2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

初冬の武蔵野

ここ数日冷え込んできた武蔵野は

Img_5529

風の無い晴れた朝には霜が降りて いつの間にか晩秋を通り越して初冬の景色

Img_5536

近くの畑には霜柱

Img_5562

やつでに霜が水玉を作り

Img_5522

秋に植えた いちごや

Img_5523

蒔いた かき菜

Img_5525_2

はつかだいこん

Img_5524_2

みず菜は 寒さに喜んで成長中

Img_5537

近所の菊は終焉を迎え

Img_5539

からすうりは からすにも突かれないでぶらさがり

Img_5567_2

庭の ど根性ゆり(新テッポウユリ?)はむかごを結び

Img_5547

椿はつぼみを膨らませている

Img_5555_3

虫食いだらけの 桜の葉はさかんに庭に落ち

Img_5557_2

草むしりが終わったらと思ったら落ち葉掃き めんどくさいから全部散ったらやるかと

思案しながら見上げると 誰かの家が作られていた

Img_5586_2

低い朝日がやっと隣の屋根の上から差し込むと

Img_5575_2

逆光になった庭の楓に さまざまな色が付く

Img_5607_2

糸を出した蜘蛛が 葉のあいだに揺れている

やっぱ落ち葉掃きは この楓の葉も全部散ってからにしよう

Img_5623_3

車の屋根もこれからはしょっちゅうこうだと 洗車もおっくになる 

    寒いし 水も冷たくなった武蔵野 明日から師走

2012年11月28日 (水)

三富新田 うどん・さつま・お茶

用事があって川越に

いつもなら混雑をさけて たった一区間でも関越道を使うのだが

時間があったので 裏道トコトコ

川越までの裏道は三富新田と呼ばれている 上富・中富・下富を通っている

P1050470

新田といっても 柳沢吉保っていう元禄の頃のここいらの殿様が 

武蔵野の萱原を開拓したので田んぼではない

したがって ごちそうはうどん

最近じゃ 武蔵野うどんなんていわれているうどん屋が点在している

時分どきだったので そんな中から最近出来たうどん屋に寄る

P1050477

ここいらじゃ 地粉で打ったうどんを

もりで 豚バラ肉とネギやナスの入った熱々の肉汁で食うのがごちそう

もりは冷たいのと温めたのがあって それはそんときの気分

P1050474

それに野菜の天ぷらが付けば完璧だ

十人十色で好みだが ここのうどんは 私にはちょっと上品だな 茹で置きの方が旨いかも

天ぷらは旨い! 汁もまあまあでちょっとしょっぱめ武蔵野の味

これで 糧(茹でた野菜なんか)がたっぷり付けばまた来るんだけど

P1050490

富(とめ)のメイン道路 埼玉県道56は元禄の開拓当時に出来た道

P1050493_2

道の両側には

今も当時のままの敷地形状の間口40間・奥行き375間の5町歩1500坪の

短冊形の敷地を持つ農家の屋敷が並んでいる(写真は保存された古民家)

P1050506_2

道にはケヤキ 屋敷森に植えられ 建築材にもなったのだろう

P1050499_2

道→屋敷→畑→やま(雑木林)で短冊形な敷地を形成しているのだが

武蔵野の雑木林は自然林ではなく 開拓民の手による人工林

こんな「じんたんぼう」←知ってる?の生る落葉樹を選んで植えた

落ち葉は冬に「くずはき」されて肥料になり 20年ほど育った木は切られ燃料になる

そう!雑木林は木を切らなくてはダメになってしまう くずはきしないと笹や常緑樹が増えてしまう

で この人工林は農地とセットのもの・・・柳沢さんの時代に分かってた事が

今の時代のお役所に分かってないので 雑木林の荒廃が・・・以下略

P1050509

なにはともあれ

そんな落ち葉で育てられた さつまいもが旨い

子供の頃は いも といわず さつまって言ってた

P1050517_2

県道沿いの農家では 産地直売の真っ最中

P1050518

数多くの農園の中から適当に 「江戸屋弘東園」に入ってみる

P1050525

物置がこの時期の販売所になっているようだ

P1050512

さつまいもって いろいろあるんだ

P1050515

よく分からないので このポップを作ったと思われる

この園の 美人若女将・・・ん?旅館じゃないから若奥さんか?

でも ここの娘で婿をとっているというから若妻か? ま 若奥さんでいいか!

にお任せして

P1050513_2

すすめられた「紅赤」とやらを購入

で ここの若奥さんは車が好きなようで車談義に花を咲かせたりしているうちに

茶園もやっているという話になり 私が初夏に茶を買いに行く茶園を知っていたり

私の車を覚えたので もう私はこの辺で悪い事が出来なくなったりで・・・何の話だったっけ

P1050529_2

お茶も買った

三富は狭山茶の産地でもある

秋のお茶は 酒で言えば「ひやおろし」みたいなもんで味わいがある

このへんじゃ 畑の境界に茶の木が植わっている

P1050535

で 買ってきた紅赤

洗ってみるとなるほど紅い ホイルに包んでストーブの上に1時間放置

P1050567_2

旨い! すごくホクホクで栗より旨い十三里半は本当だった

埼玉県民は お国自慢しない県民らしい

私のようなボーン県民が少ないせいかな?

私ですら 埼玉県のこと・・・いや この北隣の町のことすらよく知らなかった

三富新田が「にほんの里100選」ってことも知らなかった

近所にもいいとこまだまだいっぱい! を見つけたいい寄り道だった 

         これだから寄り道は・・・

2012年11月24日 (土)

鑁阿寺の紅葉とか

常陸秋そばを食った後 

寒い雨の中 秘湯?を探して常陸の里山を彷徨ったのだが すべて定休? 休業?

Img_0001

選択がちょっとマニアック過ぎたのかも知れない

が いつか浸かりたい鉱泉をいくつかみつけた

そんなこんなで日も暮れて 帰るのが面倒&翌日野暮用があったので足利に向かった

Img_0002

が 温泉モードは収まるどころか高まるばかりなので

定宿のビジホに行く前に 久しぶりに足利の隣町の佐野にある「赤見温泉」に浸かる

ここの湯は名水100選の「出流原弁天池湧水」の湧水を沸かしているので

温泉じゃないのかな? ま それでもビジホの風呂よりは断然いいし 

そんな湯にしては弁天様のご利益か?なぜか温まる 寒い日にはありがたい

P1050456

翌朝は前日とは打って変わったいい天気

定宿のビジホの窓からは まん前に鑁阿寺の境内が見える

サービスのコーヒーで目を覚まし これまたサービスのトーストなんかを齧った後

Img_5515_2

待ち合わせの時間まで

Img_5502

足利氏ゆかりのこの寺を散歩する

Img_5470_2

手水をつかい

私の干支の仏様のお堂に手を合わせにいく

信仰心の無い私だが ここ何年かの習慣

Img_5436

境内の大いちょうは 550回目の秋を迎えてもまだ

Img_5500_2

周囲の楓たちと色付きを競い

Img_5445

仲間のいちょうの木の下では

小春をおもわせる穏やかな陽射しのもと 老人が銀杏を拾っている

Img_54941_2

土地の人には「大日様」と呼ばれる鑁阿寺 茶屋も開店したようだ

Img_5507_2

約束の時間までもう少し

Img_5504_2

鐘撞き堂の池の周りを歩いて

Img_5505_3

この時間になってようやく 

堀の石垣の上の高い木の上から差してきた逆光を楽しみ

Img_5509_2

いちょうの落ち葉の絨毯を歩き 寺を後にする

P1050458

程よい散歩に 程よく腹が減ったので

待ち合わせた人と早速「麺どころ 将」半年振りに 行く

きのこ汁そば

のど越しが やさしいんだけどなんていうか独特の感触のここのそばが好き

関東にしては薄めに見えた汁も きのこの出汁のやさしい味がなんとも旨い

P1050459_3

カラッと揚がったサクサクのかき揚げの小エビの風味と食感が これまたいい

P1050468_4

ごちそうさま

  常陸のそばも旨いけど 下野は足利のそばも負けてはいない

 

2012年11月21日 (水)

