2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 烏瓜の花で三度目の夏 | トップページ | 土用のゴーヤ »

2012年7月25日 (水)

鈴木さんち

赤城道路の北端と群馬県道62の交差地点に

たまに買い物なんかで立ち寄るスポットがあるのだが

P1020430

そのまん前にあるのが 鈴木さんち

古い民家が好きで ドライブ途中に発見するとたまに寄る

P1020432

別名? 「南郷の曲家」旧鈴木家住宅も

以前から気になっていたので この日寄ってみた 

P1020500

で 鈴木さんちの前の道の県道62は 昔は「日光裏街道」って言ったんだ

なんかいいな ますます好きになったなこの道

江戸時代には 八州廻り 桑山十兵衛も絶対通ったなこの道←意味不明

P1020435

入り口で¥100払って水車小屋を見て涼んでいたら 

中の方が涼しいですからと 鈴木さんの所縁のご婦人が声をかけてくれた

P1020439_3

上州では 曲家はめずらしいとの説明

玄関入ってすぐの土間は 厩と風呂場

P1020446_3

土間には囲炉裏がきってある

かやぶき屋根の家には 囲炉裏は虫退治やかやのためにも無くてはならない

が この日は火が入っていない なんで?

ご婦人曰く 今ちょうど・・・

P1020476_2

おかいこさんがいるから

おっ! 初めて見たよ おかいこさん

けっこうでかい 私の小指ほどの太さで薬指ほどの長さだ←わかる?

これだけでかくなると もうじき繭になるそうで 

ザワザーと桑の葉を食う音が 涼しい土間に遠い雨音のように響いていた

P1020473

で おかいこさんが暑くなるといけないので

今の時期は 囲炉裏に火を入れないのだと ご婦人

P1020468

昔は2階でも おかいこさんやってたそうで

囲炉裏も水車も土間も 鈴木さんちは 現役で使うこともあるようだが

P1020470

茶の間には

P1020472_2

時が止まったかのように 古いお札が置かれていた

P1020465_2

P1020480_2

ご婦人の好意で

普段なら上がれない ナカノデイ オクノデイにも上がらせていただいた

P1020481

4棟ある蔵は バリバリ現役で

P1020484_2

鈴木家代々の品物の 展示場になっている

   桑山十兵衛の古文書は 残念ながら無かった

« 烏瓜の花で三度目の夏 | トップページ | 土用のゴーヤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぶっはははは

どこの人って思ったわよ、、
佐藤さんやら 山田さんやらも 出てくるのかと、、

ぎょえぇぇぇ かいこ
これ 臭いよね うぅぅぅ

繭玉は欲しいくせに かいこ はだめだわ~
匂いが、、、

今日は、、蕎麦も うろんもなしか、、、しか、、か、、

鈴木さんち 昔ながらの佇まいで良いですね~
昔は二階でお蚕さんをやっていたようですね
お蚕さんはちょっと苦手ですが昔の佇まいは
父の今はない実家を思い出し懐かしいです
いろりが大好きで五右衛門風呂にも入りましたよ~~

ほほ~っ
鈴木さんち
すごいでんなぁ~ 江戸中期とな、300年程まえの建造物ですね

徳川第8代将軍、吉宗の時代ですね~←以外や、以外。。。歴女のかほちん

でも、おかい子ちゃん、無理~ 見てるだけで 全身。。。じんましんが

東北では曲屋は多く見られますが、上州では珍しいんですね。
waniさん、見たことなかったのですか?『おかいこさん』。私が小さい頃、この辺は養蚕農家が多くさらに製糸工場が遊び場だったので見慣れていました。でも苦手ですがね。農業高校も昔は農蚕高校と言っていました。
さすが養蚕農家ですね『かいこ』とは言わず、『おかいこさん』。この辺でも『おかいこさん』です。

風情があっていいですねぇ(*´ω`*)
アスファルトがなければ昔にタイムスリップしたみたいですね。
相変わらず写真が素敵です

こんばんは

鈴木家。
歴史を感じさせます。

水車も風情があっていいですね~
涼しさが伝わってくる感じがします。

古民家見物も時には乙なものですね
芋虫毛虫の類いは完璧にですが、カイコだけは別格です
やはりぐんま県人ですからね、小さい頃は親戚の農家ではどこも養蚕をしていて、桑やりも手伝いました
この虫はお金になる虫だから大事に育てるんだよって、言われてカイコの頭のマークがマークだって騙されて育ちました
ザワザワと桑を食む音、懐かしく感じます囲炉裏に射し込んでいる光は木漏れ日ですか?からだと異様な写り方をしていて?不思議な画像に見えてます

あさひさん こんにちは

○○さんち
古い建築とか好きで
たまーに寄るんですよ 次は佐藤さんちかも

おかいこさん 臭いがダメとな?
長いもの全般がダメかと思ってたわ←意味不明

実はここのまん前で そば食った・・・報告スル価値なしのそば

ゆめちゃんさん こんにちは

古い家好きですヽ(´▽`)/
上州だと中之条かな?の富沢さんちもいいですね
ここと同じく オクノデイとかあるんですよね

で ゆめちゃんさんのお父様の実家
思い出の家 いいですね~
五右衛門風呂も まだ未体験なんです 入りたい~~ 

かほちん こんにちは

おh~!
かほちん歴女とな 人は見かけに・・・以下略

もちょっと下って 11代家斉のころ
幕府御家人 八州廻り 桑山十兵衛は供一人・雇い足軽一人を連れて
土地の顔役を道案内にたて 関八州をパトロール
で ここいら絶対通ってるはず・・・ってちょっとマニアックだんね

じんましん・・・治った? 

しゅうちゃんさん こんにちは

家の方は 豚飼ってる農家はたくさんあったのですが
おかいこさんは やって無かったようで
茶畑はたくさんありますが 桑畑はないんですよね

ただ 北へ10数キロの祖母の実家川越辺りでは盛んだったようで
祖母はよく 繭玉だんごを作って飾ってました

ななにんさん こんにちは

たまーに
こんなこともしてます

14㎜(換算28㎜)のレンズのミラーレスを持ってったのですが・・・
建築物は 難しいです

で もっと広角のレンズが欲しくなってしまいました
CANONからも ミラーレス出るようですね・・・いや行かんぞ 絶対行かんぞ

まったんさん こんにちは

そう!水車
涼しげな 水車の音につられたのも
立ち寄った 動機の一つだったりします

ガラスが光ってて中は撮れませんでしたが
現役の水車でしたよ

古い 民家や旅館が なぜか好きです

潤三郎さん こんにちは

なんと!
桑やり 手伝ったことあるんですか
なるほど おかいこさんのマーク?
に見えなくもないですね

いまでも おかいこさんやってる家多いのでしょうか?
鈴木さんちは 現役のようでした

囲炉裏の鉄瓶に
開け放した屋根裏からの光が 差していました
建物の写真は難しいですが・・・
こんなの撮るのは なぜか好きです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木さんち:

« 烏瓜の花で三度目の夏 | トップページ | 土用のゴーヤ »