2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« かえでのラムネとか | トップページ | 迦葉山弥勒寺の紅葉と生そば下山 »

2011年11月 8日 (火)

名月を狩りに

赤城北山麓は昭和村~沼田市あたりの りんごが好きだ

生産量はあるのだろうが 家の近所のスーパーなどでは見かけない

で いつも買いに行く

10月には「赤城」を買いに行った 「赤城」はフルーティーな香りが素敵な

りんごで 私に秋真っ盛りを告げてくれる10月の赤いりんご

今月中~下旬には 「ふじ」に蜜も入る 

Img_0068

そして 暦の上で冬を迎える 今この時期には

待ちに待った 「ぐんま名月」が実る

Img_0094

もう立冬だけど 中秋の名月のような色で 群馬で出来た品種だから

         「ぐんま名月」

母親(花)は前出の「赤城」 父親(花粉)はあの「ふじ」

スーパーには 絶対に売ってない幻のりんご

Img_0095_2

早速 狩る

Img_0075_2

早速 割る

Img_0080_2

早速 食う

ここ昭和村の りんご園の園主は今年は出来が今一つ・・・

なんて言ってたが そんなこたぁ~ない

肌の色以外 両親の良いとこどりした この味 この香り

一年ぶりの再会に 食い放題をいいことに3個食った

Img_0096_2

かごいっぱい狩った

背景の赤いのは 「新世界」 こちらは「ふじ」母 「赤城」父

実ると蜜が入りすぎて割れてしまうので流通できないという凄いりんご 

たまたまこのりんご園で一緒になった 私と同じ市から来たという家族と

幻のりんごを前にして 贅沢にも「名月」の香りがいいだとか 

「新世界」のほうが甘いだとか・・・ 食い放題 言い放題の

           立冬の朝













« かえでのラムネとか | トップページ | 迦葉山弥勒寺の紅葉と生そば下山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今の時期に蜜入りですか!
すごいです!
12月に入り、いただく「ふじ」は割れたり、形が歪なもの。でも、それが美味しいのですよね。
やはり、産地で食べるのが一番です。
流通に乗らない、少量生産の品種に美味しいものが多いように感じます。

こんばんは

今日から暦の上では冬ですね。

蜜入り最高ですね

waniさんフルーツ、お好きですか

シーズン終わってしまいましたが
群馬県東部エリアの梨も、お薦めですよ~

地元民でも入手困難な梨のワインは特にお薦めです

沼田のリンゴも昔に比べると大分美味しくなってきたようで
沢山の人たちが訪れるようです。
でも昭和村の「ぐんま名月」蜜がたっぷりで美味しいに決まっていると
いう感じですね(*゚▽゚)ノ
やはり産地でもぎたてを食べるのが一番ですね(o^-^o)

しゅうちゃんさん こんばんは

りんご園の奥さんも
りんごは見かけじゃないよ!なんて言ってました

貯蔵や出荷調整の無い 
産地での樹上完熟~即食い
こんな簡単な事が とっても贅沢なんですね

まったんさん こんばんは

フルーツも大好きです
で 群馬東部エリアの梨とワイン 
来シーズンには行ってみます

スケジュール的には
梨~赤城~名月~ふじ
途中 とうもろこしも入ったりして・・・今から楽しみです

ゆめちゃんさん こんばんは

沼田あたりのりんご とっても好きです
なんといっても りんご園のもぎたては新鮮で旨い!
おかげで ここ数年りんごを買い出しに行くはめに・・・

きっかけは 老神温泉の宿で夕食に出たりんごでした
旨いものとの出会いも ひょんな所にあるものです 

waniさんこんばんは
今回のお出かけは沼田でしたか
もう5年も前になりますが、昭和村を抜け沼田まで1年半毎日通ってましたよ
農園でのリンゴ狩りも懐かしいです
あの辺のリンゴは蜜がたっぷりなのが県内でも有名で、決まった農園から毎年まとめ買いする家庭も多いですよ
そうそう沼田に通っていたある冬の朝に昭和村のインターを越えた所にある関越道の温度計がマイナス11度だったの思い出しました
だんだんとそんな季節もやって来るんですねぇ

潤三郎さん おはようございます

今回も?足利への途中の大寄り道でした
でも おみやげのりんごは毎年大好評です
あのりんご 一度食べるともうスーパーのは食えませんね

もうすぐあの辺りも 冬景色
空っ風の吹く 寒い季節を迎えるんでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名月を狩りに:

« かえでのラムネとか | トップページ | 迦葉山弥勒寺の紅葉と生そば下山 »