2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

ドクダミの花

梅雨入りした関東地方

この時期 雑草だらけの 家の庭に咲いているのは 

Img_8479

梅雨入りに合わせるように 咲きだした ドクダミ

Img_8545

あまり好かれる花ではないが

Img_8477

私は好きだ

Img_8457

以前 新聞の集金のおばちゃんに 刈り取らせて欲しいと

頼まれたことがあった ドクダミ茶にするのだという 

完成品をお礼に頂いたが・・・ もういらない

今年も知人から 刈り取りの予約が入った

やはりお茶にするとの事・・・ 基本無農薬の荒れた庭 

ドクダミだけじゃなく 草取りもしてよ~とOKした

Img_8481

ドクダミの花は撥水効果が高いのか? 球状の水滴ができる

Img_848123

水滴の中には 近くに置いた車が映っていた

面白くて しばらくマクロレンズで遊んだ 

雨の庭の片隅にしゃがんで 息止めて 100㎜マクロ手持ちで

ブルブルと戦っている おっさんの後姿 通行人はどう見てんだろ?

Img_8482

頭巾をかぶった 顔みたい 水滴の目が離れすぎかな

明日から6月 しばらくはこんな天気が続くんだろうな・・・

梅雨のおかげで 秋に旨い米が食えるんだと 思う事にしている 

 

2011年5月29日 (日)

5月の庭のもみじ

今年は5月なのに梅雨入りした

新緑から青葉へと成長している もみじも

Img_8464

梅雨の雨に打たれ

Img_8506

纏った水滴に 自らの姿を映す

Img_8517

花から種になった この兄弟は

Img_8509

フライトの準備を完了した

5月最後の 日曜なのに 雨の朝

2011年5月28日 (土)

庭のさくらんぼ

庭の山桜に 今年も大量の実がなった

Img_8416

桜の実だから 

Img_8471

さくらんぼ 食えると思って 

毎年食ってみるのだが・・・

毎年食って後悔する

Img_8420

比べる相手に失礼だが 山形県産の佐藤錦と比べると

甘さ×0.3 酸っぱさ×3 果肉の厚さ×0.3 種の大きさ×1.0

勝てるのは 酸っぱさと 種の大きさだけだ←勝ってない

Img_8491

だが 野鳥たちには人気で 毎朝たくさんの野鳥が食事に訪れ

私の車に 赤紫色のクソを遠慮なく落としていく

Img_8492

葉っぱは 虫たちにも人気で

虫たちに食われた 葉っぱ越しに さくらんぼを望むことも出来る

Img_8538

虫といえば・・・

先日移植した ひまわりの苗が さっそく虫に食われはじめた

  うちの庭は 鳥や虫の餌場か・・・

関東は昨日梅雨入りした

 

2011年5月26日 (木)

ひまわりの 苗を植えたと 備忘録

先日蒔いた ひまわりの種が発芽した

ゴーヤとアサガオ位しか 育てたことない私でも

Img_0161

壊れかけのプランターの中で すくすくと育った ひまわりたちを見て

さすがにこれでは ひまわり密度が多すぎること位は 理解できる

そろそろ 永住の地を与えなければ・・・

庭の 陽当たりの良さそうな場所を選び

ホームセンターで購入してきた 草刈り鎌で 

荒れ果てた庭の 雑草を刈り 

一緒に購入した 鍬で 苗を植える穴を掘り 雑草の根を断つ

慣れない仕事に汗は流れ 息が上がる

Img_8423

予想以上に 雑草の根が多く まだ幼いひまわりが

負けてしまわないか心配しつつ

プランターから ひまわりを移植 水を与えた

Img_8422

さあ どうなることやら

ま あとはこの子たちの 生命力に期待だな

ちなみに私の生命力は 翌日お約束の筋肉痛

  

2011年5月24日 (火)

