2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 北海道車旅① 船旅 | トップページ | 北海道車旅③ ぬかびら源泉郷へ »

2012年10月10日 (水)

北海道車旅② 天人峡へ

10月1日(月)

小雨の降る小樽のセブンイレブンでコーヒーを飲みながら天気予報を聞く

台風17号は釧路辺りを目指しているようだ

予定ではこの日は小樽から東へ走り札幌をパスして 

トマムかサホロのリゾートホテルでバイキングのブレックファーストを昼飯の分までたらふく食って北上 

旭山動物園にはさすがに行かないだろうが

手前の富良野周辺で「北の国から」辺りを彷徨い あわよくば 宮沢りえの浸かった露天にでも・・・

などと考えていたのだが 嵐の「北の国から」で畑が流されていたらどうしようもないので?

予定変更

P1030786

ここまで台風を避けて来れたので とことん避けてやるとする

で R5~R337を経てR231を北上

1時間余走り小さな展望台で海を見る 日本海に波はないが空は暗く時折の雨

Img_3918

R231を結構なペースでそのまま北上すると  

雄冬岬 白金の滝が国道沿いにあった

ここ雄冬は 偶然数週間前に見た映画「駅 STATION」で高倉健 扮する主人公の

実家と設定された村 当時の雄冬はR231未開通(開通は‘81連絡船廃止は‘92)で 

増毛からの連絡船が唯一の交通機関の陸の孤島だった

健さんが実家に帰省のため連絡船に乗るシーンで 陸の孤島の雄冬ってどこなんだろ?

と思っていたのだが まさかここに来るとは・・・ツーリングの醍醐味

P1030810

で さらに北上して留萌本線終着駅の「増毛駅」にも行ってみる

発音は「ぞうもう」ではなく「ましけ」 

いづれにせよ・・・あやかりたいものだ←意味不明

P1030803

映画の中で 烏丸せつこが働いていた食堂がまだそのまま?あったのでびっくりした

連絡船は風でよく欠航したので風待なのかな? 

まずまずの予定変更だ

増毛は港町 どこかで魚で朝飯でもと思ったのだが まだ8時前 港の食堂も開いてなかった

増毛駅の立ち食いそばも 開いていなかった←開いてたら絶対食ってみたね

台風はだいぶ東へ逸れて行ったようなので 留萌まで北上後 ほぼ無料の自動車道化

されたR233で東へ(行かないと宿から離れるばかり) 宿泊地だけは全部決めてある旅

P1030832

朝飯は 道の駅ライスランドふかがわ 北の米どころの深川に敬意を表して おにぎり

注文してから熱々の地元のご飯をおねいさんがにぎってくれる 

リゾートホテルのブレックファーストより安くて旨い! まずまずの予定変更だ×2

相変わらず空は暗いが 雨はあがったようだ さ 走ろう

P1030834_2

D(北海道道々)79トトロ峠・・・んっ!ネコバスは所沢・東村山じゃなかったのか

P1030837_2

D79は区間は短いが 最高の道だった! すぐにD4に合流

Img_3922_2

D4を南下 新城峠付近 北海道らしい丘陵地帯が続く しばらくしてR38へ

P1030856

R38と別れ 富良野市内をパスする名も無い道を行き 中富良野町へ

視線を感じた・・・やっぱり!いた!

Img_3933

D759で景色の良さに車を停めツーリングマップルを開き

どこか眺めの良いところはないか探してみる

Img_3942

かみふらの八景 パノラマロード

この後 北海道の直線道路には幾多遭遇するのだが

上陸後初めて見たこの景色に 曇り空も吹っ飛ぶ爽快感を得る

が 前方の山の雲が気になる あの辺りが当初予定のルートとの合流地点

P1030865

予感は当たり

楽しみにしていたD291十勝岳スカイライン~D966白樺街道は霧の中

ま いいか おかげで空いているワインディングをマイペース走行できた

Img_3950

白樺街道の白樺や青い池の周辺の木々は 色付き始めていた

さ 昼にしよう

Img_3954

昼飯を食うためD966を美瑛の町に向かっていると ひまわり畑発見

北海道の10月は まだあちこちにひまわりが咲いていた

P1030887_2

昼飯は美瑛の町にある「ファミリーレストランだいまる」

P1030877

ご当地グルメ 美瑛カレーうどん

美瑛産小麦粉のうどんを北海道のミルクを使ったカレー汁にぶち込み

糧は(糧って言うのは武蔵野うどんだけか・・・)これまた当地の食材の

ゆで豚・素揚げのかぼちゃ・同じゃがいも・同なす・同にんじん 飲み物はびえい牛乳

 また食いたい

P1030897

美瑛カレーうどんを食って外に出ると 雨が降り出していたが

風は無いので 台風はどうやら去ったようだ しばらく美瑛の郊外を走る 

アップダウンの激しいこの直線路は ジェットコースターの道という名が付いている

Img_3972

あとは どう走ったのだろう

Img_3973

美瑛町外れの農場の続く名も無い道を

Img_3975

関東では見ることのない風景の中

Img_3976

気の向くままに走る

このままずっと彷徨っていたいと 本気で思った

のだが・・・いいかげん宿へのナビをセットする

Img_0001

本日の宿は大雪の麓

天人峡温泉 御やど しきしま荘

Img_0006

思えば長い一日だったと 

Na・Ca・Mg・硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉とやけに成分の種類の多い

笹濁り色の湯の掛け流される 推定体感湯温40℃の露天風呂に浸かり 

峡谷の奇岩を眺めながら足を伸ばす あ~いい湯だ 

湯上りにビールでクールダウンすると

P1030932_2

夕食だ

P1030934_2

地酒は 国士無双を燗で

腹が脹れると 揺れない寝床に違和感を感じながら いつの間にか眠りについた

備忘録

HPから予約 一泊二食 ¥11550

景観指定無しの最安値のプランだったが 渓流沿いの部屋だった

ちなみに 今回の旅では最高値( ̄ー+ ̄)

433.1㎞ 58.3㎞/h 10.7㎞/ℓ

« 北海道車旅① 船旅 | トップページ | 北海道車旅③ ぬかびら源泉郷へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

うどん」カテゴリの記事

コメント

ひたすら一日走りお疲れサンマいやマンボ
でこちらまで安堵&マンボ

一般道で、その距離走れるのですね、さすが北海道です。
ルートを追うのにネット地図を見始めて気づきました、北海道の道路マップ初めてみましたなんか新鮮です。
美瑛、もう少し早い時期だとパッチワークの畑が見れたのにと思いつつ、美瑛の位置初めて知りました。
これから先、初めて物語だらけのような!?
ですね。

わぁぁ~~ キツネさんだぁ~~ホントにいるのね~
ひまわり畑も、ゴッホの絵みたい~すごい~この季節に、びっくりです~
カレーうどんに牛乳・・・さすが北海道
きゃぁぁぁ、ステキな・・・・・・( ´艸`)プププ
お料理も、美味しそういいな~~
お次も楽しみにしてます~

北海道ならではのパノラマ的な風景が広がりますね。
美瑛はお花畑が有名ですが、季節がズレているんでしょうか。
ヒマワリ畑 すばらしいです。
料理は素朴そうで、親しみがありますね。
次も楽しみです。

あぁぁぁ あぁぁぁぁ。。るるるるるぅぅぅ byまさし

ほぉ読み応え たっぷり過ぎて どこから
ツッコもうかっと、、
ホント 地元で走っていないのに ネコバスがここで
走っているなんて―
あっ で観たー
青い池 確か 有名なんだよ えっと、、えっと、、忘れた

るぅるる るーるる、、、確か蛍がこうやって 狐を呼んでたっけ
あー読み応えあったわ

北海道の雄大さを感じますね~
パノラマロード私も走りました と言ってもツアーのバスでしたが
青い池 たった今テレビでやってました
美瑛はお花畑が沢山ありますよね
向日葵 まだこんなに沢山咲いているんですね
一本の木 あれはケンとメリー・・・
見ているだけで楽しくなりました

出た~っ waさんの定番。。。湯船から必ず左足 今度、両足にして~

いいね~北海道の一直線道。。。行けども、行けども、景色が変わらない
眠くなる道

そして、ぞうもう駅、毛。。。ボウボウに生えそぅ~やねΣ(`0´*)

こんばんは

美瑛の風景
最高ですね~

北海道らしい
広い大地

確かに、関東では見れない風景だと思います。

夕食の、料理が美味しそうです

留萌までで増毛駅、行ったことがないんですよ。見られて嬉しいです。
草原あって〆は天人峡ですか、クゥー!イイな。

さすが北海道の大地ですね。どこまでも雄大です
昔、スキーに行ったとき列車から見た地平線、他ではまず見られませんね。
気持ちがいいだろうね~。こんなところを走らせたら

森カフェさん こんばんは

サンマは え~と・・・
たしか 4泊目の夕食で食いました

記憶を時系列で辿るのに
こんなに苦労するとは\(;゚∇゚)/ 

しゅうちゃんさん こんばんは

朝4時半からの初日でしたので距離はいきましたね

D4新城峠や美瑛はこの時期まだ
収穫中~後のたまねぎ畑・とうきび畑
畑休めの菜の花やひまわりの畑 そして牧草地と
それなりの パッチワーク状態を楽しめました

mikさん こんばんは

いるんですよ!
他にも いろいろいましたよ
これからの記事にも目撃情報入れますね(*^-^)
もね←だからもういいってば

ひまわりも 菜の花も咲いてました←下から5枚目の黄色

たかchanさん こんばんは

丘陵の畑を 人力で開拓したんだなぁ・・・
なんて思いながら 眺めてました

花畑は
R237沿いに観光?花園があり まだ賑わっていました
が 名も無い丘の道を眺めるほうに時間を使いました(*^-^)

あさひさん こんばんは

るぅるるる しなくても寄ってきた(゚▽゚*)
いっぱいいるんだ!危ないくらい
動物注意の標識が あちこちの北海道

そう!
ネコバスはなんで?ここにあるんだって思ったけど
なぜかトトロ峠だよねここ

ゆめちゃんさん こんばんは

青い池 見たかったなぁ
もうすっかり紅葉もすすんでいるのでしょうね

パノラマロードは
現地で地図を開いて良さそうなので行って見ました!
大正解でしたヽ(´▽`)/
ケンとメリーの木も見ましたが あの木は名も無い木です が気になる木でした

かほさん こんばんは

よっしゃ~
次回は 両足出したるけん待ってろや

そう!
丘の道のような農道・町道ならまだしも
広い国道の真っ直ぐには さすがの私も眠く・・・以下略
毛(除体毛)・・・増えんわ←意味不明

まったんさん こんばんは

美瑛 どこをどう走ったのか・・・
よく覚えてません

それほど どの道も 
私の目には素晴らしく新鮮に映り
立ち去りがたい風景でした

キハ58さん こんばんは

台風とたまたま見た映画の影響での
予定変更ルートでした

増毛駅の待合室には 
立ち食いそばがあったのですが・・・
いったいいつ開くのか?不明でした

山の風さん こんばんは

この日は 台風の影響を避けながらの
海あり山ありのルートでした

どこ走っても 楽しく行けました(*^-^)

北海道に異国を感じた 上陸一日目でした

はぁ~ん…(*´∀`)ステキ 北海道x2していますねぇ~
きつねさん。痩せているけど腹ペコさんかなぁ@@
ちょっと前に知床のくまさんがガリガリな写真みたけど、
北海道の野生動物さん達大丈夫かなぁ><。

ご無沙汰でしたが生きてる潤三郎っす
いや〜前回も覗き見してましたが、やっぱでっかい北海道
自宅へ帰ったら改めてから写真を拝見します。
北海道は何度か廻りましたが、見覚えのある風景が?
この先も楽しみにしてます

ななにんさん おはようございます

この子は痩せてたけど
丸々太っちょのも目撃しました
道路交通に支障が出るほど いっぱいいるようです

あのヒグマの写真 私も見ました(゚ー゚)

最近では 定置網のシャケを狙うのもいるようですね
共存って・・・どこでもなんでも一筋縄じゃいかないんですね

潤三郎さん おはようございます

忙しい中 どうもです
孤独飯?じゃなくて なによりです←意味不明

北海道の旅の一日は 
こちらの二日分ほどの感覚でしたので
一日を一話にするのに 奮闘中です

ま それだけ一日一日が 楽しい旅だったのですけどね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道車旅② 天人峡へ:

« 北海道車旅① 船旅 | トップページ | 北海道車旅③ ぬかびら源泉郷へ »