2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 初冬の吉祥寺(川場村)とか | トップページ | 平林寺の紅葉 »

2010年11月27日 (土)

温泉 老神温泉 穴原湯東秀館

今年最後の群馬県道64号を楽しんだ後、

次の楽しみは 温泉

Img_7038

この日の温泉は

老神温泉 穴原湯東秀館 このあたりに来る時はよく利用している

Img_0177

大衆浴場の 野天風呂

東秀館には 女湯はあるが 男湯はない 必然的に男は大衆浴場

女性は どちらでも好きな方へ

Img_0182

野天風呂の湯口

飲用もできる単純硫化水素泉が 微かな硫黄臭とともに 掛け流されている

Img_0183

推定体感湯温は38℃

 天然温泉は地球の都合によって日々湯温や湯量が変化するが 

 この日の湯温は私には ど真ん中のストライク

 暮れなずむ初冬の上州の山々を眺めながら ゆっくりと野天風呂をひとりじめ

             至福のひとときだ

あたりが暗くなった頃 若い男女がやってきた そう大衆浴場は女もOKなのだ

脱ぎっぷりのいい女が 掛け湯もなしに入ってきた オイオイ

さて オジサンとしては 風呂の入り方でも教えようかと思ったその時

「イケナ~イ!洗わないで入っちゃった~」と 

上も下も隠さずにのたまう若い女にオジサンは 

まっいいか~と思ってしまったのだった

同伴の野郎はほっとくとして

        オジサンの至福のひとときは続いた

Img_0184

内湯 右のほうがぬるめ 湯量で調節しているらしい

この日は祝日だったので 宿の子どもが友達と一緒に 

きちんとした挨拶とともに入ってきた 掛け湯もきちんと

あれ?前にもこんなことあったな

Img_0196

翌朝 気温は0℃

この温泉郷にも 冬は駆け足でやってくるのだろう

Img_0199

ミラーも窓も 霜で化粧していた

温泉街の急坂も 帰路に選んだ群馬県道62号も

日陰では お尻を振ってしまう季節になった

 

 

« 初冬の吉祥寺(川場村)とか | トップページ | 平林寺の紅葉 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉 老神温泉 穴原湯東秀館:

« 初冬の吉祥寺(川場村)とか | トップページ | 平林寺の紅葉 »