2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« さいたまダービー | トップページ | にがにかくん(ゴーヤ)の収穫 »

2010年8月 2日 (月)

温泉 沓掛温泉 小倉乃湯

今回のドライブ旅行の3日目は、雨模様。

美ヶ原か木曾方面の高地で、見晴らしと 涼しさと コーナーを楽しもうとしたが断念

代わりに、いままで通ったことのない道でのんびりと帰る事にした。

天気は相変わらずだったが、うれしい発見もあった。

長野県道12号線という素晴しい道を見つけた(道については後日)

素晴しい道には、素晴しい温泉があるものだ(・_・)エッ....?

Img_0104

いったんR143松本街道に吸収された 県道12号を 鹿教湯温泉方面に南下すると 最初の集落が沓掛温泉 旅館が3軒ほど点在するだけの小さな温泉

Img_0105

その集落の外れに 共同浴場 小倉乃湯がある

Img_0103

共同浴場の隣には 私好みのぬる湯 湯温39.5℃のアルカリ単純泉が

ご覧のとおり ドバドバと、、、そのまま側溝に流されている  もったいない  これは入らなくちゃ

旅人にも 料金200円で利用させていただける 湯船はごく普通のタイル張りの いかにも正しい共同浴場の湯船( ゚д゚)ポカーン (表現力のない私)

かすかに硫黄臭のする 豊富な湯量の ぬるい湯に30分も浸かってしまった ぬるい温泉は最高だ

Img_0101

隣には 無料の足湯と 洗い場がある 何を洗うかってぇと?

Img_0102

ハイ! 洗濯も洗車もOKなんですよΣ( ゜Д゜)ハッ!

それにしても 漬菜洗料がいちばん高いのは 秋になると長い冬への準備で 集落の人たちが 野沢菜かなんかを大量に洗いに来るためか?

雪の降るまでの短く慌しい季節の風物詩が 温泉のある この小さな集落では

まだ存在しているのだろうか 日本もまだ捨てたもんじゃない

« さいたまダービー | トップページ | にがにかくん(ゴーヤ)の収穫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温泉 沓掛温泉 小倉乃湯:

« さいたまダービー | トップページ | にがにかくん(ゴーヤ)の収穫 »