2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« みちのくへ | トップページ | みちのくへ 2日目 »

2011年10月 6日 (木)

みちのくへ 1日目

10月2日(日)

朝 いくつかの野暮用をかたずけると 4日間の時間が自分のものになった

着替えをバックに詰め込んで 335ⅰに乗り込みSTARTボタンを軽く押した

Img_0003

ガボボン~ボ~!! 

ターボチャージャーを2基 並列に配置した直列6気筒エンジンが目覚めた

トリップメーターを0にした

これから4日間の おまえとの旅がはじまる

Img_0004

自宅から5分の 関越自動車道 所沢ICから北を目指す

晴天だと料金所越しに見える富士も この日は厚い雲の向こう

今日は夕陽を眺めながら 宿まで流すだけの旅程

日本海の天気だけが心配だ 

Img_0007

関越自動車道 東松山IC付近まで20分程走ると プチ渋滞

この直前 事故車両がレッカー移動される姿を目撃した 気を付けよう

Img_0014

関越自動車道 谷川岳PA

いつものように 「谷川の六年水」を補給

Img_0015

ついでに売店で ハイウェイクルージングのお供にCDを購入

Img_0026

関越自動車道 大和PA

まいたけ天そば

このPAのすぐ近くに 「雪国まいたけ」の看板を見かけたため 思わず食券を購入

ま いつものことだ 

が PAにしてはこれは旨い!あたりだ! 幸先の良い旅のはじまり・・・

と 思う間もなく雨が降りだした

Img_0042

関越自動車道から

長岡JCT・北陸自動車道~新潟中央JCT・日本海東北自動車道と繋ぎ

中条料金所を通過 有料区間はここまでらしい

Img_0051

村上瀬波温泉ICで日本海東北自動車道に別れを告げる

所沢ICから 350Kmのハイウェイクルージングだった

村上市内を抜け R345に入ると

Img_7944

日本海が待っていた

大和PAで まいたけ天そばを食ってから一気にここまで来たので

R345沿の海岸でしばし憩う 空は暗く 依然雨は降り続いているが 

雲と水平線の間に 粟島が姿を見せていた

Img_0081

R345 笹川流れ☆☆☆☆☆

左に日本海 右に羽越本線をしたがえ 真北に進む素晴らしい道は

内陸から同じく北上してきたR7と合流し R7は海岸沿に北上 かわって

R345が内陸から北上をはじめる

Img_0083

R7 ☆☆☆☆☆

新潟県から山形県に入ると 再びR7はR345と分かれ海岸沿いを北上する

山形県鶴岡市で とうとう「みちのく」に入った 

雨は止み R7はドライだが 空は今にも泣きだしそうで 鳥海山は望めない

やがて 雨が降り出し 本降りになってきた頃

Img_0093

R7は 再び内陸へ 

私は左に分岐し海岸沿いの

山形県道50 庄内夕陽街道☆☆☆☆☆へ

ツーリングマップルには「日本海に落ちる夕日はすばらしい!」とあるが

この天候・・・夕陽はのぞめない

本降りの雨とも 

日本海の波しぶきともつかぬ水を浴びながら今日のドライブの終着点の温泉街が

雲にぽっかり空いた光のスポットに照らされるように見えてきた

Img_0096

1日目の宿は

湯野浜温泉 はまあかり潮音閣

部屋の窓からは 日本海が望めた

Img_7960

風呂に入ろうかと一息ついていると 一瞬部屋の窓がオレンジ色に変わった

横殴りの雨 浜へ出るのは諦めたが 急ぎカメラを持ち出し宿の玄関先へ

日本海に沈む夕陽が 1/6だけ顔を雲からのぞかせていた

ここまで来たかいがあった

それにしても・・・邪魔な電線だ

Img_0102

冷えたからだを温めるべく風呂へ 

この海沿いの温泉宿の浴場には

ナトリウム・カルシウム塩化物泉が 掛け流されていた

推定体感湯温41℃の 貸し切り状態の浴場から見る空は

雲がすっかり途切れ 群青から紫に変わりつつあった

Img_0118

ビールで軽くクールダウンした後は食事

地物の刺身で地酒「栄光富士」を燗で二合ほどいただく

Img_0133

TVの天気予報は 日本海側は明日も荒れた天気になると言っていた

備忘録

434km 91.6km/h  11.2km/ℓ 

 

« みちのくへ | トップページ | みちのくへ 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさい、寒かったでしょう。夕日が見れて良かったですね。
ここまでは予想のコースでした。「お昼頃出発で夕日」のキーワードで関越自動車道で新潟へ、そのまま北上かな?って
山形入って、夕日が見れる温泉。
由良温泉?湯野浜温泉?ビンゴでした。
湯野浜は何度か泊まったことがあります。いい所ですね。

雨の中お疲れ様でした。
日本海に沈む1/6の夕日きれいですね~
一直線に線があるのは電線でしたか・・・
434キロ走り終わった後の温泉はまた格別ですよね。

こんばんは

お帰りなさい、旅 満喫出来た様ですね

日本海に沈む夕日、いいですね~

旅へと出発する時、エンジンスタート後にトリップメーターをゼロにする瞬間・・・

あのワクワク感が、たまらなく好きです

しゅうちゃんさん こんばんは

出来るだけ北まで行きたいが 出発は昼前後かな?の予定
天候の事もあり 宿泊地を湯野浜にしておいて正解でした

それにしても みちのくは広い!

思い出すまま綴っていきますので お付き合い願います

ゆめちゃんさん こんばんは

購入したCDで ♪みちのく一人旅♪を
繰り返し聴きながらの434㎞でした

あきらめていた夕陽 そして温泉とビールが
旅の初日の疲れを 喜びに変えてくれました

まったんさん こんばんは

トリップメーターをゼロにする瞬間の・・・
共感してくださって とてもうれしいですよヽ(´▽`)/

おかげさまで ほぼ無事帰着しました

一瞬の夕陽にも出会えた初日でした

waniさんお帰りなさい
ドラマチックな初日でしたね
自分も毎回所沢インターから関越に乗りますが、あそこから富士山が見えるとは思っていませんでした!?いつも夜で解らなかったんですねぇ
そして谷川の水やっぱりいいですよね
それからCDイヤイヤ渋いですねぇ〜長距離ドライバーの必須アイテムでしょうか?
天ぷら蕎麦は今度僕も北へ向かう機会があったら是非そこで食べて見ます
重い雲の先に明るく光る日本海の水平線と愛車は絵になってますね
そしてあの落日たまらないですよね
部の潤三郎としては、あそこで歯ぎしりするwaniさんの気持ちが痛いほど解りますあららもう夜中を過ぎてしまいました
続きも楽しみにしてます

日本海に沈む夕陽は、旅のご褒美ですね。。
以前行った東北遠征にないルートで
展開が楽しみですよお。。
湯野浜温泉、いい感じな温泉ですね。。

一人旅もいいもんですね~、沈む夕日が旅情的です
最近のSAの蕎麦は馬鹿にできなくなりましたね~。

潤三郎さん こんにちは

おかげさまで帰着しました(*^-^)

さすが元写真部の潤三郎さんの目はごまかせません・・・
この中で粟島と夕陽の写真だけが一眼で撮ったものなんです

所沢ICは午前なら富士の見える確率高いですよ(*゚▽゚)ノ
では 続きでまたお会いしましょう

たけぞうさん こんにちは

一瞬の夕陽 いいご褒美をいただきました

湯野浜温泉は関東から どうにか半日で行ける距離
温泉街も湯も北への旅の拠点にも満足でした(*^-^)

山の風さん こんにちは

日本海の夕陽 初日の楽しみの一つでしたので
見ること出来て とてもうれしかったのですヽ(´▽`)/

大和PAのまいたけ天
注文を受けてから揚げてました・・・やりますね

こんばんは。

おー、2日の昼過ぎですね!
ニアミスです。
同じ頃に東松山インター降りました。
向かったのは、いつもの407を通り、太田金山方面です。

ダブルエントリー失礼します。

以前転勤で新潟中央の近くに住んでおりました。
まだ村上まで高速が通っておらず
新発田から孤独なドライブで吹雪の中
走ったもんです。
村上から帰るときは必ず〆張り鶴を片手に。
しかし、いいドライブしてますね。
続きも楽しく読ませて頂きます。

水無月さん おはようございます

東松山IC付近は 昼ちょっと前でしたが
水無月さんとは いつかどこかでニアミスしてますね(゚ー゚)

村上瀬波温泉出口は 2010年版ツーリングマップルにも どらプラにも
もちろんナビにも出ていなくて・・・行けるとこまで行っちゃえの結果でした
天気と時間がゆるせば 新発田からの海沿いの道も魅力です

忘れないうちにとUPしていますので ぜひまたお立ち寄りください(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みちのくへ 1日目:

« みちのくへ | トップページ | みちのくへ 2日目 »