温泉 川古温泉 濱屋旅館

群馬県道ドライブで 浸かった温泉は2か所

一つは 宿泊した 老神温泉 穴原湯東秀館クリックで昨秋の東秀館

もう一つは 予定していた谷川温泉の旅館が休館で

急遽向かった温泉  谷川温泉から水上の温泉街を抜け

水上温泉と猿ヶ京温泉を結ぶ コーナーの素敵な県道270号を南下

Img_0090_2

赤谷川に架かる橋の手前で右に折れ 林道を下る

Img_0093_2

林道を下りきると 新緑の

Img_0094_2

赤谷川のほとりに

Img_0102_2

川古温泉 濱屋旅館はある

数年ぶりの再訪 さっそく湯をいただくことに

Img_0097_2

内湯  しばし貸切状態を楽しむ

皮膚にあわが付く湯 無色透明のやわらかな湯

湯船の底に敷き詰められた小石が

ドライブで疲れた 足の裏に心地よい

Img_0099

内湯から 露天風呂に向かう途中にある 飲泉所

左は川古の湧水 右は川古の源泉

当然ながら 両方飲める 癖が無く素直に旨い

Img_0100

39.9℃の ナトリウム・カルシウム硫酸塩化物温泉が

毎分700リットルの勢いで 掛け流されている露天風呂

P1000073

この日は 二人程先客がいたので 

【露天風呂の写真は旅館のHP】

立ち寄り湯で一人じゃないのは久しぶりだな

推定体感湯温 36.5℃のぬる湯 いいな~好きだな ぬる湯

露天風呂の中央右にある 滝のような湯口の近くの岩にもたれて 

うとうとしたり 源泉を飲んだりしながら 一時間ちょっとの長湯

気が付くと 湯浴み着を着たご婦人も入浴している 

ここの露天風呂は混浴だ

5月の紫外線に おでこが日焼けした 

Img_0092

露天風呂からは 新緑と名残の山桜を眺めることが出来る

聞えてくるのは 源泉の注がれる音と

渓谷の流れと うぐいすの囀り

今度は泊まって 星を眺めながら浸かってみたい

昔から 川古のみやげは一つ杖を捨て と云われ 

ぬる湯の長湯の効能が なによりの みやげ だそうだ

 

2011年5月22日 (日)

群馬県道ドライブ

上州へ一泊ドライブに出かけた 春の交通安全運動期間中だったので、

国道は危険と判断し←なにが

国道をなるべく避けて走る群馬県道ドライブに出発

足利で用事をすませ、遅い午後にスタート

まずは県道67号 桐生岩船線で大間々へ ちょっとだけR122を走って

Img_0022

大好きな道 県道62号 沼田大間々線

ウエットな路面だったけど 去年の秋以来の楽しい道

Img_0028

峠を越えると 雨はやんで晴れ間が見えてきた

薗原湖に沿った県道267号に入り 老神温泉を目指す

Img_0036

定宿の東秀館で一泊

貸切状態の露天風呂から眺める 雨に洗われた新緑がよかった 

Img_0051

翌日は晴天 ちょっとだけR120を走り 

県道64号 平川沼田線へ 上州の山々の頂きは まだ白い

Img_0054

上州湯けむり街道 とも呼ばれている道だが このタイヤ痕は・・・

湯けむりどころじゃないダウンヒル 素晴らしい道・大好きな道

Img_0055

県道263号~266号~265号をりんご畑の中結ぶ 

利根沼田望郷ラインは

Img_8241

青空に浮かぶ 真っ白なハートの雲の下

りんごの花が真っ盛り この花は ふじりんごだ←多分ね

隣のりんご畑では 花摘みが行われていた

勿体ないようだが 美味しいりんごへの試練の第一歩

ちなみに この地域のりんごが一番と思っていて

わざわざ埼玉から 毎年買いに行く私

Img_0058

八重桜のまだ残る 県道265号石神峠を越えたあたりから~

Img_0069

県道61号 水上道路~

Img_0073

~県道252号は 谷川岳を眺めながらのドライブ 谷川温泉でひとっ風呂

の予定だったが・・・目当ての宿は休肝休館日

Img_0085

だが ここは温泉天国の上州 こんなことでは挫けずに 

次の候補地へと 県道270号 相俣水上線

数多く待ち構えるコーナーを 一つ一つクリアして

Img_0091

ちょいと林道を下れば 素晴らしい温泉がある

もちろん 入浴 

↑そのうち備忘録すると備忘録

ゆっくりと ぬるめの湯に浸かったあとは ドライブも後半だ

少しずつ南下していかないと いつまでたっても帰れないしね

Img_0105

R17をちょっとだけ走って 県道53号 中之条湯河原線で大道峠越え

中之条の街中を 県道35号~58号で抜けると

Img_0112

走り放題の 県道28号高崎榛名吾妻線 

不要な 楽しい登坂車線の有る道を ヒルクライム あ~楽しいな

天気は良いし温泉には入ったし 

まだ白い山並み~芽吹き始めた白樺~桜~新緑を一気に見たし

 最高のドライブだった あとは無事帰るだけ

Img_0128

県道33号 かつて豆腐屋の息子が豆腐の配達で通り

数々のバトルを繰り広げた あの連続ヘアピンを

観光バスの先導でゆっくりと下る・・・

ここから先は もう観光地 楽しみは終了 

Img_0159  

石段で有名な温泉地を抜けると

最後の県道は 県道15号 前橋伊香保線 かつての宿場町を通過し

関越道の駒寄SIを目指す

あとは のんびりと17時に所沢ICをチェックアウトできるペースで走る

↑通勤割引狙い

途中 オレンジ色のZが 白のクラウンに乗った 

青っぽい制服のようなものを着たヘルメットの二人組に

車を止められていた

だから 交通安全運動期間中は危険だって・・・

   ちょっと長い備忘録だったけど 私は県道が好き 

2011年5月21日 (土)

みかんの花

庭のみかんの木に花が咲いた

Img_8269

この木を植えてから もう25年も経っただろうか

家を建てたはいいが 庭の事など何もしなかった私に

Img_8325

母が近所の平林寺という寺の 祭りの植木市かなにかで買い求め

庭に植えるようにと 渡されたような・・・  玄関先に置いていったような・・・

25年前の不確かな記憶

Img_8329

植木や花のことなど 興味ゼロの当時の私

こともあろうに 家の玄関の北側のブロック塀の近くに植えて放置

夏はいいが 冬は午後しか陽が当たらない・・・ 気の毒なみかんの木

Img_8320

それでも ここ数年

収穫して食えるほどに実を付けるようになった

Img_8323

そして毎年この時期になると

白く可憐な花を付け

Img_8308

ジャスミンに似た芳香で 私を楽しませてくれる

Img_8408

そして 少しは花に興味を持った私の写真の

   モデルにもなってくれたりする

2011年5月19日 (木)

吉祥寺の花たち

群馬の川場村に 吉祥寺という南北朝からの寺がある

Img_8143

この辺りに走りに来ると よく立ち寄る

Img_8165

花寺と自称するだけあって 四季折々の花が見事

Img_8156

今回は 九輪草が目当てだったのだが・・・

川場村でも 今年は花が遅いそうで まだ九輪には程遠い

Img_8232

境内を巡る幾つもの水路際に 九輪草が咲き揃うのは もう少し先

Img_8176

山からの水で 境内には水路や池が複数ある あやめや 

この寺の自慢の一つの かきつばたで池が彩られるのも もう少し先のようだ

Img_8206

この時期咲いている花たちの 写真を撮った 花の名は知らないけど

さすがに これは知っている スズラン

Img_8209

シャガ

Img_8196

? ❤のかたちの花

Img_8195

Img_8194

Img_8189

Img_8221

Img_8224

? 少し勉強しようと 備忘録

Img_8233

この寺には 小さな石仏たちが 何体も

いろいろな表情の石仏たちを 見ているだけでも飽きない

Img_8179

このブログの 左横にいる この石仏もこの寺にいる

 こいつと たまに会うのを楽しみにしている私

2011年5月18日 (水)

丘の上のひなげし

丘にはひなげしが咲いていた

Img_8133

もう終わりかと思って行ったのだが 

今年の花は ひなげしに限らず遅いようだ

Img_8128

ひなげしを見ながら 丘をのぼると

Img_8123

Img_8111

どうしても あの歌を思い出し 口ずさんでしまう年代だ

Img_8116

いったい 遠い街に行ったあの人は 来るのか 来ないのか

Img_8117

帰らないのか 帰るのか?

Img_8130

でも 占いに使えるほど ひなげしの花びらは 多くない

ポピー=ひなげしだと知ったのは つい最近

で いままではアグネスは ひなぎくの花で占っているのだと思ってた

Img_8132

初夏の陽気に誘われて バッタ出動

2011年5月12日 (木)

うどん なご味の肉汁うどん

自宅から足利あたりに一般道で出かけるときの通り道に

Img_0013

JAくまがやの 売店がある

今は熊谷市(あの暑いとこ)だが 合併前は 江南町だった

Img_0012

その一角に なご味 という 近所の達者なバアサンたち

ご近所の まだまだお元気な お年を召したご婦人たちが 

打ったうどんを食わせる店がある

昼時に通ると よく入る店だが めったに昼時には通らない

そんな時は となりの売店で うどんの玉を買うこともできる

Img_0006

東京以北の 関東平野は うどん文化

家の近くの普通の手打ちうどんは近年

 「武蔵野うどん」と勝手に名づけられ 知られるようになったが

熊谷あたりのうどんも負けてはいない

Img_0010

なにしろ北関東の平野部は 小麦の名産地

なご味のうどんも 地粉を100%使用

で、ここいらの うどんはこんな色 けっして白くはない

で、ここいらの人は白いうどんは食わないっていうか

漂白した小麦粉は使わない

Img_0008

肉汁 ここいらで肉汁といえば 豚と決まっている

これまた地元産の 深谷ネギがたっぷりと入っているのもここいらの流儀

Img_0009

ここいらで 天ぷらといえば 野菜天

これまた採れたての 地元の野菜を使っている 地産地消

  ちなみに 醤油も地元産

2011年5月10日 (火)

庭の雑草~初夏~

GWの終わった週

今週半ばは 曇りや雨の予報の関東平野

Img_8096

気温の上昇と 適度な水分で 我が家の庭は 雑草天国

Img_8049

名も知らぬ 雑草や

Img_8058

虫たちが 季節到来!とばかりに

Img_8066

活動開始

Img_8079

基本 除草をしない 我が家の庭

Img_8089

Img_8092

それをいいことに 雑草たちは やり放題 伸び放題

Img_8102_2 

先日タネを蒔いた ひまわりが発芽した

Img_8046

Img_8047

この娘たちを植えるために

雑草たちから 少しスペース空けさせないと・・・

2011年5月 8日 (日)

つつじ

牡丹が咲いた箭弓稲荷神社には

つつじも咲き始めている

Img_7850

赤や

Img_7858

Img_7878

Img_7844

白や紫のつつじが

Img_7866

神社の庭園らしく きれいに刈り込まれている

Img_7871

藤棚の花房も 大きくなってきた 

  GW最終日の関東平野は 初夏の陽気

2011年5月 5日 (木)

箭弓稲荷神社の牡丹

家の近くのICから3つ目のICの町 東松山市に

Img_7893

箭弓稲荷神社という結構なお稲荷さんがあって

Img_7834

GWになると境内の牡丹が

Img_7888

色とりどりの

Img_7868

花を咲かせる

Img_7856

ちょっとした茶店や 屋台なんかも出て 賑やかだ

Img_7827

気軽に行けるので ここ数年毎年のぞきに行っている

Img_7823

箭弓は(やきゅう)と読むので この神社 地元では

野球の神様で有名だ 絵馬もバットのかたちをしている

牡丹はいつもの年と同じに咲いたけど

   絵馬に書かれた願が いつもの年と違っていた

2011年5月 3日 (火)

夜の藤 あしかがフラワーパーク

足利に行くと、たまに訪れる場所のひとつ

「あしかがフラワーパーク」

今の時期は藤が見事

Img_7948

到着した時間には 黄砂の西の空に 晩春の太陽は沈みかけていた

Img_7971

が・・・電力を工面して今年もライトアップの中 夜の藤を楽しめる

暗くなるまで パラソルの下で一休み

Img_7986

夕暮れの 空の色が刻々と変わりゆく様を 久しぶりに感じる

Img_7988

あたり一面に香る藤の花の中 藤の橋で池を渡ると

Img_8005

ここの自慢の 大藤の棚

Img_8007

広さは 600畳敷き

Img_8008

樹齢は145歳

Img_8011

栃木県指定天然記念物 などとすべてパンフの通り

Img_8013

空の色が変わってきた

ISO1600にしても シャッター速度20分の1秒とか

Img_8018

手ぶれの限界

でも みんなが楽しむ公園に 三脚とかで陣取るのどうかと思うし・・

↑ほんとは 三脚持って歩くの 嫌なだけの私

Img_8025

そういえば ここの公園 花の咲き具合によって

入園料が変わるんよ・・ 

期待を裏切ったら多くは取らないよってとこが いいね! 

昨日の夜は 最高額より100円安 ちなみに今日は最高額の1700円

    期待通りの 夜だった

2011年5月 1日 (日)

ひまわりの 種を蒔いたと 備忘録

去年の夏 新潟の津南町に ひまわりを見に行った

Photo

その時 ほんの少しだが寄付をしたら ひまわりの種をおみやげにいただいた

その後すっかり忘れていたのだが・・・ 

ここの庭で種蒔きをしていていたら 思い出した

Img_0127

種の入った袋の注意書きを読んでみると

直蒔き ではなく まずはプランターなどで 苗を育てるようだ

Img_0125

苗床だからなんでもいいと・・壊れかけたプランターを引っ張り出してきて

庭の隅から 天然の?腐葉土を掘ってきて 種を蒔く

Img_0128

一日中陽の当たりそうな場所に置きなおして

ジョウロで水やり・・・ 

     さて どうなることやら 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »