2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 小休止のうかのもりそばとか | トップページ | 本家伴久 相生の間 »

2012年8月30日 (木)

湯西川温泉 本家伴久の露天風呂×3

小休止のうかで そばと古民家を満喫した後 腹くちくなれば

観光よりも温泉と意見が一致するのは毎度の事 

さっそく 本日の宿泊地「湯西川温泉」へ向かう

ここからだとR121へ出るのも 霧降高原道路へ出るのもちょっと半端

一人旅なら迷わず最短距離の栃木県道245を選択するのだが・・・

P1030281

結局選択

大笹牧場への旧道のこの道は 涼しい木漏れ日の中 大型車の通らない空いている道 

霧降高原道路は大好きな道なのだが 

夏休みやハイシーズンのバスやおっそい観光車両にブロックされるなら こっちもいいかも

P1030287_2

大笹牧場では お約束のソフトクリームで一休み

ここからR121へ出るのは かなり遠回りなので

またしても一人旅でなきゃ通らないと思われる栃木県道249で北上

何も無いけど たまに猿がいる寂しい道

案の定猿に出くわし一緒にいた人は呆れていたが

いつも一人で旅するときは こんな道も通ると言うとさらに呆れていた

こんな山奥だから 平家の落人が住み着いてとかかんとか・・・なだめすかして30分

Img_3590

湯西川温泉 本家伴久に到着

で さすが老舗旅館

チェックインタイムにはまだ間があったのだが 細かい事言わずに快く部屋に通してくれた

Img_0009

予約の時 気にしていなかったのだが 

「貸切露天風呂にも お入りいただけるお部屋プランです」と言われたので

部屋の探索やなんかは後回しにして ビールは後回しにしないけど軽く喉を潤す程にして

Img_0011_2

さっそく3つある風呂から選択 おすすめは?と仲居さんに聞いたら「すべておすすめです」と

期待した通り優等生な返答 では一番人気のあるのは?と聞きなおし

一番人気と思われる「花満月」へ

Img_0020

湯西川の瀬音を聴きながら

推定体感湯温40℃の

掛け流された「弱アルカリ単純泉」に浸かる

多めなメタケイ酸の成分で 足もつるつるになる湯

Img_0022_2

ここ平家の里の夏の終わりは

川面に赤トンボが飛び

対岸の木々の中 気の早いカエデは色を変え始めている

極楽×1

だが・・・喉がかわいた

Img_3579_2

部屋に戻る

部屋にはなかなか素敵な「化粧の間?」があって すぐ横の窓を開けると階段がある

Img_3591_2

ビールを持って階段を行く

のれんをくぐると 湯西川の川辺のすぐそば

Img_0027_2

そこにあるのは 

部屋に付いてる露天風呂

この風呂も もちろん掛け流し

ホースから流れる冷たい天然水で割るのも自由 

ストライクな湯温 推定体感湯温37℃まで割って

Img_0042_4

ビールをあおる

極楽×2

いいよね 年に一度の贅沢旅行なんだから

Img_0066_2

翌朝4時半に 鳥の囀りで目覚める

いびきをかいて爆睡している人がいたので 起こさないように部屋の風呂はパスして

Img_0051_3

820年以上前に発見されたという この宿の源泉=湯西川温泉の源泉

「藤鞍の湯」へ

Img_0054_2

さすがに朝は涼しく

昨日は見なかった湯気が立ちのぼる

湯船と湯西川は 境界もあいまいな程の近さ

源泉に近いせいか 推定体感湯温は41℃

Img_0060_3

橋から丸見えのロケーションだが

橋よりも先に源泉があったんだからな などと例によって・・・以下略

朝の始まる温泉街を眺めながらの貸切状態

            極楽×3

« 小休止のうかのもりそばとか | トップページ | 本家伴久 相生の間 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

うんだァいやはや極楽×3魅せていただきましたでやす。
羨ましいかったらまねしてみいな!いやできませ~ん。
スコッチだけ/行った気分だけ/分けてもらいました事後了解してね。

きゃあぁ~すっごく贅沢な 高級老舗旅館ですね~
それより・・・いいんですか~?おツレ様の色っぽいお姿、
載せちゃって( ´艸`)プププ
貸切露天風呂も、お部屋に付いてる露天風呂も
ぜ~~んぶ 素敵ですね~うらやましいな~
たくさんのも両足バージョンも拝見できて
楽しかったです~ヽ(*≧ε≦*)φ

こんばんは。何とも贅沢な温泉三昧ですね

きゃっほ~
温泉三昧じゃないですか
んっ露天風呂付お部屋
いいのか 本人に許可もろーたんか
後姿がセーラームーンだじょ
いい思いしてるな~←意味不明
おっでた
んっ 掛け軸? たった一人しかない自分と、、なんて
良い事書いてあるんだ
ちょっと メモッとこ
ふふふ 最後ので足の組み方わかるね

たまの贅沢いいですが、すごい露天風呂付きの部屋ですね。
以前川俣温泉に泊まりに行ったとき、県道23号がすごい道で、相方にこの道なら2度と来なくていいと言われてしまいました。それ以来、あの辺行ってないんです。

極楽x3 その気持ちが伝わってきます。

風情を感じさせる、とてもひなびたいい雰囲気の旅館ですね。
写真を見ているだけでも、癒されるようです。
のんびり行ってみたくなりますね。

時間差で同じ日光方面にいたとはビックリでした
waniさんは温泉付き贅沢旅行 いいですね~~
露天ぶろ付きの部屋なんて最高ですねヽ(´▽`)/
朝風呂もなかなかいいものですよねψ(`∇´)ψ

こんばんは

出ましたね~
大笹牧場のソフト

霧降高原道路は私も好きなルートなのですが
確かに観光シーズンは、前方にペースカー(観光バス等)が入る事が多いので
快適走行出来る確率が低くなりますね。

湯西川温泉は、毎回素通りしていましたので
立ち寄った事がありません
とても雰囲気の良い所ですね

朝風呂、貸し切り状態、極楽×3
羨ましい限りです

露天風呂付き客室なのに更に貸切り風呂付きプラン
いったいいくつ風呂を独占するつもりなんですか?ってくらい風呂三昧の旅館ですねぇ
露天ではさすがに独占でないと出来ない贅沢ですよね
化粧の間ですか?なかなか無いですよね?さぞかし凝った部屋と言うか、当時としては粋な造りの旅館だったんでしょうね
このあと?豪華夕食の様子があるんですか?←でも朝風呂行っちゃってますけど?
まぁ撮って無いってこたぁ無いですよね?

森カフェさん こんにちは

いつも泊まる安宿・・・もとい
リーズナブルな宿でも 極楽気分の安上がりな私

年に一度の 極楽×3の温泉は
時間の経過も×3 あっという間に過ぎ去った一日でした

mikさん こんにちは

年に一度だけね
って・・・七夕じゃないけどこんな宿に

んで
浸かっちゃ飲み・・・以下繰り返し
今年も来れたね・・・がここ数年の合言葉

写真撮ってても 移動する気にならないほど
ここの風呂が 気に入ったようですね 

山の風さん こんにちは

一人旅じゃ ぜったい泊まらない宿に行く

ちょっと贅沢な
年に一度の ○○孝行です

あさひさん こんにちは

いっぱい浸かってきたよ
月に代わっておしおきは・・・
今のところ食らってません←意味不明

大浴場の入り口にあったんだけど
読んでみるとなかなか良い!よね

ふふふふ
風呂もこれだけあると 足のパターンも複数必要なのだ

しゅうちゃんさん こんにちは

たまの贅沢なんで・・・
一番デカイ露天風呂の部屋です

R121会津西街道から入るのでしたら
ダム工事の副産物?でびっくりするほど道は改良されています
県道23号も かなり良くなったようです(*^-^)

たかchanさん こんにちは

コメントありがとうございますヽ(´▽`)/

行き当たりばったりの一人旅が多いのですが

ごくたま~に こんな宿にも泊まります

で ごくたま~になので
かえって宿選びに労力を使ってしまう貧乏症な私
でも 極楽×3でとても満足な夏の終わりでした

ゆめちゃんさん こんにちは

あの辺りまで行くと
咲いている花や葉の色が違いますね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
残暑だ暑いだ言ってても 季節は変わるんですね

いくら浸かっても湯疲れしないにゆっくり
湯上がりのビールがたまらなく旨かったです

まったんさん こんにちは

大笹牧場行ったら 何故かお約束のソフトです(*^-^)
コーンも うまいんですよね あそこのは

霧降高原道路は 空いていれば極楽なんですけどね
今回は そば屋からの最短で県道245号を通ったのですが
霧降高原道路が有料の頃は メインに近い道路だったと思わせる道でした

湯西川温泉は数年ぶり 以前共同浴場に浸かったことがあって
いつかゆっくり来ようと思っていたのが 実現しました

潤三郎さん こんにちは

なんせ平家直孫二十五代ですからねぇ←意味不明

宿には 幾つも風呂があって全部は浸かれませんでした
っていうか・・・
ほとんど 部屋の風呂でビール飲んでました
ロケーションも湯も素晴しい 露天風呂でした

そういえば
朝風呂のかなり前に 夕飯食ったような気がしますね
どうしよう←物忘れか

暑いからなんでしょうか?
温泉もいいけど、ソフトクリームが激旨そうっす!!!

牧場のソフト、不味い訳がないですよねぇ~
いいなぁ~アイス

Agulさん こんにちは

ここの牧場に来たら
絶対いただくのが このソフトクリームです(*^-^)

ただこの日は残暑厳しく
日光天然氷使用のかき氷も魅力的で
約20秒ほど選択に時間を要したのも事実です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯西川温泉 本家伴久の露天風呂×3:

« 小休止のうかのもりそばとか | トップページ | 本家伴久 相生の間 »