2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 長瀞七草寺めぐり 前半 | トップページ | 温泉 新木鉱泉 »

2011年9月 8日 (木)

長瀞七草寺めぐり 後半は萩から

もう一つの 秋の七草の覚え方を寺の看板で知った

萩の花 尾花葛花なでしこ女郎花 また藤袴 朝がおの花←桔梗の意

                            山上憶良(万葉集)

さて まだ昼前だが 長瀞七草寺めぐりもあと三寺

Img_0035_1

             萩・洞昌院

Img_0141_2

この坂道の両側は 墓地になっていて 墓参りの人が

Img_0165_3

萩は あっという間に茂るんね! と話していた

Img_0155

たしか 紫陽花の頃から咲き始める 時期の長い花だ

Img_0037_1

             女郎花・真性寺

Img_0174_2

オミナエシは 以前から読めたのだが・・・

Img_0187

この花の事だとは 初めて知った

Img_0215

徒歩で七草寺めぐりをしているという人が 木陰で休んでいた

Img_0040_1

             撫子・不動寺

Img_0252

山の撫子は もう終わりで

境内のガラス窓に 鉢植えの撫子が映っていた

Img_0232

今年はなでしこ達が快挙をなしとげたので;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

この寺を訪れる人も 増えているそうだ

Img_0241

次も勝って 早いとこロンドン決めてしまおう!と祈ってきた

七草寺の最後にここに来たので 賽銭用の小銭が終了した・・・

両替してもらうわけにもいかないので はずんできた きっと勝ってくれるだろう

Img_0159

近場の観光地ということで いつもスルーしてた長瀞だけど

七草寺はどこも「観光地」というよりも 素朴な山里の寺だった

たまにはこんな休日も良いもんだ 

さて時分刻も過ぎたことだし 

   そばでも食って 温泉浸かって帰るとするか

« 長瀞七草寺めぐり 前半 | トップページ | 温泉 新木鉱泉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

花の写真」カテゴリの記事

コメント

なでしこジャパン1-1の引き分けで終わりましたね。
オーストラリア対中国の結果待ちと言う感じでしょうか
みんなの期待を担ってロンドンに行ってほしいものです。

なでしこ、本当に可憐な花ですよね

ゆめちゃんさん こんばんは

やったね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ なでしこJAPANヽ(´▽`)/

今日は引き分けだったけど ロンドン決定!
お賽銭はずんだご利益があったかな

オリンピックも楽しみですね(*゚▽゚)ノ

撫子の花
お地蔵さん
いい写真を見ていたら、ロンドン確定のニュース速報が
願いがかないましたね。

しゅうちゃんさん こんばんは

お賽銭の両替しなくてよかったです!
↑そんなやつ いないって

次は さむらいJAPANの番ですね(゚▽゚*)

寺と植物とお地蔵様なんだかとても、
落ち着きますね。。
素朴な山里の寺だからでしょうか。。
そば及び温泉楽しみにしてますよお。。

いや~いいですねぇほんとうにいつ見ても飽きません。
そりゃところどころに親しみを感じるカットもありますが、
時折登場する?ドキッとさせられる写真。
ある写真家が言っていましたが、写真はそこで5秒目を止めさせることが
できれば成功?だとか?(ジャンルは違うジャンルの写真集の話でしたが)
waniさんの写真は何度も見直してしまいます。
今回も最後に決まったお地蔵さん。物語の結末に登場するのに申し分ない
雰囲気ですよねぇ。いいです、ほんと。

たけぞうさん おはようございます

どの寺も参拝料なんか取らない
小さな山里の寺 住職の家族も同居です

ある寺では 母子の言い争うような声がまる聞え 
ほんとに素朴でいいですよ~(゚ー゚)

潤三郎さん おはようございます

いつも温かなコメントありがとうございます

親しみを感じるどころか・・・失笑をしてしまうようなカットの数々
今回も 藤袴や葛がどうしても撮れず 記事でごまかしました

こんな備忘録なブログだから どんな写真でも載せちゃって 
それを糧に 次回はもっとましに撮ろうと いつも企んでるのですが・・・
遊びは 難しい=楽しい ですねヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長瀞七草寺めぐり 後半は萩から:

« 長瀞七草寺めぐり 前半 | トップページ | 温泉 新木鉱泉 »