2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« とちおとめとか | トップページ | 出かけられない休日 »

2012年2月13日 (月)

めんどうな季節

まだまだ寒いけれど

日は高くなって長くなって

晴れた日中には車のガラス越しに 暖かさを感じる

うっかりと 

義理にまみれたチョコレートを車に置き忘れたりすると融けたりもするこの季節は

Img_0068

毎度のことながら

めんどくさい季節でもある

取り合えず 仕事前に ここに寄って これを取ってきた

一応 個人事業者だから毎年のことだし 仕事の一部なんだろうけど

仕事の休みにの日は遊び呆けてたり 

仕事が終わったあとは飲み呆けてたり

で 領収書はこまめに整理しないとと毎年思うのもこの季節

ま 毎年どうにかしてるし

   どうにかなっているのだけれど・・・でもめんどくせー

読後の備忘録

Img_0064

睡眠導入剤として 寝る前に読んだ本

最近うれしいことに忙しく 寝つきがいいのと 上中下三巻あったので

    読了にひと月かかった 

この作家の 安土桃山時代の三部作の一つ 面白かった(*^-^)

Img_0059

年に1~2度だけ読む本

ダイニングで酒飲みながら 2日で2作読了

Img_0065

受賞時のインタビューの方がずっと面白かった

Img_0066

もうひとりの受賞者 円城 塔は面白かった(*^-^)

新人賞ともいえる芥川賞は 新しい知らない作家と出会えるひとつのきっかけ

円城氏のこれからも楽しみだが いままでの作品も読み漁ってみたい

それにしても時の経つのは早くて 私が初めてこの本を買った

  「限りなく透明に近いブルー」からもう36年も経った

« とちおとめとか | トップページ | 出かけられない休日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たくさん本を読んでいるんですねぇ
waniさんのところでよくお目にかかるSちゃんさんもそのようだけど?
僕なんか活字を見ると5分も持たなくて、これでよく学校も卒業出来たもんだと自分で感心するくらいです
やっぱり上手な文章を読むと自然に色んな言葉も出るようになるし、会話も知的になりますねって僕が言うセリフではないけど
たまには書店でを買って見ようなんて思うけど、一冊読むのに何日かかるか…?
で、確定なんちゃら頑張って下さい

本当に寒い寒いと言って慌てて車に乗ってあまりの温かさに
窓を開けたくなるようなおかしな季節ですね

昨年震災被害の申告をして控除残があるので、あちらさんから申告書が送られてきました。
昨日1日読書dayで、久しぶり時代小説を読み切りました。
秀吉、好きな人物の一人です。3部作ですか、体力必要そうですね。

こんばんは

確定申告の時期ですよね

2日間で2作を読破
すごいですね

私、久しく本読んでおりませぬ。

テレビなどで芥川賞受賞のニュースを見る度に
読んでみようかと思っているのですが・・・なかなか
でも、一度読み出すと止まらなくなっちゃう事があるんですよね

潤三郎さん おはようございます

本というよりも・・・
活字中毒ですね

ダイニングで
朝は 朝日新聞・埼玉新聞・日刊スポーツ&チラシ
夜は そこらへんの本
寝室では・・・以下略

で ご存知のように知的ではない会話と 意味不明な文章

そういえば・・・
潤三郎さんの小説 第6話あたりまで読んでます
さて 続き 読ませてもらおーっと

ゆめちゃんさん おはようございます

陽が出ていると
車の中は 暖か
暖かだと思って 外へ出ると冷たい北風が

今日は 雪こそ未だ降ってませんが
どんよりした暗い空
こんな日が 繰り返されながら 少しずつ春が近づいてくるのでしょうね

しゅうちゃんさん おはようございます

最近 経費節減のためか?
用紙を 送って来ないんですよ

「信長の棺」に続く3部作で
もうひとつは 未読ですが明智家が主役のようです

寝る前の睡眠導入剤は 体力を使わないように 
よく知っている時代のものを読んでます

まったんさん おはようございます

2作といっても
両方とも短編でした

昔から食卓にはTVを置かないで
早く帰った夜は 酒飲みながら読むのですが・・・ 
これはきっと趣味なんですね

ごくたまにですが・・・
読み終わるまで寝てはならない本に出会います
翌日はさすがにつらいですが
そんな本に出会うと 最高です

げっヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダwaniさんあれはやめて下さい。

潤三郎さん こんばんは

第11話まで読んじゃいましたよ~だ

第7話から物語りは・・・以下略

今夜 読み切ってしまいそうです

ぐぁ〜
ついにいっちゃいますか
あまりにも稚拙で支離滅裂な、恥部をさらけ出したような←意味不明
あとで自分で見直して手直ししなきゃと思っていたのに、ほったらかしになっていた物です
今さら言い訳してもあとの祭りですよね

潤三郎さん こんにちは

はい!
あとの祭りそのものです

思いっ切り偶然ですが・・・
2月中旬に読了しました


続き&新作待ってますよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めんどうな季節:

« とちおとめとか | トップページ | 出かけられない休日 »