2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 秋の車旅 前泊地へ | トップページ | 北海道車旅② 天人峡へ »

2012年10月 8日 (月)

北海道車旅① 船旅

9月30日(日)

寝坊と台風17号による交通トラブルが心配で前泊した新潟の朝 ホテルの

朝食バイキングを腹いっぱい詰め込みながら見るTVは台風関係のニュースばかり 

どうやら太平洋航路の北海道行きフェリーは欠航のようだ 

日本海の様子はどうなのだろう

荷物をまとめ 新日本海フェリー新潟港フェリーターミナルへ向かう

Img_3797

台風の影響皆無の穏やかな海には

これから私と335クーペを北海道は小樽港まで運んでくれる

「ゆうかり」がすでに停泊して 港湾のトレーラーによる積み込み作業が始まっていた

P1030719

旅客の車やバイクは 作業後の乗船のようだ

P1030730

予定通り10時から乗用車の乗船が始まった

前の車に続いて進もうとすると 係員から別の入り口に行くよう指示される

無改造の335クーペなのだが・・・

乗用車の積み込まれる2Fの入り口では どうやら車底を擦ってしまうおそれがあるらしい

これが巷で噂の?「シャコタン専用乗船口」かと妙に納得しながら

トラックの列が終わったところで船尾から最後の乗船

Img_3882_2

おかげで 

車を停めて船底からインフォメーションで鍵を受け取り部屋に着いた頃には

蛍の光と銅鑼の音が船内放送から流れていた

出港したんだ

Img_3848

急ぎ荷物を置き デッキに出ると カモメに見送られながら

Img_3847_3

「ゆうかり」は定刻通り10時30分 新潟の岸を離れたところだった

小樽着は明朝4時30分 18時間の船旅が始まった

部屋に戻って 忘れていた「酔い止め」を1錠飲んでおいた

Img_3812

で 部屋は「ステートB洋室」

9月までは一人で使うと部屋代と0.5人分の「貸切料金」が発生する・・・一日違いだ

帰りはオフシーズンの10月でそれはないし 往復割引もあるしと思い決めた

Img_3859

4Fの客室は すべてこのクラスのようだ

5Fには デラックスとスイートがある

Img_3879

洗面もあるし 浴衣や歯ブラシや使わなかったけど電気ポットもあった

またコンセントもあったのでデジカメの充電に便利だった

TVはBSはずっと見れた また船の現在地を知らせるCH↑もあった

ちょっとベットの幅が無いけど・・・快適な部屋だ

Img_3819

しばし船内を探索する

4Fの前方は出入り自由のこんなスペースで

Img_3824_2

こんな景色 いよいよ外港へ心配した波はないようだ

Img_3872

甲板には強風で無い限り出入り自由

Img_3861_2

おっ! 部屋に浴衣があったな

浴衣といえば 大浴場←そうか?

Img_0001_4

今回の旅 一湯目は大海原を眺めながら

推定体感湯温41℃ 湯が満杯にたまってないのは船の揺れで溢れてしまうからか

揺れてないように感じていたが 湯船を見ると揺れているんだと実感

P1030748

昼時にはレストランも開店

湯上りには やっぱあれだ

P1030746

去年の秋の旅では左手に見た粟島を

右手に眺めながら 久しぶりの昼ビール

Img_3855

長い午後は

ゴルフの日本女子オープンをTV観戦したり

Img_3875

また風呂に入ったり

Img_3863

こんなスペースで またビール飲んだり 

レストランで夕飯に みそラーメン食ったりして部屋に戻る 

Jリーグのレッズ戦をBSで観戦 レッズの勝利に気を良くして眠りについた

翌朝3時40分に船内放送があり 起きだす

P1030750

乗船が 最後だったご褒美か?

4時30分 船内でUターンして一番に まだ暗い小雨の小樽の港に下船

港の係員の振り回す誘導灯の通り 右も左も分からない小樽のどこかの道に出される

どこだ?ここ??

