2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

温泉 初谷温泉

お土産に「佐久の花」の裏をゲットして、満足の帰り道

信州から上州への国境の一つ R254は内山峠の手前で温泉の看板発見

急ぐドライブでもないので 看板の通り林道を進む

Img_0087

林道と分かれ 少し下ると

Img_0088

渓流沿いに こんな山中に?と思うような旅館があった

Img_0106

初谷温泉(しょやおんせん

Img_0092

さっそく入らせていただく

Img_0096

まずは こちらの普通の?お湯で温まるといいそうだ

Img_0095

温まったところで 冷鉱泉を温めてある こちらの源泉に

顔に湯を持ってくる わっしょっぱ 塩系の湯だ

Img_0097

窓からは 芽吹く前の木々と渓流 いいよぉ

ところで この日も 貸切状態

Img_0104

浴場の裏手の 渓流に

Img_0098

寶命水と名づけられた 源泉があった

Img_0100

Img_0102

コップが置いてあったので 源泉槽の蓋をあけて

Img_0103

飲んでみた 炭酸泉系でもあるので 口の中でシュワシュワ

後味は しょっぱさと鉄というか錆というか・・・ 飲泉の効能が高いらしいが

    私は入浴だけでいいや

 

2011年4月28日 (木)

桜を追って 復路

竜岡城五稜郭を後にする。

空は今にも泣き出しそうな色になってきた。

さて、本降りになる前に峠を越えるとしよう

と信濃路を流していると・・・なにあれ

Img_7796

まだ枯れ草の残る果樹園の向こうにひときわ目立っているのは

しだれ桜?

Img_7776

周りの木や 電柱までも飲み込むかのように立っている しだれ桜だ

Img_7763

Img_7761

しばし 見惚れてしまった

Img_7778

畑で仕事をしているご婦人に話しかけられた

「ここは、いい所だろ」 「はいいい所ですね、すごい桜ですね」

「あ~、すごいよ!ここはいい所だから 桜見に来たのか?」 「はい」

「あっちにもあるよ」とご婦人の指さす先に

Img_7772

「わっ、すごいですね。あっちのは白いですね」

「あ~、ここはいい所だよ」なんて会話を交わしてご婦人は

あっちの桜への行き方を教えて下さった。

Img_7798

車がやっと通れる道を進む

この日のドライブ 点検帰りのゴルフにしておいて正解だった

Img_7782

Img_7783

Img_7786

こんな素晴らしい桜が 名も無く咲いているなんて

信濃は奥が深い 私にはまだ知らない日本がいっぱいある

今度は晴天の下で見てみたいなこの桜

暗い空の下 露出が全然だめな私 反省したいと備忘録

Img_0086

佐久に来たら 「佐久の花」

Img_0113

この日は この冬楽しんだ「直汲み純吟」

裏と呼ばれる(ラベルが裏になってる)地域限定の「直汲み辛口本醸」

思いっきり生酒なので 保冷袋持参で行ったのだが

保冷用の(後ろにあるやつ)袋に入れて冷蔵庫から出してきてくれた

埼玉から わざわざ来てくれて・・・とお猪口もいただいた

実は この酒を買うことが 今回のドライブの一番の目的だったりした

Img_7812

佐久からは 

R254~下仁田で県道45~R299~R462と往路と違うルートを選択

県境を越え群馬に入ると晴れていた

R462の神流川を眺めながら最後の休憩 葉桜の向こうには

Img_7811_2

たくさんの鯉のぼりが泳いでいた

    季節の主役の交代

2011年4月27日 (水)

桜を追って 往路

関東平野はもう葉桜 でもまだ桜を見たい

桜を追って 日帰りドライブ

自宅近くの 所沢ICから関越道~上信越道で下仁田ICへ

Img_7715

下仁田は葱と蒟蒻の旨い町 町中をスルーしてR254と別れ

県道51~196を進むと 日本の原風景のような集落

Img_7712

里山の雑木には 山桜と山躑躅

この咲き具合だと 妙義の桜もまだ咲いているはず

Img_7733

咲いてたよ

Img_7727

妙義山の特徴ある岩たちを背景に

Img_7725

「さくらの里」の桜たちは

Img_7721

今年も見事に 咲いてくれた

Img_0080

妙義山を楽しくダウンヒル

松井田妙義ICから 地肌?が見え始めた 浅間山を眺めながら

佐久ICを目指してクルージング

県境のトンネルを抜けると 信州は今にも降出しそうな雲行き

Img_7739

佐久はよく通る街なのだが ここは初めて

竜岡城 ☆型の堀のある 五稜郭

堀端の桜も もうすぐ満開

Img_7752

堀の内側には 神社と学校があった

Img_7750

妙義~佐久と桜を追いかけた 休日の午前

妙義は散ってるかな? 佐久はまだかな?

と思いながら出かけたのだが・・

ラッキーにも両方楽しめた

だけど・・天気予報どおり 長野は午後から雨降りそうな空の色

さて どうしよう・・・ 取り合えず小諸は来年にするか・・・

つづく

2011年4月25日 (月)

かき菜(カキナ)の花

先日、栃木でおみやげに買った「かき菜」

油炒めにして 美味しく食した。

余った数本をグラスに活けておいたら 花を咲かせた。

Img_7670

かき菜は 北関東に春を告げる 「野菜」 

同じ関東でも 埼玉の県南部に住む私が 「かき菜」を知ったのは今年のこと

はじめて味わったのは 春先の この蕎麦屋

Img_7681

栃木や群馬で 栽培されているマイナーな野菜だが

春先のこの地には なくてはならない野菜

Img_7687

栽培農家では もちろん

家の庭先や 家庭菜園などで あたりまえのように栽培されている

Img_7690

生育した部分を 掻いても掻いても また芽吹いてきて(だからかき菜という)

一本のかき菜で 3度ほどは 収穫出来るという おいしい野菜

Img_7659

この春は 原発の放射能漏れの影響で つい先日まで「出荷停止」

その間 生育していたかき菜や かき菜を育てていた人たちは

どんな思いをしてたんだろう・・・

Img_7696

 かき菜にも 育てていた人たちにも 罪はない

 かき菜の食べごろが終わると 

     北関東の春は往く

2011年4月20日 (水)

ばん阿寺のしだれ桜

昨日の関東は春の嵐 足利へ雨のドライブ 

小雨になったのを幸いに ばん阿寺の境内へ

Img_7632

Img_7629

Img_7612

大銀杏の芽吹いたかたわらで

しだれ桜は 散りはじめていた

Img_7618

春の強風と

Img_7634

雨の中

Img_7619

散り行く桜

Img_7644

散り際の桜も いいもんだ

Img_0075

おみやげは

栃木の春といったら イチゴでしょ ご存知「とちおとめ」

ご存知じゃない←私だけか? 「とちひめ」を食べ比べ

あと 栃木の春といったら なんといっても 「かき菜」でしょ!

最盛期も終わりになったころ・・・ 

   やっと出荷停止がとけたんよ

備忘録

先週の東名も今週の関越も、震災以来高速道路の路面がうねっているように感じる。

2011年4月16日 (土)

温泉 大沢温泉山の家の露天風呂

松崎の桜と花畑を満喫したら

Img_7526

次の目的は

Img_0052

伊豆に来たら 温泉でしょ

桜並木の続く那賀川を上流へ

Img_0069

大沢温泉 山の家

Img_0067

桜が満開の川を 小さな橋で渡る

Img_0054

山の家の 露天風呂

湯口からも

Img_0058

湯船の底からも

源泉が贅沢に掛け流されている

Img_0060

湯船から溢れた湯が すごい勢いで流れ去っていく

もったいないほどだ・・・

この湯量 湯船比ではかなり多い  

Img_0055

海と山が近い伊豆半島 海辺の温泉には 塩化物系が多いが

Img_0056

ここは 無味無臭の単純泉かな? 私の好きな湯だ

さっそく ケロリンの桶で掛け湯

意外と深い湯船 新鮮な源泉 推定体感湯温40.8℃ ど真ん中

Img_0063

この日も 私一人で貸切状態 湯船から見上げると

  空は山桜の散りはじめた晩春の色

備忘録

伊豆スカイラインが社会実験終了で元の通行料金に戻っていた

→帰路は使わなかった

東名や関越のように通行量の多い高速道路なら

今後の復興がらみの予算問題なんかもあるんだろうが・・・

観光客が減っている観光地ではどうなんだろ?

今回のドライブで先日交換した335iのタイヤ皮むき終了!

空気圧前後2.5でドライブ PP2比だと 柔らかさを感じたが

グリップは縦・横ともDTC警告灯の点滅が減った

2011年4月13日 (水)

松崎の花畑とか

西伊豆に松崎という小さな町がある

温泉が数箇所あり 魚もうまい 私の好きな町のひとつ

Img_7546

駿河湾に注ぐ 那賀川沿いには桜並木と 花畑がある

Img_7541

田植え前の 田んぼを利用した花畑

Img_7544

町の観光事業の一環で

Img_7549

駐車場も 花の田んぼも無料

Img_7552

GWには 摘み取りもできる

Img_7535

でもその頃だと 桜は咲いてないけどね

Img_7527

今年の桜は少し遅かったようだ

松崎の桜も この日が散り始めとういか 満開の翌日というか

風が吹くと 「川面が花びらで賑わう咲き」というか

どんな咲き頃でも やっぱり桜はいいもんだ

Img_7531

散った花びらで光る 川岸で

Img_7568

蝶が食事をしていた

Img_7554

松崎の山の雑木の中には 山桜も

まだ淡い緑の雑木と見分けられるのも 今の季節だけ

一番好きな季節 私の生まれた季節でもある

Img_0072

おみやげは 「さくら葉餅」

松崎は桜の葉(食べる葉っぱ)の生産地でもある

出がけに 緊急地震速報 があったけど・・・

楽しく走れた 450km

2011年4月 9日 (土)

庭の旗桜

庭の桜が咲いた

Img_7496

この桜はソメイヨシノより一週間ほど 遅れて咲く

Img_7516

ここに家を建てて26年目だが 桜の木を植えた覚えはない

どこからか種が運ばれてきて 勝手に根付いたようだ

Img_7471

花と同時に葉も出るので 武蔵野の雑木林によくある山桜かな?と

去年までは思っていた・・・

Img_7510

ところがこの桜 よく見ると 花びらが多い?

Img_7487

桜の花びらは普通5枚だけど・・・

Img_7490

雄しべの中に

Img_7501

もう1枚花びらがある

Img_7484

中には 2~3枚ある花も・・・

旗桜の仲間だと思うのだが、、、詳しいことは分からない

分かる事は この桜 野鳥の大好物だということ

Img_7470

今は朝から花を喰う野鳥の餌場になっている 花が散っても・・

サクランボの実る時期に また餌場と化す

そう この桜 けっこう立派なアメリカンチェリーに似た実をつける

  私の一日が

 車の屋根やボンネットの糞取りから始まる季節が今年も訪れた

2011年4月 6日 (水)

大根の花

水菜の花とともに 正月から台所の窓で水栽培?をしていた

大根の切端に今朝 花が咲いた。

Img_7441

関東平野は 昨日から春の気温

Img_7440

大根の切端にも そんな気温を感じる魂があるんだな

Img_7443

窓越しの春の空に向かって 咲いている大根の花

Img_7442

この蕾も 今夜私が帰宅する頃には 

ちょっとセクシーな薄紫色の花になっているはずだ

放置気味だったので あわてて水を足した

      いい朝だ 

2011年4月 4日 (月)

咲いた 近所のお稲荷さんの枝垂れ桜

近所のお稲荷さんの枝垂れ桜が咲いた

Img_7412

いつもの年よりも ちょっと遅めだけど

Img_7422

咲いた

Img_7426

いつもの年と 違う出来事が起きたけど

Img_7428

咲いた

Img_7435

いつもの年と 違う春になったけど

Img_7433_2

咲いた

Img_7436

この桜に少し遅れて 家の庭の桜も咲く

    いつもの季節の移ろい

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »