2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 温泉 新木鉱泉 | トップページ | シャンティのキ―マカレー »

2011年9月12日 (月)

十四番目の月と十五番目の月

ホームゲームで浦和レッズが不甲斐なく負けた夜・・・

悔涙で夜空を見上げると 十四番目の月

青春時代に ユーミンも聴いていたおじさんは 十四番目の月が一番好き

Img_0341

レッズの敗戦の気を紛らわそうと カメラを月に向けてみたのだが

雲まじりの空と一緒に撮ろうとすると・・・月は白飛び

Img_0320

雲の切れた間に月を狙うと・・・露出が足りない

悔しさ×2←レッズの敗戦と自分の腕

Img_0447

悔しいので 翌日仕事帰りにホームセンターの屋上へ

十四番目の月は終わったけど 十五番目の月が東の空に浮かんでた

Img_0413

いつもは PかAVのモードだけど 昨夜うまくいかなかったので・・・

素人なりにMモードで挑戦してみた  

ISO100 F8 200分の1

十四番目の月が好きだけど・・・ 十五番目の月の方が月らしく撮れた

Img_0409

ISO100 F8 125分の1

この辺りが 機材の(本当は腕の)限界かな

↑♪ IWANUGA HANA~♪

すすきの原かなんかで撮ったらもっと・・・

↑♪ YANAGINI KAZE~♪

そうだ! 来年のこの月は 長瀞の道光寺で観るのもいいかも

Img_0111

十五夜のお供えは

      いただき物の メープルワッフル

          一応 まるいからね




 

« 温泉 新木鉱泉 | トップページ | シャンティのキ―マカレー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お月様は個人的には200分の1の写真が好きですね。
うさぎさんが飛び出してきそうで、すてきです。
でも、ホームセンターの屋上が、いいね!

月のリベンジ成功ですね。。
うさぎさんを探したくなるような立派な月の画像ですね。。
静岡でもりっぱな月みれましたよお。。

waniさんこんばんは今夜は東京から携帯でアクセスしてます
二つのお月様いいですねぇ〜
画像も安い携帯で見ているので鮮明さに欠けるのが残念ですが?満月のお月様の写真でこれだけ撮れたら立派なものだと思いますよ
そもそも月の写真て欠けてる方が綺麗に写るのはご承知の通りで正面から光の当たった月は影が無いのでコントラストだけが勝負みたいなものですよね
自分が月の写真を撮る時の基本はF8-125分の1ASA100でしたが満月なら更に一絞り絞ってってことでしょうか?いずれにしても難しい満月の写真お見事です
前の方のコメントにもありましたが屋上の写真もいいですよね
いや〜携帯でポチポチ打つのもしんどいですが?
また楽しみにしてます

しゅうちゃんさん おはようございます

ホームセンターの屋上
あと少し遅れたら 月が上空に上ってしまい
カメラに収まらないタイミングでした

月の動きの いい勉強にもなりました

たけぞうさん おはようございます

今年の十五夜
天候に恵まれ お月見を楽しめました(゚▽゚*)

海岸の松原や 富士の麓のすすきの原からも
いつか体験したい十五夜です

潤三郎さん おはようございます

満月が意外と明るい事を初めて知りました

で 周囲の夜景や植物を入れようとすると
月がオーバー 夜景・植物はアンダー・・・ いや~ 難しいですね

屋上のブレてる写真は 突然ネジがイカレタ三脚を必死でおさえてました(゚ー゚;

毎晩変化する月の動き 把握できれば時計いらなくなりますね
これからは夜空を見上げる時間も作ろうと思いました

waniさん流石です
私的には200分の1の月が好きです
私も娘と15番目の月見をしました
たまにはこんな時間も良いものだと思いました

こんばんは~
コメント&ぽちありがとうございます
十四番目の月…タイトルカッコイイですね~
屋上の写真もいいなぁ~
いつも素敵な写真、楽しみに拝見しています

ゆめちゃんさん こんばんは

浦和レッズが負けた悔しさに 夜空を見上げたのが
きっかけで 初めて月を撮ってみました

小さなきっかけから 何かを見つけるのって
楽しいことだと思いました

カミナリさん こんばんは

こちらこそ ありがとうございます(*^-^)

大きな月を見ると 何番目か分からなくても
♪十四番目の~♪ といつも口ずさんでいます

今年はワッフルだったけど・・・ 
来年はやっぱりだんごにします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十四番目の月と十五番目の月:

« 温泉 新木鉱泉 | トップページ | シャンティのキ―マカレー »