花貫渓谷と常陸秋そば「天下野」

先日食った近所のそばがとても旨かった

その店では そば粉は茨城産を使っていると聞いたので茨城に行ってみた

あわよくば紅葉もと思い

P1050254

常磐道は日立中央ICから県道36を経て IC二つ分程を遠回り節約

グリーンふるさとラインという素晴らしい広域農道でR461まで北上

P1050310

茨城県高萩市にある

Img_5392

初めて訪れる 花貫渓谷に到着

P1050301

真冬の寒さを記録したこの日の花貫渓谷は

今にも泣き出しそうな暗く寒い空の下

Img_5394

散り行く落ち葉の目立つ季節になっていた

寒いし雨も降り出したので撤収 R461を西へ常陸太田市に向かう

P1050346

そば街道ともいわれている 県道33を南下

県道をはずれ 冷たい雨で濡れた紅葉の山道を上がっていくと

P1050341_2

手作りの郷 天下野 があった

P1050319

店に入るとすぐの所に囲炉裏があった

他の一人でも座れそうなテーブル席は埋まっていたので 囲炉裏端に座る

P1050337

新そばまつり・天下野秋味を注文

P1050315_2

お茶と一緒に とうふが出されたので食って待つ 旨いとうふだ

この日の寒さに囲炉裏の炭火が暖かい 中からも温まりたいが今日はドライブ

P1050320_2

「さしみコンニャク」と「しみこん」登場

上州の温泉旅館では定番のさしみコンニャクだが 生姜でやるのは初めて

これまた初体験のしみこん これ旨い!

ますます中から温まりたいが・・・以下同文

P1050332

もりそばは 常陸の地粉

新そばの色と香りは いつ味わってもいいもんだ

そばの邪魔をしない シンプルなつゆもいいもんだ

P1050333_2

ごちそうさま

P1050335_2

手作りかな?いろんな色柄があった

美人のおねいさんが 二人で切り盛りしている店

昼時にはたちまち満席になった 忙しいのに こんな手作りいい店だ 

P1050386_2

帰りがけに店に置いてあった 蕎麦の名店ガイド「SOBADO」という小冊子をいただいてきた

後で見てみると 店を切り盛りしていた二人の美人は姉妹だったんだな

後で見てみると×2 

あの辺りは「けんちんそば」が いわゆる武蔵野の「肉汁うどん」のようだ←意味不明

今度来たら けんちんそばを食ってみたい

P1050380

後で見てみると×3

他の店も魅力がありそうで困ってしまった ちょっと遠いし

   ま またお気に入りが増えてしまった事は間違いない

2012年11月16日 (金)

十割蕎麦 池添

めずらしく車で出かけなかった ある休日のこと

P1050215

紅葉には まだ間のありそうな武蔵野の名産のニンジン畑の中を

P1050212

ミラーレスにパンケーキ付けて散歩

私の家は都県境 家から3分も歩くと隣町は東京都清瀬市

P1050206

いつもは行かない 隣町の柳瀬川の土手に出てみたら こんな幟があった

先に見える橋は関越自動車道

P1050156

車では絶対に通らない場所 こんな所にそば屋あったの知らなかった

ってか 近くだけどこの辺来た事なかった

看板の方向に路地を入る

P1050195_2

普通の民家っぽいのだが 

庭先に「十割蕎麦 池添」と書かれた看板とのれんは出ている

P1050191

玄関の看板は 田舎そば下宿 池添

                ↑(シタジュクと発音・地元民はシタジクと発音?の清瀬市の地名)

