2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 河津桜 2012 | トップページ | 松崎で朝飯とか »

2012年3月16日 (金)

峰温泉 花舞 竹の庄

家から伊豆は日帰りでも十分楽しめるのだが

夜桜見たり温泉に浸かったりしたかったので一泊した

P1000481

河津桜の咲いている河原の近くに 峰温泉大噴湯公園という

P1000480

ゆでたまごが名物な 源泉がある

P1000475

その源泉のすぐ隣にある宿が

峰温泉 花舞 竹の庄

P1000552

昭和の初期に建てられた木造の建物は 私の好みど真ん中

P1000492

部屋からの庭の眺めもなかなかだ 昔は高級な割烹旅館だったそうだが

今は素泊まりの宿 

宿の主人は 温泉に入る前に 早くも湯上りのビールの心配をした私を 

宿にはビールも食い物も置いてないのでと コンビニまで宿の車で

送ってくれて 部屋の冷蔵庫のコンセントを入れてくれた

Img_0081

これで 心置きなく温泉に浸かれる

こんな廊下を行くと

Img_0067

こんなのがあるので 好みのスイッチを押す←そうじゃないだろ

これは 男が入ってるけど男は入ってきてもいいよ!という意味で

完全に貸切にしたい場合は 家族にしてと主人が教えてくれた

後から来る人を待たせるのもなんだかな・・・と思ったので男を押す

Img_0047

隣にある大噴湯から引かれたばかりの

Img_0049

とても新鮮な 弱塩泉100℃の無色透明な源泉は 

温泉成分を湯口に堆積させながら

湯船にそそがれている 内湯の推定体感湯温44℃ ちと熱い

塩系の湯だが べとつかずサラッとした浴感

味も硬いミネラルウォ―タ―のようで 塩っぱくは無い

Img_0038

こんな露天も一人占め

って 後で気付いたのだが この日は宿一軒一人占めだった

Img_0055

竹筒の温泉成分は 取ってもすぐ付着するそうだ

癖がないのに 成分の多い湯のようだ

Img_0059

露天の推定体感湯温は 40℃ストライク

この温泉 湯の香もストライク 久しぶりに手も足も全部伸ばして長湯した

P1000508

コンビニのビールも冷蔵庫で冷えていた

Img_0567

障子の朝日で目が覚めた 昨日は結構歩いたのと

素泊まりの宿は 朝飯の時間を気にしなくていいので寝坊した

昨夜主人が 何時まででもゆっくりしていって下さいと言ってくれたのも

効いたのかもしれない

P1000516

出がけに 宿を見せてもらった

以前はこの廊下の下まで池の水を入れていて たくさんの錦鯉が泳いでいたそうだ

軒に映ったその光景は それは素晴しいものだったそうだ

P1000537

湯を張っている最中の 女湯も見せてもらった

この隣の男湯とともに ここのメインの風呂だったそうだが

男湯の方は残念ながら 要修理との事だった

P1000531

農学系の学校を出て 横浜で造園関係の仕事をしていたという主人

維持管理がたいへんだと話してくれた

P1000549

風呂も部屋も庭も とても気に入ったので

また来ますと言って 宿を後にした

     朝飯まだだし

.

.

読了の備忘録

P1000510

    「しろばんば」 井上 靖

子供のころから何度読み返した事だろう

最近も 伊豆に来るときには持ってくる

ここへ来る途中に通る 天城湯ヶ島の旧道は

まだこの物語と同じ情景を残している 私の好きな場所

今回は2年かかって読了

また伊豆へ行くときに持って行くことも確実

 

« 河津桜 2012 | トップページ | 松崎で朝飯とか »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、いいですね!さすがwaniさんです。
検索したら4部屋しかな施設のようですね。維持管理費の方が高いような?
こんなところで、沢山の本を持ち込み1週間もまったりしていたら、俗世間には戻れなくなりそうです。

こんばんは~大噴湯たまご、二個百円って やす~い
お宿も すっごく風情があってステキですね~建物も お庭も、家具やインテリアも
歴史を感じさせてくれて・・・いいですね~
温泉のスイッチ おもしろいですね~初めて見ました
こんなに 風格のあるお宿なのに、素泊まりできるって いいですね~
河津桜と このお宿、いつか セットで行ってみたいなぁ(* ̄ー ̄*)

温泉宿一軒丸々貸切なんて超贅沢ですね
宿のご主人の親切も身に沁みますね
温泉のスイッチもなかなか楽しいですね
桜に温泉どちらも最高で良い休日を過ごされましたね

素晴らしい素泊まりの宿ですね。
一度行かなくては

こんばんは

足を伸ばしての入浴は気持ち良さそう~

入浴後の一杯
至福の時ですね

しゅうちゃんさん こんにちは

とても居心地のよい宿で泉質も最高でした

たまに 残っているんですよね こんな宿

維持管理 たしかに大変そうでしたが
いつまでも残ってほしい宿だと切に思います

mikさん こんにちは

大噴湯たまごは 売店で生たまご買って
ザル借りて 自分で源泉に入れて作るんですよ(゚ー゚)
好みの固さに出来ますよ
セルフサービスだから安いのかな(*^-^)

次の河津桜の季節にでも
ぜひ パパとしょうちゃんと行ってみて下さい
みんなで スイッチは「家族」ですね

ゆめちゃんさん こんにちは

河津桜の時期のせいか?他に一人で取れる宿なくて
そんなんで 選んだ宿でしたが 最高でしたヽ(´▽`)/

めったにない 宿貸切
ビール好きの気持ちを分かってくれた宿の主人(笑) 
旅の醍醐味です

山の風さん こんにちは

ないしょにしておきたいような 宿です

でも
あんまり空いていたので ちょっと心配です・・・
いつまでも 続いてほしい宿です

まったんさん こんにちは

至福の一杯にも程がありますね

なんせ 入る前からの心配ですから
宿の主人に持ち込みのビールの買い物手伝ってもらったのなんて初めてです

旅の醍醐味です×2

伊豆まで桜を見に行ったwaniさんが、手ぶらで帰ってくる訳がないと思っていたけれど?
やはり期待通りって←買い物して来た訳じゃないけど。
昭和初期って言うより大正モダンみたいな雰囲気のいい旅館ですね。
しっかり手を加えれば、高級旅館で有名な富士やホテル?とは言わないまでも
それなりに風情のあるいい宿を沢山の人たちに味わってもらえそうなのに?
ちょっと残念な気がしますよねぇ
お湯もしっかりしているみたいだし、腕の良い板さんがいてくれたら最高の宿ですよね

潤三郎さん おはようございます

戦前は 
政財界や軍関係はもちろん 宮様も泊まった宿だったようです

当時の写真と変わらない形の庭木に 主人は手入れをしていて植木の
素性の良さに驚くそうです(゚ー゚)

伊豆は高級旅館が多く
箱根や熱海のように観光客が多いところでも苦戦している昨今・・・
たいへんでしょうが いつまでも残って欲しい宿です

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 峰温泉 花舞 竹の庄:

« 河津桜 2012 | トップページ | 松崎で朝飯とか »