちょいと一杯やれるのかな

ま 昼間なのでその辺は考えないようにして「やきそば」のメニューから注文

P1060469

上州名物焼きまんじゅうもあったので注文したら 

焼きそばより先に出てきたが 

焼きまんじゅうはデザート感覚ではないので問題ナッシング

P1060471

串を持って頬張るにはちょっと大きな焼きまんじゅう

串からまんじゅうを抜くのにこんな武器があったとは初めて知った

甘さ控えめだけど甘じょっぱくて濃いたれが関東してて旨い

P1060473

一緒にいた人が注文した

やきそば(中)トッピング玉子 登場

玉子の焼き加減はリクエストしないとこんな感じで焼かれるようだ

ちなみに私は半熟きらい

P1060476_2

やきそば(大)トッピング肉

豚バラが推定20g入っていた

ポテトは黙ってても入っている?足利と違って太田はトッピングなのか

この日はまだ用意できてないとかでトッピング出来なかった

これも足利ではありえないことで 隣町とはいえ食いモンは面白い

P1060480_2

で そばなのだが

いままで食った焼きそばの中でいちばん「太い」うどん並みに太い

が 程よいねじれが濃い目だが酸味のさわやかなソースによくからんでる

コシもうどん並みでよくあるやきそばの「のびた麺」感がない

やきそばの麺にコシを感じたのは初めてだ

ちょっとくぐってみたら 太田焼きそばの発祥は

ここ太田は富士重工やその関連会社などが多く稼動する工場の町 戦後東北地方から多くの人が

出稼ぎなどで出てきた中に 秋田県は横手の人がいて・・・以下略

だそうだ

なにはともあれ いつも安上がりな私

2013年1月26日 (土)

温泉昼飯~房総ドライブ

房総半島には関東平野同様 熱々でドバドバ自噴している温泉はない

対岸の伊豆半島にはいくらでもあるのに地殻は不思議だ

が 鉱泉はあちこちにある

この日も翌日の予報が雪でなかったら この半島に唯一ある提灯のぶら下がった宿に

泊まろうと思っていたのだが それはまたの楽しみにとっておくことにして

Img_0033

立ち寄ってみたのは普段なら行きそうもないリゾートホテル・・・かな?の

癒しめぐりの宿 夢みさき

風呂は数箇所にあるようで 立ち寄り出来る風呂をフロントスタッフが親切に教えてくれた

Img_0047

さっそく7Fの屋上にある 露天風呂に浸かる

この日も お約束の貸切状態だ

Img_0056

南房総千倉とはいえこの時期の気温には

推定体感湯温42℃のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉が心地よい

Img_0035

ほどよく温まると 太平洋からの風に吹かれ海を眺めたり

ミストサウナに入ったり

Img_0059_2

推定体感湯温38℃のジャグジーに浸かったりして至福の時を過ごす

そういえば今年初めての温泉だ

Img_0069

そう思うと大浴場にも浸かってみたくなり1Fへ

Img_0065_2

これまた貸切状態のうえに

まだ足跡のついていない清掃が終わったばかりの浴槽たちを

Img_0066

とりあえず一通り一番風呂してみる 

ついでにミストサウナで髪も濡れたのでシャンプーして温泉終了

あ~ビール飲みたい・・・昼風呂の唯一の欠点

P1060456

昼飯は朝飯のリベンジもあって ホテルスタッフに地魚の食える店を教えてもらい

ホテル近くの「浜の郷」へ

P1060450

注文はそのものズバリ「浜んご(浜の郷の地元の発音)丼」

早めの西日が当たってしまってへたくそな写真だけど・・・

これ旨い

Img_006

十種類以上乗っかった魚をちょいと除けると

その下に烏賊だ貝だがまだ乗かってて そいつらをまたちょいと除けると

さんがと海苔の佃煮が敷いてある これがまた手作りで旨いのなんの(*^ー゚)bグッジョブ!!

他にも食わなかったが

「くじらかつ」とかの鯨料理もあって あのホテルに素泊まりして歩いて(ここ重要)ここ来て

くじらかつでまずビール 地酒も置いてあったので冷で地魚を刺身でやっつけて

煮魚で燗に移行して その汁を飯にぶっかけて〆ると本気で計画

で 朝飯のリベンジは完璧にこなした

P1060459

菜の花の咲く海沿いのR128を太海まで北上し

ツーリングマップルに「交通量少なく快適に走れる」とある鶴岡中央2号林道へ

P1060464

ところが

この林道は先日の雪の影響なのか折れた木の枝だらけで1号林道の途中で断念

R410へ戻り県道34~88~R465とつなぎ

P1060465

誰もいない県道93で鹿野山の山腹の曲線を楽しんで県道163~33を北上

木更津北ICで館山道~湾岸線・・・以下略 

一泊するほどの距離ではない南房総だが 

旨い地魚で地酒を楽しむのには泊まってもいいのかな

Img_0029

地酒といえば いままで房州の酒飲んだことなかったのだが

Img_0024_2

こいつはいける

418.6㎞  49.9㎞/h  9.8㎞/ℓ

2013年1月24日 (木)

朝飯花鳥風月~房総ドライブ

まだ暗い5時台に出発したのに首都高5号線は事故渋滞

回避に選んだR17も渋滞 R254で行っても同じようだ 外環行っても 

ナビ表示は6号線もS1もC2も赤いけど環状線は空いている

ま 平日は毎朝こんなもんだ仕事の人は大変だ

が なんで毎度事故が起きるのか・・・この日帰り道も今度は5号線下りが事故渋滞 

雪を避けてのこの時期の日帰りドライブ 

ここかあそこの半島に行くには 何らかの手段で都心を越える必要がある

P1060368

渋滞を先回りして乗った環状線は流れていた

アクアラインもいいが スカイツリー見たこと無かったので見えそうなルートを行く

P1060390

都県境の橋で日の出を迎えた

今年初めて見る日の出だから 初日の出だ←ちがう

館山道を鋸南富山ICでOUT 県道89~88~安房グリーンラインへ

P1060413

安房グリーンライン終点のトンネル

ここを抜ける時 太平洋が道路より上に見えるのがいつも楽しみ

P1060432

朝飯まだだったので 海沿いの朝から開いている食堂でB定食とやらを食った

焼きたてのさざえとさんが焼きは旨かった

刺身はふつう・・・昼飯でリベンジだな←意味不明

Img_6470

腹ごなしに海岸に出るも 風が冷たくて寒い 南房総の冬の朝

Img_6481

で 名称からしていままでバカらしくて入場したことの無かった近くの温室に避難?

熱帯の花や

Img_6517_2

触ると気持ち良さそうなサボテンや

Img_6518

触ると痛そうなサボテンには花が咲いていた

Img_6528_2

温室の中には他にも

目つきの悪い鳥や

Img_6536

人(鳥)のよさそうな鳥が なんと放し飼いにされていた

取り合えず 着ていたジャンパーのフードを頭にかぶって見物した

Img_6546_2

色んな種類の蝶も放し飼い 

寒さしのぎと 最近花撮ってなかったのもあって寄ってみたのだが子供は喜ぶのかな?

Img_6590

午前も遅くなると気温も少しは上がってきた

さすが南房総 海辺の花畑ではもう花摘みが行われていた

Img_6592

まだ風は冷たいけれど 

ビニールのシートを取り払われた花はしっかりと上を向いて咲いていた

まだ 月が登場していなかった

Img_6448

偶然だけど ドライブに行く前の晩

月と木星が接近しているのを見つけたので撮ってみた

月に露出を合わせると写らないのか木星

月はでかい 見た目が太陽と同じだという不思議も最近知った

花鳥風月 ちょっと無理があったかな・・・じゃ次はやっぱあれってことで

2013年1月19日 (土)

餌が無い

修理に出してた5Dが帰ってきた

P1060340

埼玉あたりは 九州から翌日着くようになったようだ

Scan0004_2

リコールに近いような?修理だったのですべて無料だった

センサーも無料で掃除してくれたようだ たまにだがCANONはサービスいいと思う

Img_6169_2

今までのゴミは取れたようだが 早くも違う箇所にゴミがついた

Img_6180

が 空とか撮ってもそんなに絞らなければ写らないようだ

これからは こまめに掃除する事にしようと思ったと備忘録

Photo

CANONといえば

DPP更新したら こんな遊び出来るようになっていた

フィルムのカメラの頃 多重露光で遊んだ事あったので 今度花か何かでも遊んでみよう

【以下トリミングで画像きたないけど面白かったので備忘録】

Img_6199

まだ雪の残る庭に出て 余ったみかんを木にさしたら 早速メジロが来た

メジロはみかんが大好きらしい

Img_6237

みかんは食わないのだが シジュウカラも来た

Img_6324_2

みかんは食わないのだが×2 コゲラも来た

きつつきしてるとこ初めて見た けっこうカンカンやっていた

Img_6312

メジロは餌が違うからだろうか? 

シジュウカラとも

Img_6281_2

コゲラとも 友好的に接していた

Img_6200

だが こいつには追い払われていた

シジュウカラもコゲラも こいつが来るとみんな逃げてしまう

Img_6346

あいつが落としていったみかんを 戻ってきたメジロが雪の中でつついてた

家の窓からしばらく見ていたのだが 寒さを忘れる面白さだった

【以下 昨日は納得いかない写真だったので今朝来たメジロを望遠かまして再挑戦

Img_6391

Img_6404_2

Img_6433_2

ふ~ もっと寄りたいんだけど逃げられてしまう

             小さい鳥は難しい

2013年1月15日 (火)

究極の?甘酒

昨日は武蔵野にも雪が積もった

朝のうちはまだ小雨だったのだが 10時前から雪にかわり 本降りになってきた

P1060308_2

午後のまだ早い時間に家に戻ってみると

335クーペは庭の駐車スペースでスタック状態になっていた

こんな日はもうゆっくりと温まって過ごすしかないだろ・・・ということで

P1060314

ストーブに鍋を乗っけて 甘酒をつくる

P1050891_2

酒粕

これは暮れに いつもの酒屋でもらったもの

面積の広い箇所はストーブで焼いて酒のつまみにしたので 

甘酒にちょうど良い残っていた「かけら」部分を水を張った鍋にそのまま投入

それが沸いてきたところで三温糖を適当に投入してかき回しながら酒粕をつぶす

Img_5791

正月に屠蘇に飲んだ「佐久の花活性にごりざけ」

わがままな私はこいつをほとんど「うすにごり」状態で楽しんでしまったため

2番目の画像のように「粕?」が一升瓶の底に一合ほど残っていた

P1060320

一合だとちょっと多いと思い 五勺ほど片口に注いで鍋に投入

P1060329_2

さすが活性にごりざけ&蔵元直送の酒粕だけあって

熱された炭酸ガスがときおり噴きだす そして飛び散る

鍋はもちろんストーブも床も噴出して飛び散った酒粕で汚れる(カメラも汚れた

だが こんなことしても怒られない一人暮らしもいいもんだ←○○○○

P1060336_2

完成

めんどうなので片口のまま飲む 

だが こんなことしても・・・以下同文

推定アルコール分2.5%? 麹の香りの残る辛口の甘酒に体は温まりエアコンを消した

で 何が究極?かというと 酒粕と酒が同じ銘柄だというだけ

         こういう遊びも好きだ

2013年1月12日 (土)

手打ち満月うどんの肉汁うどん

昼刻に所沢に友人を訪ねた

ここまで来たら昼飯はうどんだ 所沢のうどんもいいのだが

所沢の隣町の一つ東京都武蔵村山市もうどんの町 武蔵野うどんの西限の地

以前食ったうどんも旨かったが

Sn3s0584

実はその時休みで食えなかった店があって

Sn3s0583

ずっと気になっていたので行ってみた

Sn3s0579

「手打ち満月うどん」は満席で営業中

Sn3s0563

ちょうどのタイミングで 食い終わった客と入れ替わり

Sn3s0561

店の人がテーブルを片付けている間に 

迷わず注文は 肉汁うどん大盛りとかき揚げ ここいらのうどんの定番

なのだが・・・盛りに迷った

並盛りの360gじゃ足りないし大盛りの540gじゃちょっと多い

ま 旨いうどんなら問題なく食ってしまうからいいか!で

Sn3s0567_2

待つことだいたい15分で茹でたての

肉汁うどん大盛りとかき揚げ登場 薬味はねぎ・ゆず・しょうが 小鉢にじゃがいも

一味・七味・ここいら定番の摺り胡麻はテーブルに

Sn3s0568_2

「糧うどん」とメニューに書かれているだけあって

小さな天ぷらの他 ほうれん草・キャベツ・もやしがうどんの片隅に乗っているのがうれしい

Sn3s0569_2

干魚系の出汁の香りが勝るきっちり関東色の汁の中の厚みのある豚肉は

角煮を思わせる柔らかさ 油揚げ・なす・ねぎと具も大きくたっぷりで程よく味がしみている

いいな 汁はやっぱこの色だ 透き通った汁のうどんは食えないな←偏見

Sn3s0575_2

色はもちろんエッジ・ねじれ・太さストライクのうどんを

熱々の肉汁にどっぷりくぐらせ一気に啜る

硬さも国産地粉の香りもストライク!大盛りにして正解

Sn3s0576_2

手繰り進むうちに「みみ」も出てきて ストライク×3

         今年初肉汁うどんに三振してしまった


2013年1月10日 (木)

5Dのゴミ取りとGF3の修理

カメラを2台メーカーに送った

Img_0006

CANON EOS 5D(右)は購入して もうすぐ5年

ミラーが外れる恐れがあるから無償修理します(車で言えばリコール手前のサービスキャンペーンかな?)

と 3~4年前にメーカーからメールで知らせがあったのだが

特段 不具合を感じなかったので気にはなっていたが放置していた

Img_0009

が これからも長く使いたいので修理に出すことにしたのだが

ついでなのだがもう一つ大きな理由がある

とても気に入っている機械なのだが 

当時のデジイチには「センサークリーニング」の機能が付いていなかった

レンズ交換時にはどうしてもゴミが入り込み まれにセンサーに付着してしまう

Img_56911 

そうすると・・・

ゴミが写ってしまう

Img_5835

違うレンズで撮っても

同じ場所に写っているので センサーのゴミに間違いなさそうだ

山や木々に重なれば全然目立たないのだが 空だと目立つ

また 普段はあまり絞らないので気にならないが f10以上に絞るとよく写る

で せっかくの「送料無料」なのでセンサークリーニング(ゴミ取り)も依頼した

もう1台の

LUMIX GF3の方は レンズ交換が硬すぎてスムーズに出来なくなるという現象が起きた

徐々に硬くなってきて 最後はとうとう私の力でも交換できなくなってしまった

こちらは購入後1年未満なのでまだ保障期間

どちらもメーカーから依頼されたクロネコが引き取りにきて 梱包もしてくれた

通常なら1~2週間で送り返されるが 混んでると遅れるかも?

Img_6049

なにも一緒に出さなくてもと思ったのだが・・・

どうやら 思い立つとすぐにやらないと気のすまない性格のようだ←人ごとか?

       ま その間は こいつらも居るし

 

2013年1月 6日 (日)

渡良瀬橋

初春の足利へ行って

P1060275_2

数ヶ所

Img_5834

詣でた遅い午後 

時間があったので渡良瀬橋散歩

Img_5880

歌詞の順に並べてみる

Img_5978_2

「渡良瀬橋で見る夕日を」

Img_5972_2

ちなみに今の時期は広角だと渡良瀬橋で見る夕日に渡良瀬橋も入る

Img_5862_2

「今でも八雲神社にお参りすると」

去年桜の頃にも詣でた八雲神社だが 

暮れに火事で焼けて仮説の神殿が建てられてる

Img_5847_2

「床屋の角にぽつんとある公衆電話」

通7丁目交差点

Img_5950_2

「北風がとても冷たくて風邪をひいちゃいました」

渡良瀬川の河原

P1060301_2

「あなたが好きだと言ったこの街並みが」

まちなかの石畳

Img_6039_2

「今日も暮れてゆきます」

Img_6022

「広い空と遠くの山々」

Img_5830_2

「二人で歩いた街」

中央左の橋が渡良瀬橋

Img_5919_2

「夕日がきれいな街」

渡良瀬橋の上流に夕日が沈んでいった 今年最初の小旅行

2013年1月 1日 (火)

屠蘇は活性にごりざけ

今朝新聞を取りに玄関に行くと 早くも年賀状が届いていた

年賀状にもいろいろあるが

以前泊まった宿からの年賀状を見ると 想い出がよみがえり旅心が疼く

という事で 

午前には返事も書き終わり散歩がてら投函も済ませてきたので屠蘇にする

Img_5791

屠蘇は

佐久の花 活性にごりざけ

Img_5794_2

絞りたて(汲みたてか?)のあまり手のかかってない酒は 手ごろな価格の酒

Img_5793_2

開けるのがやっかいなところが 正月の楽しみでもある

Img_5790

思い切り生の酒なので まだ生きている

冷蔵庫では縦にしておかなければならない

で 下のほうに沈殿しているのが普通の酒なら「酒粕」の一部になる部分なのかな?

Img_5813_2

慎重に開け

そのまま注ぐと上澄みは「うすにごり状態」だが炭酸がうっすらと付着する

炊き立てご飯の上のほうが好きなわがままな私は この状態が好き

Img_5796

炭酸に注意して かるく瓶を逆さしたりして注ぐと白濁している

相変わらず炭酸の付着はある

精米歩合60%の本醸造クラスの辛口のどちらかというとすっきり系の酒なので

どんな料理ににでも合う

P1060251

大晦日にクール宅急便で

P1060253

暮れに送った干物の

P1060254_2

物々交換が届いたので

P1060258

酒と一緒に食う 旨い

この酒がどんな料理にでも合うからだな

       ちなみに 送り主はこのブログの事を知らない

という事で 今年もよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)/

 

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »