2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 上信越ツーリング 初日 | トップページ | 上信越ツーリング 2日目 »

2011年8月12日 (金)

温泉 田沢温泉 ますや旅館 2011

上信越ツーリング初日の宿泊地は

信州は小県郡青木村の田沢温泉  ここには 昨年の秋立ち寄り湯して

次は絶対に泊まろうと決めていた 宿がある 

Img_0225

R143から少し入ると そこは風情ある石畳の坂道 

その一角に

Img_0235

風情感炸裂の宿がある

島崎藤村ゆかりの宿 ますだ旅館

Img_0186

フロント 帳場で チェックイン 記帳

Img_0160

明治の木造3階建て

Img_0144

階段を 軋ませて部屋に通される

Img_0143

薄縁の夜具がすでに敷かれていた 清潔なタオルケットがうれしかった

Img_0151

東南の角部屋だ

Img_0153

本日の3階は お客様だけですので 暑いですしクーラー有りませんし

入り口開けておきますね あっ扇風機ならありますよ おつけしますね

一服したら どうぞお風呂へ と案内の女将

Img_0161

風呂へは 長い廊下を ギシミシさせていく 左側は大広間や客室

藤村の間も どこかにあるはずだ

Img_0166

Img_0168

大浴場

Img_0171

飲むと甘い39℃程の 弱硫黄臭の単純泉が 惜しげもなく掛け流されている

推定体感湯温 38℃ 私のど真ん中ストライク 極楽だ

Img_0172

すぐ外に 露天風呂

推定体感湯温 37℃ 暗くなったら岩にもたれて 天の川見る予定だったのだが・・・

Img_0212

雲が多く 天の川は望めなかったので 家族風呂へ

おそらく明治の昔はここが唯一の浴場だったと思わせる風呂場 泉質もちょっとだけ違うようだ

案の定 翌朝若旦那に聞くと この風呂は隣接する公衆浴場「有乳湯」と同じ古くからの源泉で 「羊水の湯」ともいわれ まるで胎内を思わせる湯ざわりとの事

最近 同じ宿でも風呂によって 湯が違う事があるのが分かるときがある

この宿は どこの風呂もとても好みの泉質だったけどね

Img_0184

温泉といえば昔から 夕食までのひと時は 卓球だ

Img_0181_2

ますや旅館は 映画「卓球温泉」の舞台でもある

いまどき珍しくなった 卓球室も完備してますよ

Img_9603

ビールでクールダウンし 暮れ行く信濃の山を眺めながら

Img_0192

部屋出しの夕食をいただく

Img_0194

先付けや前菜でちびりちびりやっていると

Img_0195

          鯉と鹿の刺身

作りたての料理が

Img_0198

         揚げそばの吸い物

実にタイミングよく

Img_0203

       冷製茶碗蒸し青豆の餡かけ

運ばれてくる

Img_0205

            鯉の煮付

きもにちょいと山椒がふりかっかてるのが なんとも良い

Img_0209

素朴な料理も 出来立ての味で 心は満たされるものだ

Img_0210

隣町の信州は上田のなんとか?豚(忘れた)は地の野菜と共に

鍋の下から自慢の温泉で蒸すように煮て

これまた地元産の トマトを隠し味にした たれでいただく

すべて地の物で 攻められ おじさんは完敗した

正直 宿泊料金からして 料理にまで期待はしていなかった・・・

盛りきりの膳 のびた刺身 冷えた天ぷらを覚悟していたのだが

こんな期待なら いつ裏切られても大歓迎

Img_0238

朝食は食堂で 他の宿泊者と一緒に

これで お一人様にもかかわらず 一泊二食付 10,500円

                      ↑プラス ビールと酒3,730円

先日行った宿の3分の1だ あっ今回は一人だから6分の1か 

やはり旅の宿は ここらへんの価格帯がいろんな意味で面白い

Img_9607

女将さんは 花が好きなようで 館内も庭も花でいっぱいだった

今日も暑くなりそうだ 

       ツーリング2日目のスタートだ

« 上信越ツーリング 初日 | トップページ | 上信越ツーリング 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

いやはや、素晴らしいの一言ですね。風情の炸裂ですか~、その通りですね。ますや旅館。ぜひ行ってみたいです

おひさで~す。

このクソ暑い今年の夏を乗り切れるのか心配なぱふです。
いろいろ忙しくてご無沙汰しておりました。

「ますや旅館」の風情は、心落ち着きますね。
近いうちに猛暑払いで乾杯しませんか~?

祝!1周年 (*^ー^)/゜・:*:・。おめでとう。・:*:・゜\(^ー^*)


期待以上と言うのは本当にうれしいものですね(o^-^o)
温泉にも満足されたようで(*^ー゚)bグッジョブ!!

田沢温泉のますや旅館でしたか。。
一番最初に有乳湯でツルツル感にびっくりしたのを思い出しました。。
まったりな田沢温泉満喫ですね

waniさんこんばんわ!いやいや いいですねぇ~なんとも風情のある湯宿。青木村とはあの湖のある村でしょうか?以前自分も車で通過した記憶がありますが、生憎の雨だった気がします。
あそこはホタルが沢山見られると言う話も聞いたことがありますが、随分粋な旅館が残っているものです。
それに、やはり目が止まったのは料理?では無く百合の写真、光がいいですねぇ~。なんともいいです。いつもwaniさんの写真は楽しみにしていますが、今回もありがとうございました。m(_ _)m

さっそくのUP、ありがとうごいざいます。
想像通りの旅館でした(費用対効果も最高)。簡単に行きたいと言える場所ではありませんが、機会を作って行きたいと思います。
木造3階の旅館、い~ですよね。東北だと山形県銀山温泉(ここは木造4階か)、岩手県鉛温泉などが有名。残念ながらまだ泊まったことがありません。

お疲れ様です(^_^)なるほど!(^^)!古き良き日本の風情をしっかり護った木造建築の宿(^-^)良いです(^v^)そして石をぞんぶんに使った風呂。たまりませんね(^。^)y-.。o○そしてさらにそそる卓球台(^_-)-☆waniさん懐の深さを感じずにはいられません(^-^)

山の風さん おはようございます

温泉地の雰囲気・建物 すべてが風情でした・・・
奥様とご一緒に行かれてはいががですか

ぱふさん おひさですぅ~

涼を求めてツーリングしてました 信州も昼間は暑かった

エアコンも無い宿でしたが 窓から入る風は一味?違うものでしたヽ(´▽`)/
今年もゴーヤ実ってますからね~

ゆめちゃんさん おはようございます

私には すべての面でストライクの宿でしたヽ(´▽`)/
酒も種類豊富で旨かった~
↑特にエビスの生ビールが最高でした

たけぞうさん おはようございます

田沢温泉は私のストライクの泉質なんです(*^-^)

立ち寄りで気に入る~泊まってみる~さらに気に入る
幸せなパターンでした

潤三郎さん おかえりなさい

青木湖は大町市方面ですね この日昼過ぎに近くを通過しています
青木村は上田市と松本市に挟まれた小さな村です。

常人なら 上信越道なら藤岡JC~東部湯の丸or上田菅平IC経由で1時間もあれば到着・・・
わたしゃ どこをどうさまよって 一日がかりで行ったのでしょう

しゅうちゃんさん おはようございます

たしか東北には旅の宿♪の温泉旅館があったような・・・

ますやも「すすきのかんざし」が似合いそうな宿でした← 一人旅だけど
も~ぅ飲みすぎ♪てしまうほど 旨い地酒もありました← 同上
おっしゃるとおり 一品づつ出される料理・建物の維持管理に
こちらが心配になってしまうほどの費用対効果を感じました

私のように 遠回りしなければ 意外と近いかも

katakata7さん おはようございます

人生は思いやりのラリーです。
って 映画「卓球温泉」のポスターにありましたよ
だから がんばってください( ̄▽ ̄)
↑意味不明

やっぱり田沢温泉で泊まるなら、卓球温泉ですかねぇ~♪
お化け屋敷みたいに、廊下がギシギシすると言った友人がいましたが・・・
お湯も濃いし、近くに自宅で開いているお蕎麦屋さん沢山あるし、
パラグライダーも飛べるし・・・

Lisaさん こんばんは

なんせ明治時代の木造建築ですから・・・
廊下も階段も にぎやかでした(^-^;

温泉はもちろんですが
そんな建物を維持しつつ 出来立ての料理を出してくれる
この宿の もてなしに 私は完敗してしまいました

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉 田沢温泉 ますや旅館 2011:

« 上信越ツーリング 初日 | トップページ | 上信越ツーリング 2日目 »