2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

初冬の足利散歩

昨日は足利へ

足利学校の前を通ると 銀杏が黄葉していたので

もう一つの あの銀杏が気になって

Img_8915

足利学校の隣の 鎫阿寺へ

Img_8940

天然記念物の 大銀杏は

Img_8939_5

初冬の曇った空の中

Img_8931_2

今年も 立派に黄葉していた

Img_8942

鐘の周囲の紅葉も 完全に色付いていた

雲り空だが意外に暖かかった昼前のプチ散歩終了

さて 時分刻だ

Img_0249_2

足利に来たのだから そばを手繰りたかったのだが・・・

焼きそばを食いたいという人がいたので

運動公園の近くに出ている屋台へ

Img_0251

新聞紙に包まれた この日の昼飯は

Img_0265

足利では普通の

    ポテトの入った焼きそばと

Img_0256

これまた足利では普通の

    何も入ってないシュウマイ

2011年11月27日 (日)

武蔵野うどん いなかうどん古奈屋

東京都道5・・・って新青梅街道のことです 都下を西へ進む

あの車線の幅が狭くて走りずらいバイパス道路は 小平霊園~東村山の浄水場を

過ぎると東大和市に入る GSやら車屋やらファミレスが多い色気のない街道の

上り車線側に

Sn3s0197

いなかうどん 古奈屋がある

先日この近くのディラ―で車の修理の終わるのを待っていた時に

時分刻になったので いつもの きくや に10分歩いて行こうとしたら・・・

「すぐ近くにも うどん屋ありますよ」と 整備士にすすめられた

素直な私は 2分歩いてこの店に入った

Sn3s0181

ん~ 肉汁うどんがないなぁ~

が つけ系は 田舎うどん だけらしい・・・

盛りの多さを聞くと 店主は大盛りにしたほうがいいですよ!

と屈託なく言った

Sn3s0183

素直な私は

田舎うどん大盛り

汁は ノーマルなのに温かな肉汁 やったぁ! 武蔵野の田舎うどんだ

Sn3s0190

地粉色のうどんを 豚バラの脂の浮いた 温かな濃いめの汁につける

Sn3s0184

カリッと揚がった レンコンとさつまいも

Sn3s0185

糧は 茹でた大根とほうれん草

薬味はネギとショウガと

Sn3s0192

とんがらしと白ゴマ

で この白ゴマは「スリッキ―N」という「スリッキ―」のNewバージョン

赤いマシーンの

小さなつまみを回して 自分でガリガリと「すりごま」にするのが

ここいらの うどん屋の普通の作法だ

Sn3s0193

のり巻きの端っこも好きだけど・・・

うどんの端っこも大好きだ

これが入ってると とてもうれしい

素直に行動したら 旨いうどんに巡り合って 幸せな気分に浸る昼下がりの

           簡単な私 

2011年11月24日 (木)

ヤツデの花と佐久の花

武蔵野に紅葉がやって来る前に

山茶花の花が咲きはじめる

その頃 この花も咲く

Img_8888

これは何でしょう?

って もうタイトルでばれてます

ヤツデの花の蕾です

Img_8891

蕾は膨らむと花になります

Img_8898

ヤツデの花です

宇宙人の手足のように見えるのは

Img_8890

雄しべです

ヤツデは花の開花時には 雄しべしかありません

中央部には 虫を呼ぶための 蜜があります

Img_8778

後ろ姿です

Img_8762

雌しべです

雄しべが終わった後 雌しべが出ます 蜜はまだ付いてます

これは近親交配を避けるための ヤツデの作戦です

Img_8896

受粉をすると もう虫には用が無いので 蜜はなくなり

花は閉じ 色も濃くなります

Img_8766

受粉はうまくいって 実になったようです

今朝の観察は ここまでです

って 一本のヤツデが 蕾~結実までの生態を見せてくれた朝だった

この実が実った頃 思い出せたらまた観察しようかな

Img_0233

純吟 原酒 七号純吟 「佐久乃花」

            これはお酒です

Img_0232

「佐久の花」は私のお気に入りの日本酒で

このブログにも 何度か登場 しているが

七号酵母とやらを使用した酒は初めてだ

この蔵元

酵母を変えたり 搾り方を変えたり はたまた搾ってない酒もあったりして

    冬場の私を とても楽しませてくれる

Img_0239

色艶は いつもの吟醸に似てちょっぴり飴色がかった透明だが

香りは やはりこの酵母独自の香り

暮れにかけて 搾ってないのが出てきたり 

時期が来ると 新酒が出てきたり

        楽しみはまだ続く

2011年11月22日 (火)

紅葉見ナイト




家の近くの関越道所沢ICから 3つ目のICを降りると

武蔵丘陵森林公園という ばかでかい公園がある

紅葉も 武蔵丘陵辺りまで下りてきたようなので ホカロン片手に

ちょっと寄ってみた

Img_8873

紅葉見ナイト(もみじみないと)

子供でも もう少しましな駄洒落を思いつきそうなもんだね

Img_8794

園内は イルミネーションや

Img_8864_3

ろうそくや

Img_8839_2

あんどんの灯で

足元は 確保されている

Img_8857_2

色とりどりの 楓は ライトアップされていて

寒い中 けっこうな人手

ほとんどの人が 厚手の上着を纏っていた

Img_8821_3

私も 今シーズン初の ダウンとホカロンを使用

Img_8832_4

埼玉も朝晩は めっきりと寒くなった

Img_8844_2

帰ったら 今夜は絶対に熱燗だな

Img_0240

と思ったら 茶店に旨そうな 紅葉色した肉まんがあったので

湯気の出てる熱々を一つ おやつに食う

    紅葉が武蔵野に来るのも もうすぐだろう











2011年11月19日 (土)

梅田ふるさとセンターのそばとか

足利から県道66で 暗く狭い老越路峠を越えると桐生市郊外の梅田湖に出る

群馬県に入ると どういう訳か道が良くなるのは この県道に限ったことではない

うらやましいなぁ・・・

Img_8692

梅田湖に注ぐ桐生川に沿って遡る県道337からは

Img_8690

ちょっとした渓流に変化した

Img_8714

桐生川の 色づいたもみじを眺めることができる

Img_0188

さらに上流へ行くと 県道が狭くなる手前に

梅田ふるさとセンターという 地方によくある 食堂があって近所の農産物や

だれが買うのか土産物なんかを置いてある公共施設があるのだが

ここの食堂の おばちゃんたちの作る そばが好きヽ(´▽`)/

Img_0177

天もりそば

私は そばに海苔はいらない派なので ざるじゃなくてもり

Img_0182

北関東の田舎の味そのものの 濃いめな汁

Img_0183

そばの実を余す所なく使ったって感じのそばは 冷たく締められ

おばちゃんたちが作ったとは思えないような コシの強さ

Img_0180

天ぷらも 歯茎にささりそうな?ほどカリッカリ

舞茸やかぼちゃを カリッカリに揚げるのは さほどではないのだろうが・・・

こんな分厚いかき揚げを こんなに上手く揚げるなんて すごいよ!おばちゃん

ここには毎年ってほどではないが 紅葉の時期に来るのだが・・・

   来るたびにそばが旨くなってる気がする

Img_0181

暑がりで寒がりなこの人は寒~いとかいって カレーうどんを食っていた

  いつの間にか 寒いって言葉が出る季節にかわった

2011年11月17日 (木)

泰鵬のラーメン半チャーハンとか

足利に ばん阿寺という 足利氏所縁の寺がある

渡良瀬橋で見る夕陽 

には残念ながら間に合わなかったが

寺のまん前にある たまに利用するビジネスホテルに到着

Img_0176 

チェックインもそこそこに 待ちに待ったビールで喉を潤したら

ビールの心地よい刺激に 腹はこれまた心地よい空腹状態に

さて 夕飯だヽ(´▽`)/

Img_0175

ばん阿寺から

いまでも八雲神社へお参りする

方面に向かって行くと 神社のずっと手前の

床屋の角にぽつんとある公衆電話

のちょっと手前の 織姫会館の1Fに

Img_0174

中華料理 泰鵬がある


Img_0162

とりあえずじゃなくて・・・

またしてもビール

お通しのメンマが やわらかで旨い

メンマが旨いと すべてが旨いの法則というのがあって・・・以下略 

                     ↑私的

Img_0167

焼き餃子W 

ビールといったら餃子なのか?

餃子といったらビールなのか?

という永遠の課題があって そもそも・・・以下略

        ↑私的×2

この餃子 羽がはえてるだけあって・・・ 

Wだろうがトリプルだろうが 飛ぶように食ってしまう系の困った餃子

Img_0171

ラーメン半チャーハンセット

これだよこれ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

これこそ昭和のラーメン!

あっさり醤油に ほうれん草・なると・チャーシュー・メンマ・ネギで麺細め

      うれしいな

Img_0169

半チャーハン 量的にはそこいらの全チャーハン

飯なんか見事にパラッパラ

       今宵も満腹 

って 少しはカロリー考えたほうがいいかもね

Img_8674

翌朝 ばん阿寺を散歩し終え 山門を出ると

約束を一日のばしたツレが

ここにいると思ったよ!なんていいながら 後ろからあらわれた




 

2011年11月15日 (火)

かき菜の種まきとみかんの収穫

久しぶりの出かけない休日 庭に出て

     かき菜の種を蒔いた

Img_0190

家の近くの 島忠ホームセンターには これしか売ってなかったのだが

いいのかな?

かっこして一名に かきなってあるんだけど 一名って別名のこと?

ま いいか 育てば分かるからね

春先には食えるし 花も楽しめる

Img_0193_3

吹けば飛ぶような小さな種を

Img_0192

庭の空いてるスペースに 小さな穴を掘ったり

Img_0198_2

落ちてた小枝で スジを描いたりして

Img_0200_2

種を蒔いて 足で適当に土をかける

って これでいいのかな?

Img_0202_3

夏にあさがおの咲いていたポットにも蒔いてみた

Img_0205_3

仕上げに

これまた夏にあさがおやゴーヤに使ったこれが余っていたので

Img_0204_2

適当に水割りにして 蒔いた場所にふりかけておいた

しかし・・・

種を蒔き終わったとたんに スズメが大勢来たのはなんでだろ

Img_0206

鳥といえば・・・

家のみかん こんなにされている

目撃してないので 誰の仕業かわからないが 丸ごと一個獲ってくんだよ

カラスか? オナガか?

去年なんかは メジロがかわいく啄ばんでたのに 今年は異変だ

今日はたまたま あっちの庭も収穫日なんだが これにくらべりゃ・・・

ガーガーなんて可愛いものだね(まだワタアメもキャンディーも食われてないし)

Img_0211_2

ま グルメな?鳥が食うのだから 甘くなったのかと思い

一枝折ってみた

Img_0217_2

で 食ってみた

すごく濃い味!旨い! これじゃ鳥も狙うはずだ

     ちょっとだけ 冬の予感がした

2011年11月14日 (月)

温泉 木賊温泉 緑渓の宿とくさ

本当はこの日 

りんご園だけ寄り道して 狩りたてのりんごをおみやげに足利へ行く予定だった

そば食ったり 紅葉見たりしたのは決して約束を忘れた訳ではなく・・・

Img_0133

約束が途中で明日になってしまったから

帰るのもなんだし この夜は足利のビジネスホテルにでも泊まる事にして

Img_0155

釣べ落としの秋の日が暮れないうちにと 県道64を走る

Img_0136

この県道は 奥利根湯けむり街道

ここ川場村には温泉街はないが 一軒宿が点々とある その中の一軒

上州 木賊温泉 緑渓の宿 とくさ

会津に有名な方の木賊温泉があるが 上州にもマイナーな同じ名の温泉がある

昔 今も?「とくさ」がたくさん 生えていたのだろうか?

Img_0140

ビジネスホテルの狭い風呂に入るくらいなら

ここから 湯上りのビール限界我慢しても 温泉のほうがいい

Img_0142

前から気になっていた宿が 廃業したのかと思っていたら

名前が変わって営業していた 以前は木賊山荘だったような? 

すぐ近くの やはり気になっていた宿が廃業してしまったこともあるので

迷わず 立ち寄ることにした

Img_0151

階段を下り

いつものように?貸切状態の風呂へ

推定体感湯温39℃の アルカリ単純泉は 最初ごく普通の浴感と思った

ところがどっこいこのお湯 温ったまるの温ったまんないのったら・・・

びっくりするほど 温まる 39℃とは思えないほど温まる

     温泉って 不思議だ

足利に着くまでの 約2時間 温まりっぱなし

で それまでビール我慢するの辛いの辛くないのったら・・・

大好きな県道64~R120~県道62のドライブが楽しくて 

     それほど辛くなかった

Img_0148

虫が入るので開けさせてもらえない窓からは

   イワナの獲れる薄根川と紅葉の山里が見えた

 

2011年11月12日 (土)

吉祥寺の紅葉と川場村太郎

吉祥寺にはよく行く 新宿からJR中央線で210円で行く吉祥寺じゃなくて

私は上州は川場村にある 「吉祥寺」に行く 目的は・・・

Img_8612

← ↑こいつに会うため

Img_8649

あと 水を補給するため

Img_8620

境内には 武尊山からのふんだんな湧水が流れ

Img_8590

その水が滝や池になり 紅葉と一緒に

Img_8582

本堂から 眺めることが出来る

Img_8630

私は 臨済宗のこの寺とはなんの所縁もないし

    この宗派に信心があるわけではないのだが

Img_8637

春~秋にかけて この辺りをよくドライブする

川場村は水の旨い村で この寺を含め何か所か

ドライブ中に 水をいただく場所がある

Img_8639

縁と言えばそれが縁で 年に数回 ↖の石仏に会いに寄ったり

四季折々の花を見に寄ったりするようになった

時には 拝観料の必要な境内には入らず 水だけいただくこともある

Img_8646

秋の紅葉もいいが

初夏のかきつばたや九輪草も見事な寺だ

また来年も 何度か来るんだろうな

ここに来るのにドライブする道は 群馬県道64 奥利根湯けむり街道

Img_8656

その街道を通ると 真っ盛りの黄葉がいやでも目につく大きな銀杏は

Img_8655

その名も 川場村太郎

莫大な量のギンナンが お堂の屋根に

バランボロンと音をたてて休む間もなく落下していた

それを 他県ナンバーの車で来た人が拾い集めていた

Img_8661

しかし・・・太郎なのにギンナン生ってていいのかな

なんて考えてたら・・・

      またギンナン踏んじゃった

2011年11月10日 (木)

迦葉山弥勒寺の紅葉と生そば下山

沼田から玉原に向かう 県道266の途中に左に曲がる参道があって

ずっと前から気になっていたので 曲ってみた

雨の参道に 車は落ち葉だらけになって 後日洗車が大変だったけど

Img_8505

辿り着いた 迦葉山弥勒寺は 紅葉真っ盛り

辿り着いて 初めて知った 迦葉の読み方

Img_8527

寺の大きな天狗も

Img_8513

もみじも まっ紅に色づいていた

Img_8519

寺から天狗の面を借りて行って お礼参りには新しいのを買って返すのが 

この寺の参りかたらしい

Img_8550

本降りになってきた雨に 落ち葉も散り急いでいるように見えた

晩秋の山の雨は冷たいのと 時分刻なので撤収

Img_0122

山を下り 雨の上がった参道入り口近くの そば屋へ

Img_0123

生そば 下山

紅葉の季節は 新そばの季節でもある

Img_0114

せいろそば 大盛り

緑色がかったそばは まさしく新そば

そばの香りを妨げない ドライな汁

Img_0117

「大盛りですので めんの変化にお気を付け下さい」って運ばれて来たけど・・・

余計なお世話って気がしないでもない

が 気をつかってくれていることは確かで

Img_0118

常人の2倍速で新そばを手繰り終わった 私のもとに

  絶妙のタイミングで そば湯が運ばれてきた

2011年11月 8日 (火)

名月を狩りに

赤城北山麓は昭和村~沼田市あたりの りんごが好きだ

生産量はあるのだろうが 家の近所のスーパーなどでは見かけない

で いつも買いに行く

10月には「赤城」を買いに行った 「赤城」はフルーティーな香りが素敵な

りんごで 私に秋真っ盛りを告げてくれる10月の赤いりんご

今月中~下旬には 「ふじ」に蜜も入る 

Img_0068

そして 暦の上で冬を迎える 今この時期には

待ちに待った 「ぐんま名月」が実る

Img_0094

もう立冬だけど 中秋の名月のような色で 群馬で出来た品種だから

         「ぐんま名月」

母親(花)は前出の「赤城」 父親(花粉)はあの「ふじ」

スーパーには 絶対に売ってない幻のりんご

Img_0095_2

早速 狩る

Img_0075_2

早速 割る

Img_0080_2

早速 食う

ここ昭和村の りんご園の園主は今年は出来が今一つ・・・

なんて言ってたが そんなこたぁ~ない

肌の色以外 両親の良いとこどりした この味 この香り

一年ぶりの再会に 食い放題をいいことに3個食った

Img_0096_2

かごいっぱい狩った

背景の赤いのは 「新世界」 こちらは「ふじ」母 「赤城」父

実ると蜜が入りすぎて割れてしまうので流通できないという凄いりんご 

たまたまこのりんご園で一緒になった 私と同じ市から来たという家族と

幻のりんごを前にして 贅沢にも「名月」の香りがいいだとか 

「新世界」のほうが甘いだとか・・・ 食い放題 言い放題の

           立冬の朝













2011年11月 5日 (土)

かえでのラムネとか

すりばちうどんを食い損ねた日

帰り道にある武甲山の麓の 秩父ミューズパークで一休み

Img_8489

いつもはセメントで埃っぽい印象の秩父の町だが

Img_8483

まだ若い銀杏並木の周辺は

Img_8476

青い秋の空

Img_8485

白い秋の雲

ジョギングする人 散歩する人 語り合う人 ぼ~っとする人たちで

平日だというのに結構な人出

Img_8493

あの匂いに気付いて 上を見上げると

旨そうなギンナンも実っていた

うっかり踏んでしまって 帰りの車の中は あの匂いがしたと備忘録

Img_8497

かえでも場所によっては 紅くなっていた

新しい秩父の名物 アニメ「あの花」の影響かな?

                  ↑偶然見たんだけどこれ好き 

     今日の秩父は元気に見えた

Img_0059_1

もう一つの新しい秩父の名物は「かえで」 

砂糖楓の木を育て本気で「メープルシロップ」の商品化を目論んでいるらしい 

「メープルシロップ」大好きなので

応援の気持ちでおみやげに買ったのは かえでのラムネ

    味ですか?・・・ 秩父に行って飲めば分かりますよ

Img_0065

  こんな警告が出ちゃったので ゆっくり帰ろっと

備忘録

先程 仕事の合間に ディーラーへ行ってきた

0

パッドだけじゃなくてディスクも交換時期だった

予算がいきなり3倍に・・・

ついでにオイル交換したら こちらは半額にサービスしてくれた

56,162㎞でフロントブレーキパッド&同ディスク初交換

エンジンオイル&フィルター交換

101,300円

    ま 楽しみと出費は比例するもんだね

2011年11月 3日 (木)

温泉 野栗沢温泉 すりばち荘

神流川に沿いながら西へと遡るR462は 例の昔恐竜のいたあたりで

志賀坂峠で上武国境を越えてきたR299と合流する

合流すると間もなく かつて日航機事故のあった 上州多野郡上野村に入る

村にはいってすぐ左手に野栗沢という 神流川に注ぐ支流があり

沢沿いには林道が走っている R299から林道に入り 集落を一つ過ぎ

Img_0042  

人家のまばらになってきた辺りに

野栗沢温泉の一軒宿 すりばち荘がある

Img_0040

今年の春先の ストーブを仕舞う時期にも来たのだが

震災の影響で休業状態だった・・・

が この日は入浴の方は・・・営業してるとの事で 

念願かなって初入浴 

Img_0013

無人の浴場の引き戸を開ける

Img_0021

例によって・・・この日も貸切状態

Img_0020

定員?3~4人の ひのきの浴槽には

ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉が 程良く加熱され注がれている

推定体感湯温 39℃ ストライク

Img_0023

加熱浴槽のとなりには

お一人様用の 源泉風呂

推定体感湯(水)温18℃

Skmbt_c28011110309500

この源泉を飲みに 海辺に来ることの多い渡り鳥の青バトもやって来るという

ん~ よっぽど旨いのか? 体にいいのか?

Img_0037

私も青バトの真似して飲んでみた

癖のない 薄い塩水でさわやかさ?が残る・・・いい感じだ

上信武甲州国境の山あいには こうした冷鉱泉が多い

そして 神流川沿いの冷鉱泉は 古代に封じ込められた海水が

今 鉱泉となって蘇っているケースが多い

八塩温泉・塩の沢温泉などもこの川沿いだ

近くには その時代の恐竜の化石なんかもある

ちょっとしたロマン

Img_0031

浴槽からは 野栗沢を眺められる

源泉は この山のどこからか浸み出しているらしい

決して 湧き出していると言えるような湯量ではないし・・・

燃料を使って沸かさないと入れない湯なのだが・・・

そこまでして 温泉にする効果は 確かなのだろう

Img_0027

そんなこと考えながら

加熱浴槽~源泉槽~源泉飲むを繰り返す

源泉ドバドバ加水・加熱なし・掛け流しの温泉は もちろん理想だし大好きなのだが

      この辺りの 鉱泉にも興味がある

Img_0044

で 自慢の冷鉱泉を使った すりばちうどんは本日も準備中

      いつか絶対食ってやる   

2011年11月 1日 (火)

冬桜二態

今日は休日

天気予報もいい感じなので 半タンドライブへ

半タン? 昨日満タンにしたガソリン半分で帰ってくる事

      ↑出来るかな

関越道 所沢IC~本庄児玉IC~R462で上武の国境へ

Img_8355

目指すは 桜の咲き始めた

上州は鬼石の 桜山公園

Img_8362

秋晴れの中

普通に 桜が咲きはじめていた

早咲きの桜には 河津桜や彼岸桜があるのだけれど

Img_8376

ここの桜は

年に二度咲くそうだ

Img_8408

そうすると・・・

桜の背景が 紅葉や南天や

Img_8416

すすきだったりする

秋にも 花見ができて なんか得した気分

Img_8454_6

桜山公園の南 神流川をせき止めた下久保ダムの対岸は

武州神川町 ダムを望める城峯公園

ここにも 今の時期に咲く桜がある 十月桜というそうだ

UPで見ると十月桜は 八重咲きだね

Img_8449

こっちの桜も

Img_8462

紅葉や

Img_8459_2

秋の雲の中 可憐に咲いていた

なんか・・・違和感あるんだけど

さて まだ昼前だ・・・ガソリンもいっぱいあるし・・・ 

    って  やっぱ次は温泉かな

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »