2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 北海道車旅② 天人峡へ | トップページ | 北海道車旅④ 川湯へ »

2012年10月12日 (金)

北海道車旅③ ぬかびら源泉郷へ

10月2日(火)

広い北海道での さしてあてのない寄り道の旅 その日の宿泊地をタイトルに

さて 昨日とは大違いの台風一過の晴天の朝 長旅の疲れも感じずに目覚める

Img_3979

朝飯を食って宿を後にする

まずは 夕べ宿の仲居さんが 天人峡に来たらぜひ行ってみて!とおすすめの

羽衣の滝を目指す

Img_4002_2

宿の近くの駐車場に車を置き 遊歩道のような道を苔むす木や

峡谷を眺めながら15分程歩いて行く 途中出会ったカメラと三脚をかついだ老人は 

熊避けの鈴を持っていたので まさかと思いつつも付かず離れず行くことにする

Img_4030_2

羽衣の滝

その名の通り日本各地にある「羽衣伝説」のある滝だが

北海道一番の落差270mの滝でもある

Img_4034

いつもの年なら紅葉の真っ盛りだと 熊の鈴の老人が言っていたが

滝の周囲の木々の色は 夏のそれとは明らかに変わって来ているようだ

P1030940

羽衣の滝でマイナスイオンをたっぷり浴びて 天人峡を後に

D213~D1160の快適なワインディングを まさに快適に走る 

そういえば・・・北海道道道は4桁道道もあるんだ!

やっぱ広いや北海道!!

P1030960

ほどなく到着は 旭岳山麓駅

せっかくなので 車のトランクからジャンパーを出して着込み

ロープウェイに乗ってみたのだが・・・終点の 姿見駅は霧の中♪

Img_4078

だったが・・・そこは山の天気

時折霧の切れ目に差す陽が 真っ盛りの大雪の紅葉を引き立たせる

いつもの年なら すでに終わっている紅葉を見ることが出来た

P1030965

旭岳を後にして D1160のダウンヒルを楽しんでいると

平成の名水百選 旭岳源水の看板 水補充 冷たく甘露旨い!

旅先でこういった水をいただく度に うらやましく思う・・・埼玉県南部の水は不味い

P1030971

D1160旭川の手前 東川町で給油 初めて見るマークのGSはホクレン

北海道はGS間の距離もかなり離れているので こまめな給油が必要なようだ

ついでに水道(井戸水)を借りて 昨日の雨で付いた泥やなんかを落とす

バイトの若い男女に 無料で使わせてくれたお礼に缶コーヒーを手渡すと

「Zig Zag」 というホクレン特製?のなかなかのロードマップを持たせてくれた

P1030980

少しはきれいになった335クーペで 旭川の街と旭山動物園を農免道路~D140でパスすると

R450旭川紋別自動車道という無料の道で上川に向かう

うっかりICを一つ通り過ぎ戻ってみると お目当てのそば屋はタッチの差で「売切れ」

仕方ないので R39を少し戻り 北の森ガーデンで適当に何か食うことに

デザートは 北海道でも8店舗限定の「白い恋人ソフトクリーム」

       旨い!道を間違えた甲斐があった

Img_4124

腹を満たしてR39を南下すると層雲峡 空が曇ってきた

紅葉は色付きはじめたばかりのようだ 

雄滝(流星)

Img_4135

雌滝(銀河)をさらりと眺め

走りに戻る

Img_4143

北海道分水嶺の一つ R39石北峠 峠と名が付くので寄り道に走ってきた

峠の茶屋では 石北峠という聞いたことも無い演歌が大音量で繰り返し流されていた

                                 ↑熊避けか

¥100の缶コーヒーでブレイクしてUターン

Img_4154

R273を南下 大雪湖を過ぎると 三国峠 道内一の標高の峠は大樹海のパノラマ

先日の埼玉~長野の三国峠越えには失敗したが ここは快走の峠越え

しかし 北海道の峠道はどこも関東ならば有料の観光道路クラスだ

Img_4163

峠を下ると 色付いた白樺林の直線道路 しばし見惚れる

この日の宿泊地が 関東では考えられない時間で近づく

Img_4170

宿泊地の近く 糠平湖畔ので宿へ持って行く荷物の整理などをしていたら

あっ!いた!!×2

P1040045

この日の宿は

ぬかびら源泉郷 山の旅籠 山湖荘 民宿だ

宿に入り 記帳を済ませると 浴衣を選んで下さいといわれる

女性の浴衣を選べる宿はよくあるが・・・

Img_0012

選んだ

ちょっと派手か・・・

宿の方手作りの「あした天気にな~れ」と書かれたティッシュのてるてる坊主があった

Img_0015_3

部屋には 使わなかったがストーブと囲炉裏

さっそく 派手な?浴衣に着替え

ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩の飲める湯が掛け流されている

推定体感湯温41℃の宿自慢の洞窟風呂に 貸切状態でゆったりと浸かり

湯上りのビールをあおる

P1040029

夕飯は 岩魚を頭からやっつけながら

地酒は 大雪の蔵 を燗で

他の写真も 飲み食いに夢中でブレブレ

民宿らしい 揚げたてのワカサギの天ぷらや山菜の煮物・鱒の刺身・湯豆腐・・・

炊き立ての北海道米「ゆめぴりか」がすごく旨かった

翌朝は 鹿肉のシューマイも出た さっきの・・・?じゃないだろ

Img_0042_2

ぬかびら源泉郷の宿の宿泊客は 他の宿の風呂にも入り放題だと聞き

寝る前に 

向かいの旅館 中村屋の露天風呂で星空を眺めながら両足を伸ばす 

     申し訳ないがここも貸切状態 いい湯だ

備忘録

HPから予約 「お得プラン」 一泊二食¥6850

263.2㎞ 73.0㎞/h 12.0㎞/ℓ(燃費新記録)

« 北海道車旅② 天人峡へ | トップページ | 北海道車旅④ 川湯へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

峠の茶屋 の店先に置かれている 熊さんの出で立ちも
いいね 緑のソフトって、、わさび?ましゃか 北海道だけに
ホウレンソウとか、、、
紅葉真っ盛り かと思いきや 今年は違うのね
熊鈴のおじいの話から察するに、、今年の暑さは異常だったのか

鹿肉のシューマイも出た さっきの・・・?じゃないだろ

あはははは 大笑いしちゃったよ~
蜂蜜入り甘納豆まで つけてくれるなんて 
心配りの出来た旅館だわ 

さすが北海道、紅葉始まっているんですね。
なぜwaniさんは、貸切に出会えるのか、羨ましいです。
最後に民宿の値段を見て、ビックリ。
ヘタなビジネスホテルの素泊まりより安い!
男性の浴衣選べる所、泊まったことないです。

すばらしい渓谷美ですね。 滝もいい感じです。
宿もお値打ちで、貸切状態のお風呂も
うらやましいです!
野生のシカもいたなんて。

わぁ~ お次は、鹿だ~~o(^▽^)o♬
それから、だわぁ~( ̄ー ̄)
あれ?熊さんは⁇ ヽ(*≧ε≦*)φキャ~
浴衣も、ステキ~粋ですね~(^_−)−☆

雄滝に雌滝 初めて北海道に行った時に見ました
もうかなり前になりますが・・・・
鹿の親子でしょうか ホノボノ
くまの親子でなくて良かった~~ホッ
waniさんの行く温泉は貸切状態が沢山あって良いですよね
お蔭でwaniさんのが見られるのですよね( ´艸`)プププ
のんびり温泉に浸かってこの値段は安いですね
浴衣もなかなか粋で素敵です

こんばんは

滝も素晴らしいですが
紅葉は、それ以上に素晴らしいですね

北海道に4桁の国道があったのは
知りませんでした
やはり北の大地は広いですね。

岩魚が美味しそうですが・・・
え~~~っ
白い恋人のソフトクリームなんて
あったのですか~
これも知らなかったです
お味は、いかがでしたか?

今年は北海道出張が無いので
自費で行って食べたい気分です
でも、先立つものが~

貸し切り状態で、両足を伸ばし入る温泉
これは最高に気持ちいいでしょうね

羽衣の滝を初めてしっかりみました。優雅な滝ですね。層雲峡も迫力満点。糠平ということは、南側に狭い国道を行かれたんですね。糠平線、乗車する前に廃止になっちゃいました。

え?あれ?
うちがいったことない北海道が…。
やっぱり広いのね。でっかいどうw ^^;
浴衣。いろいろ着てみたーい♪ (お客様…ご遠慮ください…)
ハデそうに見えても着ると普通だったりするのよねw^^
やばいよ。やばいよ。北海道旅行また行きたくなってきたおwww

あさひさん おはようございます

熊の剥製の記念撮影は 
当店を利用しないと¥100て書いてあったり
大音量の演歌といい アンモナイトの化石といい
二昔前の昭和を思わせる怪しさ炸裂の茶店←好きだ
¥100の缶コーヒー買って 当店を利用しました

そう 北海道も暑くなってるみたいです
おかげで 雪の峠道の心配は皆無でした

しゅうちゃんさん おはようございます

大雪は例年だと 紅葉も終わりの時期
年によっては 峠道ではチェーンが必要
少し心配だったのですが 秋の遅れはここに限っては幸いでした

今回の宿は(も?)
お手ごろ代金と( ̄▽ ̄)
すべて源泉賭け流しの宿を選びました

たかchanさん おはようございます

羽衣の滝は
宿の仲居さんの おすすめがなっかたらパスしてしまったかも?

ネットの時代でも 
地元の方との会話はいいもんだなぁと感じました

北海道の道 シカ注意の標識が多いのにびっくりでした

mikさん おはようございます

はい!
野生動物シリーズ 今回は鹿でした~
写真無いけど 鹿肉シュウマイも体験
おh~! 熊も見つけていただけましたか

では ご好評にお答えして 
次回も野生動物の登場をお楽しみに~←だからこれはもう

ゆめちゃんさん おはようございます

雄滝に女滝 
北海道の真ん中辺りまで行かれたんですね

この日の宿は 値段以上に楽しめましたヽ(´▽`)/
それになんといっても
ぬかびら源泉郷の6軒の宿の風呂に無料で入れるのも魅力でした

派手な?浴衣着て出かけた 泊まらない旅館での貸切状態は
泊まってる人に 申し訳ないと思うほどの極楽な時間でした

まったんさん おはようございます

気になって調べたら埼玉県道は417号線まででした(途中欠番多々)

北海道は4桁でも 私の走った限りではきっちり2車線の整備された道
あらためてすごいぞ!北海道の道と思いました

偶然出合った 地域限定の白い恋人ソフトクリーム 
自信を持って まったんさんにおすすめです
必ず気に入ると思いますヽ(´▽`)/
ホワイトチョコレートと北海道ミルクの・・・以下ぜひぜひ味わってみてください

キハ58さん おはようございます

糠平には 三国峠を下り北からR273で入りました

鉄分のさほど多くない私ですが
北海道には 廃線・駅跡がたくさんあるのを今回の旅で知りました

この後 幾つかの廃駅に偶然ですが立ち寄ってます

ななにんさん おはようございます

選ぶ時ちょっと派手かなと・・・
着てみたら・・・やっぱ派手だった\(;゚∇゚)/

ホント!でっかいどう!!
今回の旅でも 半分も周ってないような

行く度に新しい発見があるのが旅 
私もきっとまた行くと思います(*^-^)

てか・・・なかなかおいつかない( ̄○ ̄;)!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道車旅③ ぬかびら源泉郷へ:

« 北海道車旅② 天人峡へ | トップページ | 北海道車旅④ 川湯へ »