店に入ると店主が 時間かかるけどいい?と聞いてきた

大丈夫と答えると

P1050182

先客の六十代?の夫婦の座る囲炉裏端に相席をすすめられ

先客もこころよく 席を詰めてくれた

P1050158

そして とりあえずお茶は今入れるからと お茶と漬物を出してくれた

先客の六十代の旦那は十四代を飲んでいた 

気さくな夫婦で相席の堅苦しさはないどころか 酒や当地の歴史の話に花が咲く

P1050162

で そばがくるまで時間がかかりそうなので

五十代の私も十四代の燗をちびりとやって待つからと店主に注文

久々の昼酒

ちびりとやるにしては ちょっと大きなめな ぬる燗が登場した

ま いいか ここで十四代にありつけるとは思わなかったし

P1050161

サービスで 店主が自ら育てたという 椎茸を囲炉裏で焼いてくれた

P1050164_2

表面だけ焼き椎茸がちょっと汗をかいたところで皿に取り そばの実の入った塩で食う

旨い! 家にも囲炉裏が欲しい

P1050166_2

ちょうどちびりが終わった頃 注文した「手挽き二選十割」 登場

薬味にわさびが無いそば屋って けっこう旨い 期待感UP

P1050168

上のせいろは「中」

そばの実の中間あたりの粉

乱切り中細の十割らしい香りと歯ざわりがたまらない

P1050177_2

「中」の下にあったせいろは「外」

そばの実の外の方の粉 挽きぐるみではないので「田舎」とは違うのだが

太めで「耳」状態のそばも多く 香りもよく歯切れの楽しめるそば

P1050178

P1050169

つゆも2種類

きっりっとドライながら深みのある冷たいつゆと 

ゆずと唐辛子がはじめから入っている きのこ汁は ここいらのきのこで ここいらの味

店主は清瀬で天然きのこの出る場所を 何ヶ所も知っていると言っていた

P1050176

手繰り終わった頃

少しだけどどうぞと「心」をサービスしてくれた

芯じゃなくて心は そばの実の中心の粉 細めの十割なのに見事なつながり

旨い!

そば粉は毎朝2時に起きて 石臼で挽いているそうだ

P1050179_2

ごちそうさま

P1050183

家から歩いて行ける所に こんなそば屋があったなんて

時間と予算は多めに必要だけど 気に入ったので今度は夜にも来てみようかな

P1050201_2

店を出ると 武蔵野の秋の短い日はすすきよりも低くなっていた

ゆっくりと散歩の帰り道を歩く こんな休日もいいもんだと思った

P1050220

家に戻り そろそろ食べごろかなと庭のみかんの木を見ると

どうやら今年も野鳥が来たようだ

P1050224

上の方は野鳥たちに分けるとしても

    私の分を確保するため おまじないの真似事をしてみた




 

2012年11月13日 (火)

ミックスりんご酒

先週狩ったり買ったりしてきた りんごを さっそくりんご酒に

用意するものは

P1050128

当然 りんご

先週行ったりんご園は良心的で 私の狩った小さめなりんごや

ちょっとキズが付いていたりんごは B級りんごとして別に計量してくれて

普通のりんごの1/2の価格にしてくれた あんまり安いのでちょっと買い足したりもした

で そんなりんごを約1kg

いろいろくぐると りんご酒には 

昔からのりんごらしい酸味の「紅玉」が合っているらしいのだが

狩ったり買ったりしてきたのは「ぐんま名月」「新世界」「ふじ」の糖度高目の酸味爽やか系

で タイトルはミックスりんご酒にした

ちなみに「ぐんま名月」の父(花粉親)は「ふじ」で「新世界」の母(種親)は「ふじ」

で×2 親子りんご酒ともいう←誰が

ちなみに×2「ぐんま名月」「新世界」のもう片方の親は「赤城」で その親は「紅玉」

P1050127

あとは 35度のホワイトリカー「まけへんで」×1.8ℓ

これはアサヒの商品だが キリンでもサッポロでもタカラでもサント・・・以下略

でもなんでも良い たまたま行った隣町の「○エツ」には これしか売ってなかっただけ

P1050132

あとは 適当にカットしたりんごを 

先日「青みかん酒」の第一弾に使って空いた広口瓶に投入

スプーン印の氷砂糖 ん?カップ印だったかな?

とにかくなんでもいいから200g投入 最後にホワイトリカー投入

レモンを入れるレシピが多いが りんご酒なのでりんごだけにしておいたP1050145

床下に放置して 5日目

氷砂糖は ほぼ溶けていた

3ヶ月程で飲めるらしいが りんごを取り出すのは半年後がいいらしい?

   って 飲み頃は半年後? 長いな・・・待てるかな

2012年11月10日 (土)

幡谷温泉 ささの湯

武尊のスキー場近くで紅葉を満喫した後

秋の短い日に山の陰のかかってきた道を下り県道64へ戻る

スキー場の道からずっと一緒の沢は 今度は県道64と一緒に流れて行く 

P1050094

その沢が片品川と出会い 吹割の滝に落ちる少し手前の沢沿いに

P1050098

幡谷温泉 ささの湯はある

この日の温泉をどこにするかは なにも決めないで出かけてきたのだが

りんご園のおかみさんに 

震災後湯が出なくなって休業していた ささの湯が再開した話を聞いた

再開したのは知っていたのだが 震災の影響で休業したのは知らなかった

Img_0026_2

りんご園のおかみさんはそんな話をしながら ↑を持たせてくれた

Img_0028_2

ささの湯のおばちゃんに ↑↑を渡して料金を支払おうとすると

ああこれは2割引きさ と言って2割引きにしてくれた

さらに また来る時使ってといって割引券を返してくれた これで延々2割引な私

Img_0004_2

ここに来るのは三度目

一度目は なんでなのか?思い出せないが泊まった

山女やこんにゃくや山菜の上州の田舎料理が旨かった記憶

前回は 震災前年の秋に来ている

Img_0007_2

震災で湯が止まって ボーリングしたら泉温が少し上がったそうだが

泉質は同じようなので安心した

湧出温度43℃のアルカリ単純泉が 豊富に掛け流され

Img_0006

誰もいない湯船から 洗い場に流れ落ちている

そう!誰もいない なぜか今日も一人占め

以前泊まった時は

地元の人には「あそこは本物だ」と人気のある温泉で 賑わっていたのでたまたまかな?

Img_0038_2

震災後耐震工事も施したそうだ

いわれてみれば 割れたタイルのモルタルが新しい

Img_0035

この櫓も 以前は無かった景色

ま 湯元と浴槽がこんなに近いということ

Img_0024_2

露天も掛け流し

泉温が上がったといっても 露天の推定体感湯温は38℃ 冬は寒いかな?

でも ゆっくり浸かると おどろくほどいつまでも体のあたたまってる湯

ぬる湯の源泉掛け流しは湯量豊富じゃないと出来ない

あ~今日もいい湯だ

小一時間の極楽 湯上りにロビーで休んでいると 

おばちゃんが冷たい麦茶を容器ごと出してくれた 

さらに・・・

Img_0043

せっかく埼玉から来てくれたんだかんなと言いながら

山で採ってきたばかりの 天然のえのき茸を持たせてくれた 

洗うの大変だったとか 鍋や味噌汁にしなさいとかいろいろ話をした

早起きした休日の遠回りは上州のかかあ天下やさしい女性たちに出会えた休日だった 

2012年11月 8日 (木)

武尊の紅葉

りんご園から武尊が見えたので近くまで行ってみた

Img_5230

県道64は大好きな道 そこから分かれてスキー場に続くこれまた最高の道を行くと

とあるスキー場の駐車場

開店?を間近に 準備は進んでいるようだ

Img_5237

武尊山から流れる沢に沿って走るこの道は

Img_5251_2

スキー場に用がある人しか通らないので

Img_5252

いつ行っても空いていて

Img_5266_2

走り放題の秘密の道

Img_5260

沢沿いには

Img_5269_2

いろんな色の紅葉が間近に広がる道

Img_5268

この日ラジオの交通情報では 平日なのに「いろは坂」は渋滞だと言っていた

Img_5279

それを聴いてほくそ笑みながら 誰もいないこの道で紅葉狩り

いいな!ここの紅葉 いいな!私の性格

Img_5283

最後の楓が全部紅くなるころ

Img_5287

   この道にも雪が積もり スキー客の車が連なる

2012年11月 6日 (火)

「ぐんま名月」りんご狩り

立冬が近づくと 食べごろを迎えるりんごがある 早起きした休日の朝

毎年行っている昭和村のりんご園を目指し 大好きな赤城西麓広域農道をドライブ

目印のノボリが無いので行き過ぎてしまった・・・Uターン

無事到着も「昨年をもちまして閉園しました」の張り紙 

去年来た時は何のそぶりもなかったのだが・・・ここのりんご好きだったのに残念

気を取り直し 丘を一つ越えたりんご園に行くも「ぐんま名月」は8日からの収穫とのこと

Img_5189

じゃ帰る・・・と言ったら

りんご園の ちょっと前までおねいさんだった美人が せっかく来たんにね

と言って 自家製りんごジュースを出してくれた

もう一人のこれまたちょっと前・・・以下同文が 饅頭を焼いて持たせてくれた

熱々の中身は「ねぎみそ」信州の「おやき」の上州バージョンかな? 

旨い 朝飯まだだったので ありがたくいただいた

Img_5192_2

上州美人の優しさに感謝しつつも 目的は「ぐんま名月」

なんせ 現地に行かないと食えないりんごだ

もう少し季節の進んだ土地へ行けば収穫できるかも?と思い片品へ

Img_5211

あった!「ぐんま名月」

その名の通り中秋の名月のように黄色みを帯びてきたら食べごろ

ここ片品のりんご園では 今年は黒なんとか病で出来がいまひとつだとか

「ですので入園料はいただきません」と言われ食い放題の園内へ

Img_5213

なかなかどうして 蜜もしっかり入った「ぐんま名月」を今年も味わう事が出来た

Img_5208_2

お隣の「ふじ」も少し早いかもしれないけど どうぞと言われたので食った

「ふじ」も蜜が入りはじめていた

蜂も旨いもんが分かるのか? おちおち写真なんか撮ってはいられない状態

蜂に負けずに食った 昼飯まだだったけど 4個でやめといた

Img_5216_2

かごいっぱいになるまで狩った

「ぐんま名月」「ふじ」の他に これまた旨い「新世界」も狩った

店に戻り会計をしていると B級りんごが売っていたので少し買い足した

「りんご酒」にしてみようと思う

Img_5220

りんご園を後にすると 青白半々の秋空の向こうに武尊が見えた 

  予報の雨はまだ先のようだ 向こうまで行きたくなった

2012年11月 2日 (金)

春日温泉と軽井沢のそばとか

蓼科牧場の駐車場で ツーリングマップルを開く昼下がり

Img_5168

深まり行く秋の陽射しは もうこれ以上遠くに行くと日が落ちるぞと言わんばかりに

午後の早い時間から斜度を増して行く

P1050011

だが ここは温泉豊富な信州

ツーリングマップルによると この近くにも温泉場があるようだ 県道40を北へ

P1050012

すぐに県道152で佐久に入る 

ここはいつも並行する県道40を通っていたので初めての道 素晴らしい道

Img_5172

県道152から右へ分かれて入った県道482は すごい道 さすが400番台県道

すれ違いも困難な道なのだが

Img_5177

道沿いの紅葉が見事な道

P1050034

小さな峠を上りきると

P1050037_2

突如開けた視界の先の高原に

P1050038

牧場の広がる道 

この県道とは思えない狭い素敵な道は 牧場を抜けると再び紅葉の山中に

P1050043

対向車に出くわす事も無く山中を抜けると 春日温泉のある小さな集落に出た

この先に2~3軒の温泉宿があるようだ さて・・・どこの湯にしよう

Img_0065

で 立ち寄ったのは春日温泉「かすがの森」

大浴場から続く露天風呂には 自家源泉41.4℃の「アルカリ性単純泉」が掛け流され

湯の花の浮かぶ湯船には秋の空と今が盛りの紅葉が映っていた

Img_0058_4

あ~いい湯だ

信州の秋風に 小さな音で囁くように揺れる紅葉を眺め足を伸ばす いいなここも

Img_0067

大満足

そろそろ腹減ってきた

なんせ朝飯に「セーブオン」←知ってる?で肉まんとあんまん食ったきりだ

温泉場には 飯を食うような場所が見当たらない・・・

Img_5182

春日温泉からは稲刈り最盛期の佐久の郊外を県道151で下る事ができた

そのまま帰路の方向の軽井沢へと向う どこかで旨いそばでも食うおうと

軽井沢駅へ

P1050055_4

駅まん前の 30分だけ無料のに駐車 駅階段を大またで上る

さて せっかくなので 思い切って贅沢にも天ぷらそばを注文 

生玉子はきらいだ(゚⊿゚)イラネ

この店は 注文時に代金を支払うシステムのようだ・・・

P1050054

しばし待つ

この店は 水は自分で水差しからコップに注ぐシステムのようだ・・・

P1050057

3分30秒ほどで 天ぷらそば登場

この店は 立ったまま食うシステムのようだ・・・

P1050060_3

関東よりは少し薄い色の汁は 茹でたてのコシのあるそばを引き立てる

数時間前に揚げたと思われるかき揚げは なかなかのボリューム ネギは白い

この店は 食い終わったら 丼をおばさんに返しに行くシステムのようだ・・・

P1050062_4

軽井沢の駅そば なかなか旨い

なにしろ 駅そば発祥の地はここ軽井沢駅

この先の碓氷峠を下った先にある 誰でも知ってる有名な釜めし屋がやっているようで

釜めしも販売してる

P1050067_2

で その紅葉間近の碓井峠を西日を背にダウンヒル

富岡でR254に出た頃 秋の短い日は暮れた

東へと向かう335クーペの正面には 赤みを帯びた十五日目の月が大きな姿をあらわした

440.6㎞ 47.3㎞/h 9.6㎞/ℓ

 

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »