2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 武蔵野うどん 村山うどん 青柳 | トップページ | 両毛県道ドライブ »

2012年7月15日 (日)

禅味 手打ちそば 古美根

さいたま市方面行く道や帰り道 空いている道を選択すると

P1020282

ドライブインみたいな そば屋だかうどん屋だかの こんな店の前を通る

以前からずっと気になっていた 時分刻を過ぎたこの日通りかかったので寄ってみた

P1020281

のれんには 禅味 手打ちそば 古美根

P1020265

昭和レトロな店内の貼り紙

P1020269

分厚いメニューをみると

うどん・そば両方メインの店のようだ

1、浄餞も気になるが 二人前以上のなべのようなのと

2、どうでもいいのだけれど禅味とは 一茶庵系の禅味会のようなのと

3、あと 大事なことだけど 暑かったので この日はそばに

P1020262

変わりそばに興味のない私

三色そばを せいろ×2 深山(田舎)×1に出来ますか?と聞くと

二色ですね!とあっさりいわれた

でも 三色の量でね!と注文

P1020263

そばを揚げて塩を振ったのを ポリポリするとビールが欲しくなる

お茶をすすりながら そんなこと思っていると

P1020270

擂りながら お待ち下さいと登場は

自分で擂るわさび サメ肌じゃないけど

青いねぎは関東のそば屋では 珍しい

P1020272

二色そば 三色分の量ですと 登場

P1020275

つゆは黒っぽい関東風の色だが 甘さ控えめなドライな味

細めだが 喉越しのいいせいろは 半分浸け程がちょうどいい

P1020274

田舎の深山は もっちりとしたそば

どっぷり浸けて もっちり食ってみた

で やっぱ せいろが好き

で やっぱ 青いねぎは使わなかった( ̄ー ̄)ニヤリ

P1020280

今度時分刻に通ったら

    看板にある 鴨汁うどんを食ってみようかな

« 武蔵野うどん 村山うどん 青柳 | トップページ | 両毛県道ドライブ »

蕎麦」カテゴリの記事

コメント

なんか見たことがあるような、無いような微妙な店構え
もしかしたら?でもたぶん違うだろうな?と思いながら読ませてもらいました
でっかい器の蕎麦ですねぇ、で、禅味ってのはつまるところどんな味だったんでしょ?
この店が、その味にこだわって禅味ってのをやってる訳でもないんですかね?
この時期喉越しのいい蕎麦が一段と旨く感じるようになってきましたね


いやっ ないよ 見たことないよ←意味不明
よく 見つけたわね とてもレトロな蕎麦屋さんね
でも 蕎麦の色はいいわね
蕎麦湯の色もいいわね
でも、、この量 足りたかしら

潤三郎さん おはようございます

なんでも
一茶庵の枝の一つの卒業生のグループが禅味会
で 変わりそばが売りなんでしょうね さすが優等生なそばですよ

さいたま市っても広いけど
郊外には 面白そうな店がけっこうありそうです

うなぎ屋が多いのも有名ですね
今は養殖物でしょうが 昔は荒川流域で獲れたんでしょうね

ところで今どこ?←意味不明

あさひさん おはようございます

R463混んでる時や大宮方面へは
もう一本上流のここの橋を渡って行くのですが 
きたない看板なのに
いつも車がいっぱいなので気になってました

もっと田舎なそばを想像していたのですが
なかなか上品なそばでしたよ←量もね!ってこれが普通ですね

一茶庵って色々ある見たいですが、足利にあるお店と同じ?
waniさんは、海苔とネギは要らないんですね。
浄餞気になりますね。

しゅうちゃんさん こんにちは

足利の本店の弟子の弟子の会のような?
詳しくは?ですが あそこの弟子は多いですからね

海苔とねぎは つまむことはあっても そばのつゆには入れないんですよ
で こういう つまめないねぎは そばには白いねぎだと思います

こんにちは

今回も、美味しそうなお蕎麦

燃費が非常に悪かった私のお腹
旺盛な食欲が落ち着いてきました

逆にこれから暑さが厳しくなると食欲は減退して
麺類が食べやすくて良いですね

こんなに暑いと先が思いやられますね!
うだるような暑さとは今日のことですか
釜前のソバ職人さんも
ソバゆでる
そばから
自分もゆだりそばかも いやそうめんかも?ん!
変なこじ付けで余計暑かァ。。。ごめんチャイ

まったんさん こんにちは

気になっていて入った店が
旨いと いいもんですね

梅雨明け早々 暑いですね

こんな時こそ
バランスよく食べて 夏を乗り切りたいですね 

森カフェさん こんにちは

梅雨の明けたそばから
こちらそうめんも 信州そうめんも
暑くて暑くて 意味不明ですねぇ

本日も こちらそうめんは←しつこい?
ゆであがったそばから
冷水でシャキッとしめてもらいたいような一日でした

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 禅味 手打ちそば 古美根:

« 武蔵野うどん 村山うどん 青柳 | トップページ | 両毛県道ドライブ »