ナビの表示になんとか市場と出たが まだ開店してないようだ

P1030766

しかたがないので適当に走って 目に付いたセブンイレブンでコーヒーを飲む

            さて どこ行こう

« 秋の車旅 前泊地へ | トップページ | 北海道車旅② 天人峡へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

まってました。
私にとって、夢の北海道ドライブとフェリー乗船。
フェリーの中でも、色々楽しめそうですね。酔いませんでした?
このあと、北海道の報告、楽しみに待ってま~す。

あれから1週間音信不通は無事な証と思いつつも
北の大地で行方不明者のニュースはと/バカな妄想

なんとリッチな船旅の知らせ小樽に上陸
北の旅の記事に期待感急上昇

きゃあ~waniさん、どうしちゃったのぉ~と心配してたのに、こんな羨ましい贅沢な北海道旅行をしてたんですね~あ~よかったです〜
船にお泊まりのキレイなお部屋も凄いけど大浴場があるのも凄い\(^o^)/も喜んでますね
この後の記事も楽しみにしてま~すo(^▽^)o♬

おかえりなさーい

よかったよー 熊と一緒に 鮭獲るのに夢中になって帰って来ないのかと
おもただよ よかった よかった でっ?鮭獲れた?

いやぁぁぁぁぁ~豪華 へぇ~船で宿泊したことないけど
息苦しくはないのねあははは
お風呂もあるんだきゃ 何 このデッキスペース
豪華。。。えっ、、もしかして、、上には もっと豪華スペースとかあるの?

愛車と一緒に船旅とは優雅な旅行ですね。
といっても、まだスタートのようですから、
これから楽しい情報がまた見れるんだと思います。
楽しみです。

フェリーで北海道行ってみた~~い
船の中も快適そうでお風呂にも入れるなんてw(゚o゚)w
小樽からどちらを目指すのでしょう
楽しみです

車と一緒にフェリーに揺られて・・・・良い旅してすね~
私も一度だけカーフェリーに、川崎から千葉の金谷までわずか一時間の乗船でしたが。東京湾アクアラインのできる前でしたがね
スケールが大違いか

お帰りなさーい!
フェリーの旅、ゆったりしていていいですね。それにしても充実した船内ですね。
風呂の後、海を見ながらビール・・・ああ、たまらないですー。

こんばんは

お帰りなさ~い

船旅いいですね~

台風の影響は、それ程でもなかったのでしょうか

私も、機会があれば
ゆったり船旅してみたいものです

昨年秋、台風による大洗発フェリーの欠航で、北海道行きのスケジュールを土壇場で組みなおした経験がありますので(涙)、とても他人事とは思えず勝手に心配しておりました。
が、そんなもんは杞憂に終わったようで本当に何よりです。
引き続きの旅日記、楽しみにしています。

おぉ~フェリーですかぁ~
いいですねぇ~

さぁ~、何処に行ったんですか?
続きのレポまってまぁ~す

おかえりなさーい^^
新潟からフェリーだたのですね。
フェリーの客室って普通のビジネスホテルのように、それなりに快適ですよね^^
お風呂はエンジンルームの上あたりじゃないですか?
なんかエンジンの振動でおしりがブルブルした記憶があります^^;

つづきを楽しみにしています♪
カモメさんの写真!すごいですね!
こんな素敵な写真一度は撮ってみたいです><。

台風と、一緒に北上して 早、一週間
無事のお帰りにひと、安心

北海道は、ヤッパ、でっかいど~ですよね 走れど、走れど、直線道路
これからの、北海道旅紀行、楽しみ~

美味しい物も、いっぱい出てくるね~ ヘロヘロ~


しゅうちゃんさん おはようございます

フェリーは思いのほか 快適な乗り物で 
退屈することなく18時間を過ごせました(*゚▽゚)ノ

酔いもしなかったのですが・・・
大浴場の湯船をずっと見ていると 危ないかもです

森カフェさん おはようございます

おかげさまで 行方不明にならず
意味不明な日常に戻ってまいりました

これから空いた時間で
数多くの写真を乏しい記憶力で整理したいと思います

mikさん おはようございます

ご心配おかけしました

洗濯物いっぱい持って無事帰ってきましたΣ( ゜Д゜)ハッ!
で 昨日は天気のよい埼玉は洗濯日和でしたよ←意味不明

も喜ぶ入浴シーン これからも続きますのでよろしくですヽ(´▽`)/
          ↑もういいってば

あさひさん おはようございます

ツー・・・ツツ
受信してましたよ←意味不明

で 鮭は買ったわ

このフェリーは パブリックスペースが充実してて快適でした
5Fはですね スイートとデラックスの船室と出入り自由の甲板でしたよ

たかchanさん おはようございます

快適な船旅でしたヽ(´▽`)/
記事を書き始めたらフェリーで一話になってしまいました

記憶を 絞りだしつつ?
思い出を綴っていこうと思います

ゆめちゃんさん おはようございます

フェリーで北海道 快適です! 
ぜひやってみてください

飛行機とは違う ゆったりとした時間が過ごせました

湯上りには 昼ビールも味わえますよ

山の風さん おはようございます

カーフェリーは初体験でした(゚▽゚*)

十代の頃の夏休みは 
竹芝桟橋からよく伊豆七島に渡っていて毎回酔ってましたが
大きな船は違うなぁと実感した船旅でもありました

キハ58さん おはようございます

いつも自走の私の旅
北海道だけは 自走では行けません・・・

で 選んだフェリーなのですが
癖になりそうな快適さ! まずは満足の旅のはじまりです

まったんさん おはようございます

北海道へ一人で車で行くには 
この航路が体力的にもコスパ的にもいいのでは?
と 選んだルートだったのですが 大正解でした

この日の日本海は 太平洋側の方に申し訳ないと思うほど
穏やかな航海をさせてくれました

wataさん おはようございます

ご心配いただき ありがとうございます(*^-^)

出港後 デッキで話しかけた 一人旅のお兄ちゃんが
急遽大洗をキャンセルして新潟まで走行してきたと話していました(゚ー゚)

ん? どこかで見聞きした話だなと・・・
軽いデジャブの旅のはじまりでした(笑)

Agulさん おはようございます

飛行機に比べかなり遅いフェリー
車と一緒の旅には 仕方ないと選んだのですが・・・
いいですね!正解でした!!

朝4時半着で 一日目はかなりいけました

ななにんさん おはようございます

やっぱ大洗にしなくて正解でしたよ( ´_ゝ`)???

風呂は真ん中あたりでした 湯船の湯を見ているといきそうなので
遠く大海原を眺めながらの入浴でした(*^-^)

エンジンの振動はベットで感じましたが 慣れると癖になる心地よいバイ・・・以下略

カモメはたくさん飛んでいたので シャッターチャンスもたくさんあったんですよ(^-^;

かほさん おはようございます

あの日のTVは台風ばっかだったもんね
名古屋の様子とか写ってて見てたよ

あと 乗船を待ってる間 港湾の積み込みトレーラーの
ハンドルさばきも 感心しながら見とったわ

さて これから走って食って浸かるから
また遊びに来んしゃい

北海道車旅 「天人峡へ」の記事を楽しく読ませていただきました。
「雄冬岬」の高倉健のSTATIONは一度ならず観て懐かしく思い出しました。

雄冬の岬は「大鮃の岬」と小輩共は呼びます。
往時連絡船待ちの間、増毛の造酒屋「国希」で「もっきり」で船待ちしたものと
偲ばれます。

雄冬の生まれ家に帰った健さんが、
常居(居間)の撮影に使ったのが国希のそれだったのでした。

国希の家は明治一・二年の道屈指の古い由緒あるものなので、
使用したことでしょう。

この「天人峡へ」のページを引用したくお願いするものです。

Mr. Wani 机下

                         H25 2013-05-16 1540
                         まぐろぐ 拝

magloggさん こんにちは

車での旅が好きな私も
車での北海道は初めてでした。
特に初日に通った雄冬は今でも印象に残っています(゚▽゚*)

また行きたいなぁ北海道!

拙い記事ですがリンク等は今のところフリーにしています。
お知らせいただきありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道車旅① 船旅:

« 秋の車旅 前泊地へ | トップページ | 北海道車旅② 天人峡へ »